I wake up lying on the dance floor

August 23, 2006

ポッキー部長と焼肉くにもと


CB時代の担当クライアントの営業M氏ことポッキー宮沢がいる「ダイナマイトポップス」のライブをカレッタ汐留まで見に行ってきました。
汐留なんて縁がないから、出口を出た途端迷子。ウエエエエエエン。
とりあえず指定された亀の噴水を探し当て(水は出ていなかった)、わおDENTSUかっちょいいーとか思いつつ、CB仲間を待ちます。開始5分前に次々と現れ、とりあえず後ろの席に座ったものの、なんか前から2列目(まあ要するにアリーナ席ですよ)が1列まるまる空いている。。。。ので、そこにみんなで座ることに。
で、会場はビアガーデン(超営業じゃん!)だったので、ビール買ったりなんだりして席に戻ったら、出演者の宮沢さんがのんきに席で話してるじゃないですか。
ワタシを見つけるなり「おう!」って。。ナツカシス。「なんか会社移ってから健康になったんじゃねーか!?」って言われました。うん、たぶん、、、、自由奔放な会社ですからね。でもクライアントの扱いにくさは同(以下略)とかそんな話をしながら、「あれ!?もう出番じゃないですか?」そそくさと楽屋(のようなもの)に向かうポッキー部長。
テーマは70〜80年代ポップスということでー知ってる曲もちらほら。てゆーか、のっけからヒデキ歌うなよ。さすがにヒデキの曲は知らなかった。。。
で、途中、ゴダイゴのギターの人登場。すいませんよく知らないけどゴダイゴは知ってるよ!あの曲ええと・・・すごい有名な曲(notゴダイゴ)をものすごい泣きのギターで。やっぱりすごいうまかった。で、気を抜いていたら、ポッキー部長が舞台の袖からはっぴ姿で見え隠れ。なにやってんのあのひと・・・。勢いよく出てきたと思ったら、かねがねウワサには聞いていた「与作はチャンピオン」を熱唱。説明しよう。与作はチャンピオンとは、サビまでは北島三郎/与作を熱唱、サビで一転、QUEEN/we are the championのメロディーで与作の歌詞(一部変更)を歌い上げるというすさまじい曲なのです。さらにサビに入るとはっぴを脱ぎ捨てて、QUEENスタイルで熱唱。いい年(37歳?)こいたオッサンが。
歌、っていうか(涙)もう笑いすぎてホホ骨が痛いんですけど。。。ひーひー言いながら指差して笑いました2列目で。
そして最後、「総立ちメドレー」を。総立ちメドレーとはとりあえず客を全員立たせて、「のれない」と思ったひとは着席してよし。全員が着席したら演奏も終わるという潔いメドレーなのです。あ、新しい・・・。
誰も着席せずにエンディングを迎えてました。とにかく笑いすぎて涙が。
で、ステージが終わってからポッキー部長をファンのように囲んで撮影会です。身内には特別にちくびをみせたポーズで決めてくれました。さっすが!
そのあと今日の29部会の会場「くにもと」へ移動。29の聖地ですが、礼儀にはめっぽう厳しいのよ。予約しても、その時間に予約人数が全員揃っていないと、予約はおじゃんになるというシステムです。それとか肉を真剣に食べない客はNG(二次会への使用禁止、だらだらしゃべる客はNGとか)。ドキドキしながらのれんをくぐるとそこは肉の楽園(言いすぎ)。ちゃんと約束を守る子にはお店の人もとっても優しいのです。
みんな(大人10名)でわくわくしながら頼みまくりましたが、絶品は写真にもした「くにもと風ユッケ」ユッケなのにぴらーんとお肉状です。ユッケってこんなだっけ?と思いながらとても甘い甘いお肉にうっとり。あとはレバーも苦手なワタシでしたが、一気に克服。ここのなら食べられる・・・!鉄分補給。。。あとはタンが肉厚でジューシー。こんなタン初めてだよー。で、大将が「ミルクタン」を1枚だけくれました。ミルクタンとは・・舌1本につき、1枚しかとれない、一番根元の芯の部分だそうで。じゃんけん大会で勝ったH嬢がゲット。食べたかった・・・(ジュル)最後に頼んだ青森冷麺もおいしかったし、でもカルビクッパの中に浮かぶカルビもこれまた絶品。焼肉とはまた違っておいしかった。。
なんだかんだであっという間に2時間経過、部会はお開きとなりました。
次回も社外だけど部会に呼んでねーと懇願してさよーならー。ああ、たのしくておいしかった。

今までのつっこみ

つっこみを書く
コメント以外の入力は任意ですので、お気軽に。










名前、アドレスを登録しますか?




※英数字のみでのコメントはできません(エラーになります)
※タグ使用可

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL : http://katie.under.jp/blog/mt-tb.cgi/858