I wake up lying on the dance floor

January 03, 2019

20181222:FINAL SPANK HAPPY presents<MINT EXORCIST> vol. 2@Aoyama zero

限定80名ライブ、死ぬ気(大げさ)でチケット取って行ってきました。
2ndとAfterPartyだけだけど・・・(この日は2回まわしで1stもあって、なんならAfterPartyまでのスパンクハッピー大仕事!)

一言で言うなら・・・音楽的に最&高だった。あといろいろ考えさせられることがあった。
(かなり菊地成孔の沼にハマってる感があるのですが!)

まずは2nd STAGE。時間通りに集合してみたらzeroの前が長蛇の列。iflyerでしかチケット販売してないけど、そのQRコード対応はしてないから、名簿とチケットに書いてある名前を照らし合わせて確認する大変な作業が繰り返されており、列が全然進まない・・・まあしょうがないな・・・と思ってたら、自分が入り口付近で待っている時、なんと菊地なる・・・じゃなくてBOSSが車から降りて入り口に入っていった・・・うわあかっこいい。

そして中に入って待っていると時間が過ぎてもはじまらない。
谷王(テニオウ)が「お客さん全員入るまで始められないんですよ・・・1stで全員入ってないのに始めちゃって怒られた・・・」ってすごいことを言ってたw
うん、わかるわかる、あの調子だと15分は押すね。。。と思ってたら、JAZZ DOMMUNISTERSがスタート。(この日は対バンでした)
全然前知識なかったんだけど、いやあ50過ぎのおっさん2人のヒップホップがやばいとは思わなかったーw
で、この日(世界で)各12枚しかない2枚のアルバムが売られていたのですが、私はあとあとこれを購入しなかったことを悔やみながらitunesで購入しましたw
発売から2年で廃盤とか、もうほんと、JAZZ DOMMUNISTERSはネタの宝庫すぎたw
N/K(えぬすらっしゅけー)さんも谷王も話が面白すぎる。別に狙ってる感ないのにな〜

と思っている間に終了。

次はお召し替えした菊地なる・・・じゃなくてBOSSとODが登場!
いやー近い。80名限定だけある。ODカワイイ。メゾンキツネのTシャツ着てた♡
そしてなる・・・じゃなくてBOSSはFUJIROCKの時の!!!!タキシード!!!
これ好きなの!!!!
もはや知ってる曲名が数曲なのでセトリは書けないけど、今の持ち曲全部やった!(はず)
私はアンニュイエレクトリークが異常に好きだな・・・と自分で思ったw
rinbjoのthe lakeのカバーも良かったし、やっぱりfame(david bowieカバー)もすっごい良かった〜〜〜途中ODのお着替えをはさむあたりなる・・・じゃなくてBOSS。(正直なところ、踊る若い子っていうか、棒立ちのおっさんが多かったので)ステージあんまり見えなかったんだけど、まあまあ満足した。

か〜ら〜の〜AfterParty。
いやーこれ良かった。あんまり期待してなかったけど、谷王のみんな知ってる曲かけちゃうよ〜DJも、森くーんずのイマドキなオーセンティックDJも、よかったんだけど、私の中で優勝はN/KさんのHIPHOP!(そのあとBOSSのニューウェーブもあったけどw)
逐一シャザムってしまった。。。自分の関連曲とそうじゃないののバランスよくかけてた感。
私はここからJAZZ DOMMUNISTERSとRinbjoの音源を買ってしまった・・・
体力の限界すぎて3時には帰宅しましたケド・・・
私の「キャー」が炸裂した動画w


で、菊地成孔氏の音楽への愛の強さゆえの情熱みたいなものがすごくて、ちょっとカルチャーショックだったな。どこまでが本当でどこまでが本当じゃないのかわからないキャラクターを確立していると思うのだけど、この人はなんだかんだ言いつつ、周りがどうのこうのDISることはなくて、いつも前を向いて自分の興味のままに動いているのがいいなと思った。
(そのたびにいつもアンチからああだこうだ言われてもどこ吹く風なところも好き)

2019年はもっと菊地さんのDJとかJAZZ DOMMUNISTERSを見に行きたいな〜(ペペはちょっと敷居が高いけど、DCRPGとかは行けるかな・・・)と思い始めたのでした。

今までのつっこみ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL :