I wake up lying on the dance floor
August 20, 2017
20170818:SONIC MANIA 2017

RSRでの衝撃から約1週間、今回はPANDASオンリー名義だからもちょっと聴かせてくれるハズ。でも1曲でもいいから聴きたい・・・!(RSR行く前から行くこと決めてました)と幕張メッセに開場前に到着したのに、300名弱並んでる!!ええ、まさか全員🐼?と思ったけど、よくよく並んでいる人を見ているとぱふーむさんTシャツが多い。なるほどでーす!と少し安堵。
開場後、すみやかにRAINBOWへ移動(本当にすみません)。ここから1時間半待つのなんて、全然平気なんだから・・・(アホです)
そう思っていたところ、出れんのソニマニのアクトがスタート。いきなり爆音で思わずニヤける。全員イケメン(と言われてるんだろうな〜)で、最初はおっPHOENIXっぽい感じ!?と思ってたけど、結構こちらも振り幅広い系。でもドラムがすごかった。とにかくパワフルだった。このバンドはドラムで成り立ってる感じかな〜と勝手に思った。(でもドラム大事!!)
そのあと、転換。ここでツインドラムであることを知る。しかもBOBOさんじゃないほうのドラムが緑。ってことは〜?
客席は何度か振り返ってしまったけど、徐々に埋まって行った感じ。(小黒さんが袖から何度も見てたですね・・)今回はブンブンの時の楽器周りスタッフで顔がわかる人何人か見た気がする。
で、PANDASスタート。中野さん、BOBOさん、洋子さん(わー)登場。遅れてTK氏登場だった気がする。1曲目からあの興奮再び感満載。いやーほんと踊れる。
(ソニマニ最前列はそんなに横同士での押し合いもなく、後ろもほどよく空いていたので、思い通りに動けた!)1、2曲は初めて聴く曲で、どちらかといえばTK氏のボーカルの割合が多かった気がする(1曲目はかなりEDM感あるアッパーな曲調、2曲目は一瞬、TK氏ソロのリミックス?と思うくらいのボーカルの割合)。で、3曲目、あの始まり方、うわーきたーーーーーーあの曲ーーー!(もはやあの曲でしか言えないタイトル知らず)全3曲でした。
この日の中野さんはRSRに比べればすこしはリラックスしてたようで、MacBookの前から微動だにしないこともなく、適度に踊るし、歌詞口ずさむし、TK氏のほうへ手を何度か向けたし、洋子さんをずっと見てた瞬間もあったし、感覚を取り戻してた感あった。
(ある意味中野さんがライブにノれてるかノれてないかってわかりやすいと思う)
2回目っていうのもあるけど、洋子さん(というよく知ってるメンバー)がいたことも大きいのかなと。
終わってから冷静に考えると、ツインドラム&ツインラップトップってどんだけかっこいいのよ!と。音はもちろんなんだけど、なんかこういうビジュアル的なところもすごくこだわってると思ったり。見た目から他にないでしょ、みたいな。
音ももちろん、完全にテクノっていうかそっち寄りにするのなんていくらでもできるはずなんだけど、人の声と人力のドラム(しかもツインで!)を組み合わせるのがなんというか・・・好き♥ たぶんラップトップだけだと、(主にドラムの)ベース部分が弱いのかもしれない、なー。そういう音作りがめちゃくちゃ好き。
いや、なんだかんだ言っても去年の川島さんのお別れ会で友達と「中野さんだけの音楽活動も時間がかかりそうだよね。。。」と話していたのに、1年もたたないうちにライブが見れるなんて、そして中野さんの笑顔も見れるなんて。中野さんの意志の強さにすごく感謝。それがなければこのアクトは見れなかったと思う。
(ちなみにこの日、中野さんすこし目が腫れてた気がする、そりゃ疲れますよね・・・と思ってしまった)
そんな中野さんのかわいいキャラが戻ってきた気がする昨今。ファンとしてはたまりません。


始まってすぐお目当てが終わってしまった私ですが、そのあとJUSTICE→SHOBALEADER ONE→ORBITALをそれぞれ最初から最後まで見てハァアアアンとしました。
なんだかんだ期待してなかったORBITALが一番好きだったなー(PANDAS以外で)
とても良い一日でした。(&HAPPY BIRTHDAY自分!)

20170812:RISING SUN ROCK FESTIVAL

PANDAS(呼び方は🐼す、なんですね!)のデビューを見届けたい一心で北海道へ向かいました。
1週間くらい前から雨予報でしかなくて、でも前日はそれほど降ってないみたいで・・・
当日、知り合いから届いた連絡では、サバイバル感しかない写真しかなく笑いましたw
で、北海道には早めに到着したものの、ご飯食べたりホテルで仮眠したりして会場についたのは17時半くらい(毎回こんな時間に入りってフェスなめてるわけではない)
入場ゲートをくぐって迎えてくれたのは一面の沼。


