I wake up lying on the dance floor

January 05, 2005

夏目家の食卓

家についてテレビをつけたら、このドラマが始まるところだったので、何の迷いもなく見た。
だって、宮沢りえ好きなんだもん。
で、単純にすごい好きなドラマでした。
私は演出家とかに疎いからよくわからないけど、わたしが好きなドラマってこのドラマの演出家でもある久世さんがよく演出してる気がする。たぶん好きなんだろうな。
宮沢りえ扮する夏目漱石の奥さん鏡子のおおらかなほわんとしたところがカワイイ。そしてストーリーもくすりと笑ってしまう展開。宮沢りえのナレーションも淡々としてて心地いい。漱石の娘たちのつぶやきもツボ。
極めつけのセリフが「時々でいい、あなたのその目であたしを見てください。そしたら…あたしなんでも辛抱する」ってやつ。その気持ち、わかりすぎます。
最後、鏡子さんが「あたしはおとうさんが大好きだった」って言いながら縁側で息を引き取るシーンで泣いちゃった。

あたしもそんな人生を送りたい。

[ にっき ] posted at 11:06 PM | つっこみの読み書き(2)
今までのつっこみ

私もドラマに釘付けよぉ。。。
やっぱり宮沢りえはいいね。
もっくんも素敵でした。
極めつけのセリフ私も言ってみたいなぁ

Posted by: rena隊員 at January 5, 2005 11:20 PM

rena隊員もみてたんだ!
いいドラマだったよね。
なんていうか軽妙さが「センセイの鞄」とかに似てた。
あれもセンセイが死んじゃった時泣いた…
ていうか間に「伊右衛門」のCMはさむのは反則だと思わない??

Posted by: katie at January 5, 2005 11:42 PM

つっこみを書く
コメント以外の入力は任意ですので、お気軽に。










名前、アドレスを登録しますか?




※英数字のみでのコメントはできません(エラーになります)
※タグ使用可

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL : http://katie.under.jp/blog/mt-tb.cgi/403