I wake up lying on the dance floor

September 09, 2019


こんなに好き!なのに、チケットが取れなかったりなんだりで実はこれが初ワンマンでした。
(関西はもっと行くんだ!!!)
なのに、台風直撃で東京には帰れないことが決定した中、行くのをやめる気持ちになんてならずに向かいました(愛っていうかもはや発狂ですね)
で、名古屋ついた瞬間からめちゃくちゃ暑い。岐阜についても暑い。
とりあえず物販行った後、近くの喫茶店でお茶してクールダウン。なのに会場に入っても暑い。後ろのほうなのに暑い。立ってるだけなのに汗だらだら。
始まって頭振ったりしてるだけで、もう髪まで汗まみれ。えー嘘。。。っていうくらい暑かった。

しかしながら初ワンマン、超楽しかった!
アメリアをちゃんと把握してから聴くの最高だったし、アイリスが、もう・・・DUB感を増してて、重い音になってたの感動した。。。(D4Rメンバーも見に来てたらしいー)
とにかく、音源のアレンジがきっちりされてて、しかもある程度のスピード感を持って進んでくライブがたまらなく好き・・・!!これ、完全に夢中でついて行っちゃうやつ。
あと、個人的には動きまくるバンドが好きなんだけど、ミヤさんやばい。ガンガン頭振りまくるし、くるくる回るし、「寝てんじゃねぇオラァ」って煽るし、もう好きの塊・・・w
しかし私は折り畳みとか八の字ヘドバンはたぶん一生できないだろうなぁって思いながら普通に頭を振るしかできなかったw あと高速阿波踊りとかもできないw そこがなんというか個人的にはV系のハードルだなぁ。もっと自由にやりたい。全体的に踊りたい。

後半、大嫌い⇒蘭鋳⇒カウントダウンってバババババーってきて終わった。18:50だった。
台風直撃だものね、、、しかし2時間なかったかーちゃんとしたMCもなかったなー(いやたつろさんのMCかわいかった)ってちょっと残念な気持ちもありつつ、個人的にはだいぶ満足してた。楽しかった。もっと行きたい。ダイブとかしないしリフトもしないし、いわゆる大暴れはそんなに好きじゃないけど、好きに踊りながらもっと見たい(許してほしい)。あともっと暴れ曲だけのライブみたい。そんなバンドだったMUCCってば(中毒)。

で、そんなに早く終わったのに、新幹線はもちろんすでに終わってて、素直に名古屋泊。翌日はコンパルでモーニング食べて、満足満足。(小倉トーストと迷ったけど、エビフライサンドをテイクアウトしておうちで食べた、なにあれおいしすぎる・・・)

[ MUCC ]posted at 08:39 PM | つっこみの読み書き(0)

行くぜー全通だぜーの大都会ツアーです。
2箇所目は名古屋。この日はVS 呂布カルマ。呂布カルマ、個人的に好きなので楽しみにしてた!

先攻で呂布カルマ登場。
例の木とともに。例の木とやるライブは初めて見たw
だいたいかっこいい。今回は客席側に余裕あったので踊りながら見てた。
ところで、目の前の人がめちゃめちゃなリズムで踊ってて、へんな叫びとかも飛び出すタイプで、個人的には気を取られるよなぁと思ったんだけど、ステージの人はこういうの気にならないんでしょうか。いや自由に見る派だけど、リズムとかテンポは合わせて欲しいなぁって・・・思う・・・

気を取り直して。
この日もMCがだいたい下ネタ、ガチの。うんうん、そうだねぇ〜って聞いてたけど、例の動画についての話に笑ってしまったw 私も朝起きて一発目であの動画見て、「???????」ってなってたほうだけど、まわりまわってレゲエ界隈から迫害されて、曲の配信が停止になったっていうのが、一番笑えたw ぽい、ぽいです!悪ふざけ最高。

で、LEO IMAI BANDと一緒にやったヤングたかじんが、思いもがけず、ミクスチャーだなって思って興奮してしまったので、これからトラックメイカーとだけじゃなくて、バンドともぜひやってもらいたい・・・(ハード目なバンドと)

LEO IMAI BANDは大阪とちょこっとだけセトリ変えてきた感じ。
でも大きくは変わらず。ポテトサラダはまだ登場してない。してないぞ。(聞きたい人)

この日は、ライブもあったけれど、自分の中では朝イチのALLROUND集合(矢口×ALLROUNDコラボ)が一番の山だった。
まさかこの日に発売になるなんて思わなかったし、自分がちょうど名古屋にいるとも思ってなくて、ラッキーとしか言いようがなくて、大阪を早めに出て朝イチ名古屋。
結果、全然購入できて、黒⇒白と2巡して揃えてしまった。
さらに通常営業になってからお店に行って、WAITING ROOMの白も購入してしまいました・・・(1日でTシャツ3枚)
「チョロい」「軽率」という界隈の言葉がぴったり当てはまる日なのであった・・・

[ LEO今井 ]posted at 07:45 PM | つっこみの読み書き(0)

気持ちが忙しいですが、大都会ツアーだ!
初日から行ってきました・・・!
大阪は、VS前野健太。
大都会ツアーはものすごくキャラが濃い相手と対バンなので、それも楽しみな理由。
この日の前野健太氏はソロでの登場。アコギ1本だけ抱えて1時間勝負でした。
私が初めて行った大都会が前野さんだったわけですけど、その時はバンドだったのと、MCが抜群に面白くて、面白い人だな〜って印象しかなかった。が!今回、すごく味のある人って印象に変わった。
とにかくぽろんってギターを弾いて、静かに歌いだす割には、最後なんだか激情みたいな歌になっていって、自分もそこに巻き込まれてる感じがする。(たぶん自分がそんなに惹かれてなかったら、もちょっと客観的にみてるんだろうなってやつ)
そんなのを何度も何度も、で、途中のMCは「最近下手になった」という割にはめちゃくちゃ面白いw 最後は最前列の柵に足をかけて「みんな生が好きだって言うから・・・」ってマイクなし地声で歌って、そのあと「抜いていい?」ってアコギのシールドを抜いて、(その前にギターの弦が切れてたw)完全アンプラグドでお送りしたのも最高でしたね!
※すべて下ネタにひっかけているので、いい話が台無しだw

からのLEO IMAI BAND。なんか久々・・・Tokyo Lights(しかもちょっとheroesっぽいノリで始まった)スタートは意外だった。でもちょっとうれしかったな。
そのあとのセトリはほぼ覚えてませんが(え)、過去の曲の中でもラウドっぽいのをピックアップしたり、やっぱりカヴァーを入れたりで、個人的に初めて見た時とは全然違うライブになってた。ほんと、3年前好きだったけど最近聞いてない人とかもしいたら、なんて思うんだろうなぁっていう変化だな。

カヴァーは、この日はヤングたかじんとどだればちとファックミー(そりゃそうだ)、あとFandomやってた。Fandomは、暗くて大好き。歌詞がわからないから、どんなこと歌ってるのかなって思う。fandomの意味は熱心なファンたち、その人たちが作る世界ってことで、この曲調から考えるとポジな意味ではなさそうですけど。

グッズは各会場限定の大都会Tシャツ(色違い)と、LEO IMAI鍵盤ロゴTがあったー
鍵盤ロゴT欲しかったけど、翌日名古屋でALLAROUNDのTシャツを買う予定だったので、どんだけTシャツ買うんだよ!ってやめておきました。
札幌とかで買うかもしれないな〜

[ LEO今井 ]posted at 07:31 PM | つっこみの読み書き(0)

矢口さんのDJと聞けば!行ってしまう。
というわけでこのイベントも当然のごとくしれっと参加。
またタイテが出てなかったっぽいのでちょっと早めに行ってみたら、deadbites(バンド)がやってて、かっこよかった〜。KYONOさんのベースやってる人が参加してるバンドだったらしい。
そこからDJとバンドはさみつつの、、、19時半くらいに矢口さんが会場入りした気がしますね。
ちなみにこのイベントはDJ彩雅のBDイベントで、26歳になったらしい。(若っっっ!なのにもうババアだと言われていたので私は灰かな?と思いました)

矢口さん、シャツ+サングラス+七三分け的なスタイルで登場して、一番好きなやつ・・・!って思いながら見てました。
知り合いが結構いたっぽくってあらゆるところでハグしたりなんだりしてた、楽しそう〜
矢口さん楽しそうだとだいたい私も楽しいです(え?)
自分の出番まではDJブース出たり入ったりで、その時に目の前を通っていったり(目が合った気がした、気がしただけですけど)、背中触って通る人がいると思って振り返ったら矢口さんだったりと気が抜けない。(その後思いっきり足踏まれたけど、矢口さんならもちろん許すし)

で、自分の出番が来た、最初はアイリフドーパのマチュピチュかけてマジかっこいい、、、からのSystemOfADown、スクリレックス、ケミカル(ブラザーズ)、ros、オレンジレンジ、RIZE、大黒摩季、安室奈美恵まで幅広くかけてくれたけど、MADのW.O.R.L.Dがかかった瞬間はちょっと発狂しましたよね。好きなんだもん。えっえっえっえっ!?って頭が処理できなくなってしまった。

その間、たぶんシャンパンが7本くらいDJブースに届けられ、なぜか誕生日ではないのに、ガンガン飲む矢口さん(1/3くらい飲んではギャラリーにボトル渡してたけど)w 当然のごとく最後はかなりの泥酔状態w え、嘘、ってくらい酔ってたw

で、次のバンドの時、突如として後ろから最前列まで一直線で出ていき、まさかのボーカルにシャンパン飲めって言ってたのはさすがに笑ったw なんと貴重なシーンw(V系のバンドだったから先輩の勧めは断れず困惑してたのもナイスすぎるw)
さらにイベント主催の彩雅さんにめっちゃシャンパン止められてたけど、無視してたw
ちょっと微笑ましすぎません?(彩雅さんめちゃ本気で怒ってたけどw なんでw)
って思ってみてしまった。
そのあと、矢口さんに近づいて行ったファンがどさくさに紛れてハグしようとしたら、突き飛ばすシーンを見てしまった(もちろんふざけて)w しかも何回もw えっそんなことあるのwww
まあそのあとフロアで自由自在に戯れる矢口さん、、、ついにはファンのみなさんがこれはいけるとツーショット写真を撮影する列がw 自由w
まあDJブースの前でそれをにやにやしてみてたんですけど、minmiのlotta loveがかかって、わーこれ好き!って踊ってたら、矢口さんも反応してDJブースに戻ってきたw(例のツーショット撮影も途中でやめてw)
そこからDJ MAXさんとBACK 2 BACKやる・・・かな・・・って思ったら、たぶん選曲しながら寝てたw ちょっとwwwwww
途中、若干目覚めるのだけど、そこで自由自在に戯れてる間にはだけてしまったシャツのボタンを留めようとして・・・・(酔ってるから)できないw・・・でもシャンパンを差し出されると飲む・・・からのボタン・・・

なんなの、私を殺すつもりですか(かわいさで)

そのあと、おそらくトイレに姿を消し、そのまま戻ってこなかったので、そういうこと(死亡)ですかね。
そんなこんなで矢口愛が深まって帰宅したのでした。

[ MUCC ]posted at 06:43 PM | つっこみの読み書き(0)

August 20, 2019


IMG_0417.jpg
178Rと178の納涼会行ってきました。チケット全然取れなかったけどギリギリで譲ってもらえた・・・♡
私的に一言で言うなら…高円寺とかで朝まで居酒屋で打ち上げみたいなイベントでした。バンドマンのおっさんが酔って楽しくなっちゃうのをみんなでわいわいしながら見てるやつ。
以下、自分メモとしてミヤさんまとめ。

▼登場したときはミヤさんへの歓声が大きかった気が。
で、出演者への差し入れOK(要するにお客さんがあの人へとオーダーしたら本人に届けられる)とのアナウンスがあって、「ミヤとか将司はいいよ!?いっぱい来るからさ、でも俺たちどうすんだよ?」という突っ込みが稲葉さんから入るw(結果みんな差し入れ来てた、見てる人たちやさしい)
最初のほうは、差し入れした人をちゃんと紹介してくれてて、ミヤさんとか、差し入れした本人に会釈される素敵な展開になってたけど、後半はもはやよくわからなくなっていたw
ミヤさん、最初のオーダーはホッピー。「最近ホッピー覚えて…」って言っててかわいい…ってなった。(そういえばバースデーアフターパーティーの後の打ち上げ?でもホッピーの瓶持ってた!)

▼今日のコラボメニューの紹介を考案メンバーから。ミヤさんはお兄さんが茨城で彫り師しながら蓮根作っていて、その蓮根のきんぴら(普通きんぴらってごぼうだけど矢口家は蓮根なんだって、でもうちも蓮根のきんぴら普通に出てきたけど珍しいの?)と、その蓮根きんぴらのトーストが好きだから蓮根トーストだそうです。(トースト食べればよかった…!わたしはかじさんのポテトサラダを食べた。それはそれでおいしかった)
ちなみにこの後もちょいちょい農業には熱い男、矢口が炸裂していて、蓮根を作った畑は、もう二度と他の作物作れないから、うちの兄貴の覚悟の結果の蓮根だみたいなこと言ってた。勉強になりまーす

▼イベント最後の抽選会で渡すプレゼントの説明。(それぞれ2人分用意してた)
ミヤさんはウォークマンと壊ピリのテープ、もしくは…次のコーナーで説明します、と謎の透明なビニテみたいなのとスプレー?みたいなものを見せてくれた。