いやーほんと、こんなに長靴が役に立つなんて、生まれて初めて知った!
もちろん会場全部がこれじゃないけど、そこはかとない田植え感。帰ってきてみんなに「なにこれ田植え・・・w?」ってもれなく言われましたw
まあね、フェスだからそんなこともありますよね。
知り合いのテントを探して、雑談ののち荷物を置かせてもらい、そのままEARTH TENTへ向かいました。
MONOEYESの最後をテント外からみて、OLD CODEX。うん、世の中にはいろんなバンドがいるもんだ、かっこいい曲からアイドルっぽい感じの曲まで振り幅広め、ファンのみなさまの反応はVっぽさを感じてしまったのですが、どうでしょうか。(まさかヘドバンで一度後ろに引いてから前にのめるとは思わなくて衝撃を受けた&頭突きを受けたw)
からの、PANDAS。前情報が1ミリもなくて、どこで見ればいいの!?という判断もできぬままセッティング前に最前列が埋まってしまいそうだったので、とりあえず空いたところにすぽっとはまった。そののち、ローディーで唯一わかる小黒さんが登場しセッティングを初めた・・・って自分の目の前でしたw ブンブン系で来ているスタッフは(楽器周りだけで言うなら)小黒さんしかいなかったのでは。。。その理由は後でわかるわけですが、この時はわかるわけない。で、見る限り中野さんフォーメーション(ベースなし、ド前向き)&TK氏エリア&ドラム&ベース&キーボード&弦楽器という編成で頭の中が混乱。
そのうちサウンドチェックで中野さんが登場して、ヘッドホンしながら音を確認。ほんとヘッドホンしてる姿とか好きすぎるので、死に寸でした(まだ始まってないからがんばって!)。
でもその時気づいたんだ、目の前すぎて、MacBookのモニタ部分に顔が隠れて、本人の顔が見えないことに・・・w でもサウンドチェック中にモニタを見ている途中、何回か客席のほうを見ている気がしました。(その後アクト中は一切見てなかったけど!)

うええ、ほんとに何が始まるのですか・・・とドキがムネムネして緊張MAXの中、暗転してスタート、BOBOさんと中野さんが登場、もう胸が張り裂けそうでしたが死ぬわけにはいかない。低音ぐあーーーーーっと来て、しばらく続く中、TK氏が登場。そのうち中野ビート炸裂して、知らない曲なのに飛び跳ねてた。これ、好きなやつ!
どんな曲かって説明はできないのですが、思い切りアッパーなやつ。そして中野さんはMacBookの前から微動だにしないし、客席もほとんど見ない。これは緊張しているやつだ・・・とほのかに思いながらも、個人的にはめっちゃ踊れるので、踊ってしまった。
ふと周りを見回すと誰も踊ってない(最前列のみの感想です)。えーほんとこの音で踊らないでいられるの逆にスゲーーー!(いやまあ個人の勝手ですけど)
途中中野さんがTK氏に手を向けてたりしてたかな。
結構長めの曲だったのかな、あんま覚えてないけど、終わった・・・と思ったら、なんと中野さんがフォーメーションを離れていくではないか。本人もド緊張のちの放心状態のようで、しばらくフツーに去っていったけど、しばらくして我に返ったように手を振っていったのが印象的&衝撃的。
ブンブンのライブが6/18にあったとはいえ、かなり久しぶりのライブだったり、なにより初お披露目、その緊張&圧力はすごかっただろうな、、とつい思ってしまった。
個人的には知らない曲なのに、まるで聴いたことがあるような感じで自然に手とかあがっちゃったし飛び跳ねてたし、非常に大盛り上がり。大好きな中野サウンドがまた聴ける〜〜〜っていう言葉にできない嬉しさがすごかった。

PANDASは1曲で終了で、そのあとTK氏のソロステージでした。だからベース(TOKIEさん)&ヴァイオリン&キーボードがあったのか!と納得。そしてローディー1名のみにも納得。

そのあとはシャングリラに移動してD.A.Nからの大沢さん!D.A.Nはceroのような気もしつつ、女の子がスティールパン使いなのにうっとり。気持ちいい浮遊感。
からのagraph。こちらはすごい違和感を強調するノイズばりばりで来た。ちょっとお客さん少なくてドキドキしちゃったけど、我が道を行く感じ嫌いじゃない。そのあとMASARUというDJ、このお方は地元のヒーローDJかな?よく存じあげずすみません。。。ごくごくスタンダードに上げてくれました。agraphからのウォームアップ感あった。
からのー待ってました大沢伸一!なんだかんだ一番好きなDJかもしれない。アーミー的なジャケットはおってサングラスかけた姿はどう考えても日本人じゃなかったけど、そこは。
この時点で1時くらいだったと思うけど、屋根があるとはいえめちゃくちゃ暑くてわたしはノースリーブで踊ってた。外気がたまに流れ込んでくるけど適度な冷房くらいでいい気持ち。
大沢さんのDJて時代に合わせて変えてきてると思うんだけど、毎回好きだと思えるな〜
で、今回は自分のアルバムから3曲流してて、やっぱりというかなんというかラビリンスが一番沁みた。歌詞が別にフレーズ並べ感があるっちゃあるんだけど、その一個一個が心に刺さるというか。
個人的にDJを聴きながら踊ってる時ってまとまらない考えを整理していること(たとえるならPCのデフラグ)が多いんだけど、その合間に刺さる感じで、この後、思わず曲買っちゃった。
大沢さんの間は場所を離れられなくて、卓球氏に変わった後ちょっと抜けて休憩。
さすがに水分補給しないと死んじゃう感。でそのあと戻ってみたけど、う〜んあんまりピンと来ないかも。ということでテントに戻って明け方のくるりをバックに、炭焼き網で焼いたパンをもらう。コーヒーを飲む。日が昇る。わー初めてのライジングサン・・・!
みたいな感じで2017年のライジングサンは結構楽しく過ごしました。
なにより、PANDASね。テントでみんなに「(北海道まで来て1曲とか)完全にレジェンド見届けたな!」って言われたけどw、私は後悔してませんからっw
(そうやって笑ってるみんなだってストーンズがライブやるって言ったら1曲でも海外へ飛ぶでしょうに!)
帰りの空港で銀杏BOYZとシアターブルックを見かけたとか、自分の飛行機が欠航したとか結構最後の最後までレジェンド感はあったけど、自分的には至って通常運転であったことをお伝えします。(すごい眠かったけど!!)

