I wake up lying on the dance floor

October 16, 2004

the primrose@アストロホール

会社をいつもより早めに出て、原宿へ。前もってチケット引き換えの人が多いから早めに引き換え始めますというメールが来たので混んでるかなぁと思ったらそうでもなかった。
最初はHARCOという男子の一人ユニット。下北沢を中心に活動しているらしいです。個人的には好きなタイプの歌い方ではなかったけれど、たぶんこういう歌い方が好きな人っていっぱいいるんだろうなあという歌い上げっぷりでした。例え方がわからんですけども…さて、次があたしの中でのメイン、the primroseであります。たった一人で幻想的な世界を作り上げていく松井さん、その中他メンバーがポジションについて、音が重ねられて、ドラムが入った瞬間、あたしの心はうわっと持っていかれました。松井さんのメロディーと声以外はすべて攻撃的だったように思うのに、なんだかずっと森を漂っているような気持ちにさせられたのが不思議でした。あーいいもの観たなぁ、と思いながら、LUNAはあんまり知らなかったので、後ろのほうへ移動。ほんとに自分の好き嫌いが激しくてなんだなぁと思いつつ、始まった瞬間「だめかもなぁ」と感じ、自分の中で3曲目まで待ってぐっと来たら最後までいようと決め、観ていましたが、ぐっと来ず会場を後にしました。

今までのつっこみ

つっこみを書く
コメント以外の入力は任意ですので、お気軽に。










名前、アドレスを登録しますか?




※英数字のみでのコメントはできません(エラーになります)
※タグ使用可

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL : http://katie.under.jp/blog/mt-tb.cgi/316