▼近況報告。最近はまってることとか。ミヤさんはインスタの広告とかで流れてくるマジで!?みたいなものを買うのにはまってるらしい(え?)
それで買ったものを紹介してくれたんだけど、
.好法璽ー用洗剤:アンメルツヨコヨコ的な構造で、出口にブラシがついてたんだっけ?で洗剤出しながら当てるだけで、インスタ動画ではみるみるスニーカーがきれいになってたけど、自分でやってみたら???状態だったらしい。「裏のシールが曲がってんの」(これ2回言ったw)「これさ中身、水なんじゃないかと思って」とみんなで匂いを確認して、結論「水だ」www
△覆鵑任發っつく両面テープ:これは当たり!ほんとになんでもくっつく!で、智史さんのノートPCにつけて閉じる。差し入れのyoshikiワインをステージの壁に貼り付けるw「5分置くと接着力が最強になる」で、ほんとにPC開かなくなったし(ひどいw)、しばらく貼ったまんまのyoshikiワインを剥がそうとして、壁ごと剥がす大惨事にw(請求はマーヴェリックとスピードスターに、ライトハウスは関係ありませんって主張した稲葉さんに笑った)
で、この2品が抽選会でのミヤさんプレゼントに

▼格付けチェック
例のあの番組のアレです。
このイベントでは茨城県民度合いを測る目的で実施された(の?)
^饐襪寮餅はどっちだ?:Aがぬれせん、Bがふつうの。ミヤさんはBを選んで「茨城はぬれせんを推してない」正解はAでめちゃくちゃムキになるミヤさん。かわいい…ってなった(2回目)ここでミヤさんは二流茨城県民にw「ぜってぇ挽回する」的なことを言ってて、かわいい…ってなった(3回目)
⊂鑪Φ蹐呂匹辰舛澄:これはめちゃくちゃ自信を持ってA。でもみんなバラバラで、なんだかんだミヤさんに諭され、かじさん以外全員Aに。で、Aが正解でほんとよかった。そして本気で喜ぶミヤさんに、かわいい….ってなった(4回目)

------10分休憩-----

▼例の山羊のとらちゃんムービー

▼質問コーナー
なぜかこのコーナーはミヤさん司会。(それ以外は智史さん司会)
みんなが喜びそうな質問を選りすぐってきた、っていきいきと言い放った質問は
々イなコスプレは?
⊃綯紊藩甍瓩覆蕕匹辰舛好き?
寝る時の格好は?
他にもあったけど、この3問のミヤさんの暴走具合がひどかった(褒めてる)
ここでわかったことは、
・CAの制服ならpeachが好き
・(コスプレについて稲葉さんに問いかけたら「でも結局脱がすだろ?じゃあミヤはどこまで脱がすんだよ?」と問われ)俺は電気全部消して真っ暗にしてやる⇒闇営業⇒宮迫です(振りあり)※ここで(たぶん)ミヤマニ全員死亡
・そもそも水着と浴衣はカテゴリーが違うからな・・・って言いながらも、水着はビキニにひらひらってついてるやつが好き(からの飲み屋ののれんを“やってる?”ってやるみたいにやりたい(?)と言い放ち、さらにそれを2回繰り返して果てしなく謎w)、全部見えてない方が好き、浴衣着こなしてる人カッコいい、あとあれノーブラでしょ?
・寝る時、上はTシャツとかで、下は何も履かない(智史さんがホテル同室で泊まった時、たしかに履いて寝たはずなのに、寝てる時に脱ぎ出した経験あり、人には気を遣うタイプ)
就寝時の地震などの緊急事態がちょっと心配になったのは私だけでしょうか・・・。

▼今後の予定&告知
ここはとても普通。酔ってるとは思えなかった。素晴らしいプロ意識だなって思った。

しかしこの辺りで70分押し。19時半スタート21時40分終演のはずが22時50分。本気でグダグダしてたw
水戸ライトハウスでの178Rワンマン告知があって、その後もなかなか終わらず、ついに智さんが話の終わらない稲葉さんに「対バンイベントで70分押してるバンドいたらどうします!?」「殺す」「でしょ!?殺されるようなことやってるんですよ!!!!」と若干キレてたw

結果23時終演w めちゃくちゃ爆笑してしまったイベントでした。次も行きたいな〜

[ MUCC ]posted at 07:26 PM | つっこみの読み書き(0)

August 04, 2019



アナウンスがあった時は、ふーんDJイベントか〜行ってみたいな〜って軽い気持ちでチケットを取ったけど、これ結構すごいイベントだった。ラッキーだった。

というわけでヴァイナル縛りのDJイベントでした。
まったく初めてのお店で、チケット買いに行ったときに「どこだ・・・?」ってなってお店に電話したくらい。1Fの雰囲気とは全然違う落ち着いたDJバーでした。
チケット買いに行ったときも、狭そう、と思ったけど、まさかあんなにお客さんの数少ないと思わなかった。たぶん30人前後w

矢口さんは7時くらいに到着。ヴァイナルがいっぱい入ってそうなレコードバッグを持って「重い〜」って言いながら登場した記憶。その瞬間から、そのTシャツなんなんですか・・・と思ってたけど、まさかのアイリフドーパのレモンTシャツだったw
出番は8時半くらいだったかなぁ、選曲としてはLUNA SEA(連続3曲くらい)⇒リンキン⇒Korn⇒Love Phantom(また!)⇒Franz Ferdinand⇒BUCK-TICK⇒X JAPAN⇒井上陽水⇒泉谷しげる⇒井上陽水⇒まるさんかくしかく(ムックの形のレコード)という、これまたマニアックだけど、完全にルーツを辿る展開w
これを聞いてて、同年代で同じ国に生まれてよかったと思ってしまったよね・・・
個人的にはもちろんLove Phantomの当て振りと、Xの曲でめっちゃ頭振る矢口さんに胸キュンすぎた・・・w

で、DJ中、お誕生日ウィークとしてモエを2杯飲まされる矢口さん。お客さんにもモエとかテキーラが(少量だけど)配布されて、いやまあお酒飲めないけど、乾杯して今日は飲むよね!(飲みましたw)

DJだけでめちゃくちゃ楽しかったのに、自分の出番が終わってしばらくして、フロアに出てきた矢口さん。DJの時ってわりと話しやすい人が多いけど、矢口さんどうだろうな〜と見てたら、普通にファンとおしゃべりしてる。なんならみんなわたしもわたしも〜って抱きついてる。これはいけそう。と思って、タイミングを伺っていたところ、私の目の前にやってきて踊っていたので、肩を叩いて声をかけてみました。
ほんとに楽しかったので、「ミヤさん、今日めちゃくちゃ楽しかったです!」って言ったら、そのままハグされて、耳元で「ありがと」って言われた・・・・・・・・・・・・・・・!(死ぬでしょそんなん)(いや酔ってるゆえの対応っていうのはわかってるんだけど)(たぶん他のファンの人と同じテンションでのハグ)

あの、DJやバンドマンとはいろんなコミュニケーションをしてきたつもりだけど、好きな人にいきなりハグされるのは初めての体験なので、頭真っ白になってしまった。思わず、私も矢口さんの背中に手をまわしてしまった。あー男の人だ〜と思う体のラインだった。離れる瞬間、髭?の感触があって、もうダメ・・・と思ってしまったw

そのあとしばらく踊ってたけど、さすがに帰ろうと思って、出口に行ったら、また矢口さんがいて、しかもエレベーターの前でファンを見送ってる・・・!かわいい・・・!
もちろん便乗してさようなら〜と手を振って、エレベーターに乗り込んだら、じっと見つめてくる矢口さん(また死)。そしてドアが閉まる瞬間、深々とお辞儀をする矢口さん。

ねえ、ここなんてホストクラブ?とか思ってしまうじゃないですか(歌舞伎町だけに)

この日はとにかくハグが全部持ってったな〜本人は酔ってて何も覚えてないと思うけどw

[ MUCC ]posted at 08:00 PM | つっこみの読み書き(0)


初めてのMUCCなのに、1日2回見る幸福に恵まれたこの日。ほんとミヤさんおめでとうございますーーーー!そしてありがとうーーーー!
このライブはどうしても行きたかった。それは私がミヤさんをじわじわと好きになったKYONO BANDと、見たかったMAD杉並(=MAD CAPSULE MARKETSのコピー)が出るから。個人的にはFUJIROCKよりもかなり豪華なラインナップ。


こちらもちゃんとタイテ出してくれた!
しかし、お昼の部で2出番、ここでDJ含め4出番ってミヤさんちょっとおかしいw
そういうところも好きですけど!

この日異常に楽しみにしていたのは、ラインナップもあったけど、まさかの整理番号が8番だったんですよね。

JOIN ALIVEの帰りの夜中に発券したのですが、番号見た瞬間、かなりキョドった。
いや、正直38番とか40番だったらウケる〜くらいは思ってたけど・・・w

というわけで迷うことなく最前行きました。上手 or 下手で迷ったけど、やはりKYONO BAND優先したかったので下手。
で始まってみたら、すごく近かった。いやLOFTの最前は行ったことあるんですけど、それでも、ミヤさんが前に出てくるとギターに触れてしまいそうな距離感。

というなかなかにドキドキする中、MAD杉並。正直古い曲中心だったので、期待とはちょっと違ったんだけど、まさかのKYONOさんの曲をやってくれた!(本人目の前にしてw)しかし頭真っ白でどの曲やったか忘れた・・INFLUENCEとかだったかな。。。

からのKYONO。あーーーーー好きですーーーーKYONOさん!!!! やったので覚えてるのは「EQUAL SOCIETY」「DOMINATION」「BREED」「YOAKE」あんなにEQUAL SOCIETYのギターを見たかったのに、目の前にするともう頭いっぱいだった・・・
ここ最近で一番楽しかったし、KYONOさんとグータッチしてしまった。(他の人とわーーーっとやってて、うわ、私も、ってグー出したらやってくれた、KYONOさんやさしい!!!)
あとやっぱりDOMINATIONのギターが走り出す感じ、心がギュッとしちゃう。

次のアイリフドーパは「ミヤさんと面識ないんですけど、今日人づてにミヤさんに呼ばれて」参加したそうですw で、ルックスもそうだけど、音もかなり変態w 変調どころの話じゃなくて、1曲の中の場面展開がすごすぎるw 地獄から夢の中みたいな展開だった。ボーカルの人のキャラが強すぎてインパクトで言ったら優勝。

からの、YAGUCHI MASAAKI(DJ)。どんな選曲なんだろうな〜って思ってたけど、意外にも前半はJ-POP。Being系も流してた。個人的にはLove Phantomかけて、ギターの当て振りした瞬間はちょっとおかしくなるかと思いましたね。後半は自分の趣味に走った感じかな〜
(お客さんの反応はわかりやすい曲には盛り上がるけど、知らない曲はやっぱりうーんって感じだった)

DUB4REASONは安定のすばらしさ。ほんとにね、これは漢が好きな音だと思うんですけど、私も好きです。ぐわんぐわん来る感じでライブは本気でカッコイイのに、MCがお茶目。ミヤさんとはDEAD POP フェスで出会ったらしい。(DUBの曲やってて思わす声かけたとのこと)

ROACHはね・・・とにかくダイブに次ぐダイブで人が流れに流れていた。そしてハイデのカバーやった! 最初ステージ袖からその様子を見ていたミヤさんですが、最後の1曲で飛び入り参加、ダイバーを見てすごく楽しそうだったな〜〜〜〜で、ROACHのボーカルの人とギターの人がめっちゃステージダイブをしてて、途中ミヤさんを誘っていた風に見えたけど、やんわり断ってた。ちょっと見たかったな、ミヤさんのステージダイブ。

か〜ら〜の〜MUCC。当然ながら押しに押して5時過ぎスタートでしたw
そしてモッシュの圧も上がる。みんな待ってたね?
こちらのMUCCは個人的にはマニアックな選曲だと思った。
大嫌いって曲を初めて知ったけど、そこからスタート。優しい歌で一緒に歌ったし、蘭鋳でお座り⇒ジャンプも楽しかった(本日3回目の蘭鋳w)
ちょうど逹瑯さんが足をかける柵が私の前あたりで、お座りの時に足をかけようとした逹瑯さんと目が合い(そこ足かけるね)的なアイコンタクトをしてくれて、やさしい〜と思ったな。
さらに自己嫌悪で通り魔に刺された逹瑯さんが目の前にボトッと落ちてきて(ほんとに落ちてきたw)超目の前!とか思ったけど、肝心の通り魔さんはそのまま下手に行って端まで丁寧に刺したわりには、上手は端っこだけ刺して「うわああああああ!ここも!!!!」と思ってしまったのは内緒です。ちなみにツアーでは刺されがちなYUKKEさんは、微笑みを浮かべながらモニターに座って通り魔を眺めていました。
MUCCって全員かっこいいのね。と思った瞬間。

なんだかんだで知ってる曲も多かったし、なにより最後にミヤさんが投げたピックが目の前に落ちた。。。さすがにそれは他の人にもらわれてしまったけども、目の前に来ただけでうれしい心、わかっていただけますか。

ミヤさんバースデーめっちゃ堪能したし、この日から夢烏になることが確定したのでした。
覚えやすくてなにより。

そしてミヤさんがみんなから愛されてるんだな〜っていうのがすごく伝わるイベントで、よかった。ファンはもちろんそうなんだけど、出演者のみなさんの愛が。こういうのってやれる人とやれない人がいるもんね・・・

[ MUCC ]posted at 07:27 PM | つっこみの読み書き(0)


前日、急遽チケットを譲ってもらえたので、行ってきた、BIRTHDAY CIRCUIT!うんうん、ミヤさんの40歳のお誕生日イベントが初ライブなんていい感じ♡

とりあえずグッズ(チベミヤ)が欲しくて、13時過ぎには到着。こんな気合入るの久々で、自分の本気度を知るという・・・w
前日までぐずついた空模様だったのに、いきなりこの日はピーカンの青空。いいんだけど、物販列で並んでいるときは完全に耐久レースでしたよね。(この日は夜中のオールイベントも控えているので、体力と気力が試されすぎていたw)
汗でメイクもなにもかも消え去ったところでチベミヤとアメリアのCD、ラババンを無事購入。(今思えば、ホテルキーも買えばよかったなぁ・・・)
チベミヤかわいい〜〜〜〜この販売にファンになるのが間に合って本気でよかった!物販は整理券を配ったり、個数制限もあってちゃんとしてる度合に驚き。
ちなみに個数制限をアナウンスするお兄さんが「オリジナルマスカット・・・」って言ってしまい、待ってる人から笑いが起こっていたw(オリジナルマスコットねw)

この後、開場までそんなに時間がなかったのだけど、駅まで戻ってごはん。食べて戻ったら、(開場30分くらいで)入場めちゃくちゃ進んでて、すごーいこんなスムーズに進むんだ!と驚きつつ入場。
階段が奇跡的に空いてたので、上手側の階段に収まる。初めてだし、体力を若干温存しておきたくて。

事前にタイテを出してくれたのも親切!
X SUGINAMIで生まれて初めてXジャンプしたけど、ボーカルの人マジ面白い。もちろんミヤさんのギターもかっこいいんだけど、もうボーカルの人に全部気持ち持ってかれちゃったw
メトロノームはわりと打ち込みな感じで好きだったな〜ていうかドラムがペニシリンのO-JIROって後から知り、うわあと思った(昔ペニシリンのライブにそういえば連れていかれた)。
lynch.は、ほんと人気だったし、それがわかる感じだった。ボーカルの人の色気すごかったな〜〜
ロットンは個人的に一番親しみやすいノリ。大好きな蘭鋳のカバーをぶっこんでくれてギャーってなった。
か〜ら〜の〜MUCC。
ミヤさん好き⇒え〜MUCCとか無理じゃないかな⇒あれ結構いけるというこの1か月の流れにより、セットリストはほぼ知ってる曲だった。それもこれも、ツアーのセトリを毎回spotifyにあげてくれるからなのであった。個人的に大好きな「塗り潰すなら臙脂」が始まった時は本気でにやにやしてたw

あと、キュン死続出事案として有名(?)な蘭鋳でのミヤさんバースデーケーキ事件とか・・・w 「開けろ開けろ〜〜〜主役様が通れねえだろうが!!!」(by逹瑯さん)からのミヤさんフロア降り、リフトアップされてギター弾くの流れでだいたい死にかけていたのに、そのあとステージに戻ってlynch.の玲央さん(今知った)がケーキ持ってくる⇒半分意識がとんでるミヤさんの肩を叩く⇒ミヤさん振り向く、ケーキをじっと見つめる⇒自らケーキに顔ダイブ⇒ええええ〜ってなり、立ち上がってミヤさんから離れる玲央さん⇒ぼーっとその姿を見つめていたけど、急に覚醒して立ち上がり、顔のケーキを玲央さんのTシャツで拭くミヤさん⇒うわ〜〜〜これめちゃくちゃ私服ですよ!⇒アハハハハハって笑うミヤさん(めちゃかわいい)⇒真顔に戻って企み顔になったミヤさん⇒立ち上がって玲央さんの背中に回り込んで残った顔のケーキをTシャツで拭き取るwwww⇒玲央さん「あーーーーーーー><」って顔

というのがオフィシャルのストリーズに上がってて、たぶんミヤマニ全員死んだ。私ももれなく死んだw(それをストリーズにアップしてくれるオフィシャルのセンス良すぎるでしょ・・・)
そして蘭鋳の意外すぎるノリと(イントロでハイ!ハイ!ハイ!ってなるとは思ってなかった)、ただでさえ速い曲なのにBPM上げてることとか、初めてお座りに参加したこととか、忘れられない1曲になったな・・・。
そして私の今年のアンセム(ほぼ決)アメリアもやったし、なんと満足できるセトリだったんだー

というわけで初MUCCを余すことなく堪能して、次の現場(新宿LOFT)の開場に間に合うようにいそいそと(ほんとに小走りしてたw)STUDIO COASTを後にしたのでした。

[ MUCC ]posted at 06:28 PM | つっこみの読み書き(0)

June 27, 2019


D9l_fsxUEAEgiJY.jpg
5月末にはFINAL SPANK HAPPYに行ってかなり興奮していたのですが、取り急ぎ、こちらのライブの気持ちの盛り上がりが止まらないので先に書こう。
というわけで行ってきたんです、Toybeatsのリリパに。
Toybeatsはもちろんのこと、ゲストがまさかのKYONO、SHADOWS。これは、私得でしかない、行くしかないのではないかと。
直前、1バンド目がKYONO BANDと知り、間に合うかな〜と思いながら急いで向かったら、フロアに入った瞬間、登場SEがかかって間に合ったー!
KYONO BANDのリリパの時は勢いにまかせて2列目とかに流れて死にそうになったので(Tシャツも毛玉だらけだよ!)、今回は後ろでちゃんと見ようと思って後ろで見ました。

で、薄々気づいてはいたんですけどね、前回も。
この時確信しましたよね。

「わたし、ミヤさん(from MUCC)がめちゃくちゃタイプなのでは」

出た。
出たよ。

前回も、流された先が下手で、なんとはなしに見てたら、最後にかっこよくないこの人ってなったわけですが・・・

単純なのですが、その日からミヤさん情報を追っていますw(でも未だに名前が読めない)
(今ぐぐって確認した:矢口雅哲(やぐちまさあき)覚えよう)

というわけで、もう途中からミヤさんガン見。なんでしょうね、こうやって人ってどんどん好きになっちゃうんだろうな〜って思いながら、とにかくギター弾く時の動きが!好きすぎる!!!MUCCではどのような動きで弾いていらっしゃるのか存じませんが、この!ミクスチャーバンドでの動きは完璧じゃなかろうか。
あの、昔FACT見た時も同じこと思ってたんですけど、この動きするロンTハーパンの人はだいたい好きになっちゃうんですよね。(この日のミヤさんはロンTハーパンで、なんならキャップの後ろにひらひらするリボン的なサムシングを結んでいて、個人的には目が離せなさすぎました)

曲もYOAKEから結構やってくれて、特にinfluenceであんなに一気にみんな弾けるなんて思わなくてびっくり。BREEDも聴けたし、うんうんよかった。
(しかし後からEQUAL SOCIETYのギターの手元を見たかった・・・と思いが募っています)

KYONO BAND終わって、ドリンクに並んでいたら、声をかけてくる人がいて、見ると10年ぶりに会った友達ーーー(っていうか職場が一緒だった子ーーー)!全然こんなん趣味って知らなかったし、よく私だってわかったな〜〜(私は完全に気づかなかった)
というわけでSHADOWSの間はロビーでずっとしゃべってしまった・・・
その間、ミヤさんが目の前通ったりしたんだけど、声なんてかけられなかったですね(そういう感覚が鈍っている)
でも、でも、でも、マジかっこいい・・・とじっと見つめていたら若干目が合った(そりゃそうでしょうね)♡
後々見つけたKYONO&ミヤさんゲストのBooBarが最高だったので貼っておこう

トリのToybeatsは最前で見た。なぜなら最前空いていたので。
もうね、ポップでカラフルなミクスチャーだな、Toybeatsは!
客いじりも上手だし、楽しそう。
しかし、最前で見てて思ったことは、普段LEO氏のライブで最前にいても、目が合うことが多いけど、普通は合わないもんだなってことでした。身長の問題?

ライブっていうか、完全に自分の興奮状態の記録だな、これは。
いつか、Korn杉並かMAD CAPSULE MARKETS杉並を見に行きたい・・・!

[ MUCC ]posted at 07:08 PM | つっこみの読み書き(0)

June 02, 2019


IMG_7706.JPG
絶対行かないと思ってたGREEN ROOM FESTIVALに開催1週間前に行くことになる奇跡・・・

京都から帰ってきた日の夜、こんな投稿が走り・・・

この投稿をInstagramで見る

#majorforce #leoimai #greenroomfestival #unveilednewsong

Kan Takagiさん(@kantakagi)がシェアした投稿 -

早速MFの出演日を確認するも、両日名前があり(落ち着いて確認すれば1日目はDJだとわかったけど、焦ってたw)どっちどっち?と思っていたところ、本人のアカウントでこんなストーリーズが上がり・・・(LEO氏に感謝)
IMG_7663.PNG
1分後にはチケット取ってたw

当日はRIRIちゃんから見ました。ファンがみんなカワイイ女子で驚いた。これはやってるほうも楽しいね・・・!

そしてMFは最前列を確保できた(いつもこんなことばっか)
サウンドチェックの時、ぼーっと見ていたら、ステージ後ろの通路にLEO氏の姿!!!
説明を聞いてる風で、戻る時に機材の写真?動画?を撮っててうわぁ、、、好きと思ってしまった(全部好きです)

MFスタートから10分くらい来歴動画が流れて、するっと音楽スタート。
踊りたくなる曲で、ですがこのステージはなぜか着席・・・
(別に立ってもよかったんでしょうけど、最前列でなんとなく勇気が出なかった)
LEO氏は最後に登場、特になにもしゃべることなく、高木完さんに「かっこいいー!(薔薇シャツ着てたので)赤い薔薇をみなさんに捧げます!」といじられていたw
曲名はmurder face(と聞こえた)、LEO氏とMFの共作とのこと。なんかスパイ映画を彷彿とさせるような曲調だった気がする。かっこよかった。
いつリリースしようか迷ってる(by高木完)とのことでしたので、一刻も早く!リリースしてほしいです!!!
こんな感じでしたね↓

LEO氏の後は、トミーゲレロ→OAU→KANDY TOWN→DJ BAKU(船で踊る)の流れでなんだかんだ楽しみました♡

5月は結果として毎週LEO氏のライブ見れた〜幸せすぎた〜

[ LEO今井 ]posted at 11:44 PM | つっこみの読み書き(0)

IMG_7685.JPG
京都の1週間後が代官山。家からの距離感に差がありすぎると思いながらも、当然行ってきた。
なぜか代官山はチケット争奪戦がすごかった。わりとジャストにアクセスしたんだけど、番号が一気に2桁でしたw 着席のsolo setを好む人が多いのかな〜?
でも3列目くらいに収まれた。
京都の学びを活かして、マイクの延長線上に座れた、ラッキー。
セトリは微動って感じでした、MCはもはやフリートーク状態で、個人的にはいろんなLEO氏が見れてとてもよかった!
吉祥寺のフェスとかでこのライブの告知をする時に、「晴れたら・・豆に?」(空に投げるポーズ)っていうのがかわいすぎて死ぬかと思った、そのライブですw

・スタイルは京都の時と同じ。かっこいい。好き。
・ピアノに移る時、無言で立ち上がり、ピアノを指さして移動したのもだいたいかわいい
・晴れ豆のピアノはグランドピアノで、こんなの弾くLEO今井を見れるとは思わなくてちょっと震えた(でもやっぱり若干モタったりしてた、そりゃピアニストじゃないですものね)
・need to leaveがセトリに入って歓喜
・VLPエリアで(だっけ?)「VLPというアルバムのヴァイナルも売ってます・・・持っていない人は・・・ぜひ・・・持つように」に笑ったw
・本編最後が「Tシャツ売ってます」でステージを去る⇒2分くらいで戻ってきて「まだやります」
・そしてまたtundraに心を全部持っていかれる(歌詞を理解してからのi'ts no goodはかなりヤバいので、機会があれば皆様ぜひに)
・アンコール最後、引き戸を開けて一旦はけて、くるっとこっちを向いて手を振ったLEO氏に私は死んだ・・・(言葉にならない)
という代官山でした。
もう月1でsolo setやってくれないかな〜好きがすぎる。


[ LEO今井 ]posted at 11:17 PM | つっこみの読み書き(0)

IMG_7624.JPG
ひとりぽっちsolo set tour(個人的に初体験)、まあまあいつもLEO氏のライブは楽しみにしているのですが、これはとりわけ楽しみにしてた。

勢い余って予約していたので、整理番号がとてもよかった。
ので、こんな席。
IMG_7619.JPG
近くて笑える。(まあだいたいチケット取る時勢い余ってるから近いけど)
そしてマイクの延長線上にいたので、ギター弾いてる間、まっすぐ見れるという利点が・・・

そんなことはさておき。
紫明会館が素敵。歴史的な建物なのでしょうか、雰囲気も良かったけど、とにかく時間とともに変わる空の色がライブハウスでは味わえない演出になってとても印象的だった。
特にこの日は天気がとてもよくて、最初はブルー〜オレンジ〜ネイビーと移り変わる様が美しくて。その間、照明は全体にうすく広がる明かりと、LEO氏横の電球だけで、今思い出しても素敵。今後紫明会館でライブがある時は絶対に行こうと心に決めた。

始まる前のSEがずっとT.REXでちょっとどうした?とは思いましたが・・・w

LEO氏が舞台横のドアを開けて登場してスタート。
1曲目のTokyo Lights2が始まって、ギターを抱えながらLEO氏が歌いだした瞬間、なんだか張りつめていた心がほろほろとほどけて、泣いてしまいそうになった。
ライブで泣きそうになることは稀なので、この時の気持ちはすごく自分でも意外だった。
理由はいまだわからないのですが、とにかく心を開いた状態でライブを聴けた気がする。

以下個人的なメモ
・全体的にアレンジが今のLEO氏の気持ちに合わせて変わってた
・LEO氏の髪は短すぎず長すぎずの最高ライン、黒の薄いブルゾンにグレーのTOKYO LIGHTS Tをイン、黒いパンツ、白のスタンスミス(だった気がする)
出てきた瞬間好きすぎて心臓止まるかと思った
・tabula rasaの後くらいで、客席から突如笑いが起こった(んだっけな?)に対して、LEO氏がフッ…と笑って、「なにかおかしいですか?」的なことを言い、会場が沸いたw
・synchronizeからout of spaceのcoverに入っていったとき、5/3のDJをふと思い出して、笑ってしまったw(至ってナチュラルに歌いだしたし、曲も自然につながってて最初気づかなかったくらいだったので、音楽的に笑ったのではなく、DJのことを思い出してくすっとなった)
・ピアノに移動してairportを弾いた後(だったと思う)、この曲はCITY FOLKというアルバムに入っていて…apple musicで聴いてみてください…itunesとか…spotifyとか…あと、JAY-Zがやってるやつ…あー!tidal!!!使ったことないけど」「あっ、原曲はこういうんじゃないですよ、ドラムとか入ってて…」知ってるw
・tundra ghost funkのアレンジが神がかっていて、歌も入魂でこれは今回のツアーの優勝曲なのではないかと思っているのだけど、この曲にdepeche modeのi'ts no goodのcoverをつなげたのだけど、これがまた最高にかっこよくて、私の中での優勝曲決定。
・声量とか歌い方とか私が初めて見た2018年頭に比べるとぐんと上がってる気がした。元からうまいとは思っていたけど、さらに。

そう、この日一番キュンとしたのは、LEO氏がギターだけ弾いてる姿。見てる限りは無な感じで、背中を丸くしてギターを弾いてる姿がなぜかすごくよかったんですよ・・・あれで1か月は生きていける気がした(もうすでに、また見たいけどw)

ライブ前後に岡神社とか六角堂とかKYOTO GRAPHIEとか貴船神社とか回れたし、鴨川そばのカフェでご飯食べたり、京都を大満喫してきた◎


[ LEO今井 ]posted at 10:55 PM | つっこみの読み書き(0)

May 05, 2019


10連休で一番楽しみにしてたイベント!なぜなら、LEO今井さんのDJを初めて見ることができるから。
D5qZhw-U8AAFWjK.jpg
タイムテーブルは特に告知がなかったので、24:00すぎに到着。
雰囲気としては、インディーズが好きで通ってた頃によくあった感じ。ほどよく(バンドの)知り合いが多めw
というわけでしばしDJののち、TOYBEATS登場ー。
予習をしない私、ここで初めて音を聴いて「わーポップー!」と思いました。
ギターは夏彦氏なのでばりばりだし、音もハード目なんだけど、どこかしらポップ。どこが?と言われると説明しにくいけど、なんかかわいかった。(嫌いではないです)
ちなみにryosukeさん?がしんちゃん(誰)を彷彿とさせるルックスで、酔いつぶれて山手線3周したりしそうなどと勝手に思いました。
からの、ハイスタ恒岡さんDJ。
ちなみに、TOYBEATS終わりくらいから、LEO氏がフロアに出てきて、もはや全神経がそっちを向いている感じだったのですが、ふとDJブースのほうを見ると、見覚えのある顔が・・・
んーと、えーっと・・・あ、健さんだ!(横山健降臨)
なんでなんで?としばし脳みそを回転させて考えてみたけど、ああそっか、恒岡さんがいるからだ。と腑に落ちた。
そして、最初フロアのステージ側にいたLEO氏がDJブース側に移動した瞬間、横山健とLEO今井の並び(残念ながら間にマネージャーさんがいたものの)が実現。
おおー。と勝手に感慨深く見てしまった。(けれども、本人同士は話をしたりはしてなかった模様)
ちなみに私が気になっていた「WATCH THE SOUND」キャップですが、後ろにはYoutubeのロゴ(あの再生ボタンの▶のマーク)みたいなのが入ってて、ええこれ企業ブートレグ!?それともノベルティ!?めっちゃほしい!!!と思ってしまった・・・
そしてRatchild。これまた全く予習してなかったですが、個人的には漢感あってかっこよかったな〜〜〜(こういうタイプのバンドマンは親しみがある・・・)
はあかっこいいと思って、ぼーっとしてたら、LEO今井さんのDJスタートしたじゃないですか。DJブース前に寄っていくよね、もちろん。
どんな選曲なのかめちゃ気になってたけど、まあイベントに寄せた感じでNICE!だった。
アタクシこっそりしゃざーむして、プレイリストにまとめたので、気になった人は聴いてみてください。(内緒だよ?)

iphoneのアプリでDJしていたLEO今井さん、最初はiphoneに顔を近づけて下向いてたんですけど、メタルになってきた途端、ギターやドラムなどの当て振りをぶっこんでこられまして・・・
特に私の中でうわあ(引いているのではなくかっこよすぎて笑ってしまった)となったのは、Machine HeadのDavidionが始まった時ですかね。
途中のデスボイスは手を挙げて歌ってたし(声出てたw)、えっここMachine Headのライブ会場かな?みたいな新鮮な気持ちで見ることができました。
踊るタイプのDJが好きとは常々申し上げておりますが、また違うタイプの踊るDJで、当然大好き♡ 宇宙で一番好きかもしれないw
動画も収めたものの、さすがにちょっとワールドワイドウェッブに載せるのは気が引けるので、動きが激しくてなんとか収められた1枚を置いておきますね。この後、めっちゃシャウトとともに手をぐわって前に出してたと思う・・・
IMG_7581.JPG

LEO氏と話できそうな雰囲気はありましたが、ファンのみなさんに囲まれて、それどころじゃない感じだったな〜あ、カセットは夏彦さんが売り子さんの時に買いました♡
夏彦さんかわいかった♡

というわけで、もうマジ本気ですごいもの見せてもらった満足感とともに帰宅しました。
(あの、めちゃくちゃ笑ってみてたんですけど、LEOさんかっこいい!かっこいいよ!の気持ちでいっぱいでした)

[ LEO今井 ]posted at 06:15 PM | つっこみの読み書き(0)

May 02, 2019



クラフトビールと音楽のサーキットフェスでしたが、以前日比谷公園のオクトーバーフェスで(飲めないのに)調子にのって1杯飲んだだけで、帰り道ものすごい頭痛に襲われて死ぬかと思った私には、ビールか・・・という気持ちでした、ごめんなさい。
CLUB SEATAでリストバンドを交換して、RockJointGBへ。下手側の最前に収まり、名前だけはよく聞いていた「ROTH BART BARON」からスタート。アットホームな人たちで、初見なのに(そしてビール持ってないのに)メンバーと乾杯しちゃったw 音楽はアコースティックなようでロックな感じが素敵でした。人気なのわかる〜〜〜みたいな。

そして、私はこのROTH BART BARONのセッティングの時点から、あることに気づいてしまい・・・RockJointGB自体、初めて行ったのでよく知らず空いてた下手にふらっと行ったわけですが、客席下手側に関係者onlyの通路があり、そこが楽屋口への通路兼搬入口になっていた=セッティング&撤収の際、目の前や自分の横をメンバーが通る仕組み。
とはいえ、ステージ奥にも楽屋とつながってる口があるっぽいから、まあそこから出入りもできるし・・・と思っていたら、ROTH BART BARONの撤収が始まった時点で

\LEO今井(私の)真横に(薔薇のシャツ着て)登場/

やっぱり?やっぱりそうなります?
って思いながら、近い、近すぎるではないですか・・・?と心の中で震えていました(もちろん平然を装い、まるでファンではないですけど?風の表情をしますとも)

でもやっぱりうれしくて、ずっとLEO今井さんをみつめていた私です。
(でもROTH BART BARONのメンバーの方に私の前の柵に忘れていたスタンドを、ご本人に「忘れ物じゃないですか?」とお知らせもした)

この日は夏彦さんがSpecial guestとして登場、soloともbandとも違う貴重な組み合わせ。
ていうか、夏彦さんの機材、ケースが全部ネオンイエロ(グリーン)だし、中身もネオンイエロー(グリーン?)だし、この日はdaitokaiのネオンイエローのパーカー(わーいお揃い!)で登場して、ネオンカラー尽くしでした。

セッティング⇒サウンドチェックがわりと早めに終わり(しかしながらサウンドチェックでNew Rosesのイントロを弾いた瞬間キュン!とした、どんだけ好きなの)、夏彦さんはステージからはけたのに対し、LEO今井さんははけずにギターを弾いてた。で、マネージャーさんに袖から「あとずっぷん(10分)です」と言われ「あと10分で始まります」と言いながらもしばらくギターを弾いてた。ああもうこのまま3時間くらい弾いてくれてていいです(変態)・・・
でもしばらく弾いてLEO今井さんも一度はけましたw

そしてひとりで登場し「Tabula Rasa」を。
soloのTabula Rasaは何度か聴いてるのだけど、歌い上げる感じがすごくいい。

LEO今井さんは秀逸なメロディーを作る人だなと思うんだけど、それと同時にすごくよい声の持ち主で、歌もすごく上手い、なんてすごい才能の人だと思うことがたびたびあるのです。
ロックバンドとアコースティックのソロを行き来できる人ってそんなにいないと思う。(やってる人は多いけど、やっぱりどっちかが素敵ってなっちゃうことが多いと思う)

そしてWinoから夏彦さんが加わって二人で。何の曲の時か忘れちゃったんだけど、夏彦さんがPAさんに「LEOの声絞ってください」みたいなお願いをして、そのあと(マイクチェックかねてだけど)「che、che、check、うるさいですかぁああああ〜いえええー」ってシャウトした時は吹いたw
あと、二人でやる「Fresh Horses」はとにかくすごかった。個人的にめちゃくちゃ気持ちが上がった。アコースティックなのに、全然そんな感じしない、すばらしく素敵なアレンジでした。。。好き。

で、最後「Tokyo Lights」をリズムマシーン?を鳴らしながらやったんだけど、この時のマイクのエフェクト?のかけ方が80sっぽいっていうか、なんだろうな〜なんて言ったらいいのかな、ナチュラルではないんだけど、声がビビッドで前にすっと出る感じの音で、うわあすごくかっこいいと思ったのを覚えております。

その前にLEO今井さんのMCがあったわけですが「いつの間にかこんな小洒落た街になっちゃって・・・」的なことを言ってましたねw 昔住んでたのかな?(ちなみに私は来るの5回目くらいなのでちょっとその変化がよくわからなかったw)

すべてが終わり、撤収の時ここにいたらもう心がいたたまれない・・・とその場を離れ、でもLEO氏は見たいという下心から後ろの一段高くなったところでそっと撤収を眺めていました。
撤収の最中にも、ファンにめちゃくちゃ話しかけられるLEO今井さん、大変だなぁ・・・と見ていたら、通路で機材を運んでいるLEOさんとふと目が合ってしまい、CONFUSED!!!!!かつうれしさ100%!!!!!(すごくささいなことで喜ぶ人)

そのあと、会場からLEO氏が出てしばらく時間を置いて出たのだけれど、まだ入り口のところでファンにつかまっていて、だけど、それを見ることもできない私であります。
緊張っていうか、そういうの相手に対して迷惑じゃないかなぁって思ってしまう。
なんかそういうのを順番を待ってるのもやだし、にやにやしながら遠巻きに見ているのもやだし、じゃあ一生LEO氏と話せないし写真撮れないしサインもらえないよ?って言われても、それを目的にライブ行ってるんじゃないしな〜そういうの偶然あったらいいなくらいでいいんじゃないですかね?という思いが日々強くなるのでした。(いやそりゃ話してみたいし写真撮ってほしいしサインもらいたいけども。でもそう思ってるからうらやましいな〜でも迷惑だな〜と思っちゃうんでしょうね)

きっとそんな頃撮られたであろう(ファンではない)写真、かっこいい♡

そしてそのあとZAZEN BOYSを見にいくも、まさかの入れ替え制と聞き、え?と思って、またRockJointGBに戻ってDALLJUB STEP CLUBのサウンドチェックから見ました。
最初人が全然いなくて、おーーーこのまま始まる?と思ってたら、人がどんどん集まってきていい感じでした。ドラムの人がリーダーだそうでなるほどの演奏力。普通にD'NBとか入れてくるんだけど、私の知ってるMixtureではなくて、若い世代がMixtureを解釈するとこういう感じ?(年齢知らないけど)と思ったりした。
どハマりするかっていうと、ちょっと違う感じかな〜

lostageとmouse on keys見たかったけど、なんか疲れちゃってここで帰宅。
なんだかんだLEO今井さんのステージはいつもキュンキュンして大好き!


[ LEO今井 ]posted at 10:20 PM | つっこみの読み書き(0)
ABOUT ME
ケイコフ

東京在住、1974年生。
くだらないこと大好き。
MUCCミヤさんが好きで、きっとのめりこみすぎている。

LATEST ENTRY
CATEGORY
LATEST COMMENT
SEARCH THIS SITE
MONTHLY ARCHIVE
FAVORITE
HOME
OTHER