June 28, 2017
そしてソニマニ

ソニマニにもPANDAS出演決定! わーうれしいうれしい。 もちろん行きます。 超個人的な話ですが、この日誕生日!ぶつかったのはじめて!
June 24, 2017
RSRFに行くことにしました

前のエントリーで強く強く願っていたせいか・・・



PANDASってどういう意味?と思う間もなく宿と飛行機を手配し、本日無事にチケットも取れました・・・(バス券も忘れずに。)

どんな音なのか、今からとてもとても待ち遠しい。
中野さんが前を向いて音楽をやってくれるのがうれしい。

そしてMWAMのプロデュース曲が、聴けば聴くほど中野さんのこだわり。

そしてねごとのプロデュース曲。全然違う。素材のキャラクターの差でこうも変えてくるのがすごいなぁと・・・

個人的にはMWAMで顔を出すロックでタイトなほうが、より今まで私が慣れ親しんだ、愛した中野さんの世界観に近い気がするけど、どっちの曲もすごい深い音に仕上げてるところがらしいと思いました。
しかしどっちのMVもダンサーがピンで出てくるんだな・・・そこはあまり好きじゃないかも。(別に曲と関係ないけど)

ああ、今年は2016年よりもっともっと中野さんの活動を目に耳にすることができるのだったら、うれしいな。

June 19, 2017
20170618:FRONT CHAPTER - THE FINAL SESSION - LAY YOUR HANDS ON ME SPECIAL LIVE


昨日のことでした。早く来てほしいけれど、終わるのが怖い・・・そんな感覚でその日が来るのを心待ちにしていた日。
ライブが決まった瞬間から、私の中では「今までどおり、楽しみ切ろう」と決めました。
だって、そこが一番好きでライブに行き続けてきたのだから。

ライブが始まって、LYHOMが流れて・・・その後、全体像として何が起こったのかはよく把握できていません(もったいないかもだけど)。自分の性格上、オトナになって後ろから見届けるということがこのバンドについてだけはできなくて、、、最初から前に行こうとして、気が付いたら2列目。後ろからの圧もすごかった。今までこんなだったかな、、と思い起こしながら、でも東京ってそうだったかも、とか。
そうこうするうちに1列目にいた男性が「お姉さん、譲ります!」って最前列を譲ってくれた。うわああああ。がしかし、柵VS後ろからの圧で内臓出そう感が、、、
とか考えながらも曲はしっかりついていってました。よ。
BACK ON MY FEETとかMORNING AFTERとか、ライブに通い続けていた身としてはいいとこどりのセトリだったんだけど、なによりやるかやらないか賭け感のあったFOGBOUNDが始まった瞬間は、頭の中が真っ白になるくらいうれしかった。
ライブでのあの曲が世界で一番好きだから。
NINEもやったKICK IT OUTもやった、っていうかなぜDRESS LIKE A ANGELであんなに一気に圧が来たのだ?(今までにない展開)とかいろいろあったけど、、、
全部の曲をしっかりと味わわなくてはと思いながらも、結局いつも通り。それが一番楽しいから。

そして、stayが流れた瞬間。イントロのギターだけで涙が止まらなくなってしまった・・・
ライブで泣くことなんて一生ないと思っていて、今回だって大丈夫だと思っていたのに。
やっぱりこの曲は、すべての思い出と一緒に、一生心を刺激する曲なんだな、と思ってしまった。
でも、この曲は最初の出会いから特別だったから仕方ない。

そう、川島さんがこの世にいない昨日ですら、そんなことを1mmも感じさせない音空間で聴かせてくれたんだ、と終演後に静かに驚く。
なにも不自然じゃない、音と声。それはそこに川島さんがいるかのような。
そうやって最後までしっかりと楽しませてくれるBOOM BOOM SATELLITESってすごい、好きになってよかった、と思う。


最後、中野さんがステージ中央に立ててあった川島さんのマイクで最後の挨拶をしてくれた。
きちんとした言葉は覚えてないのだけど、ずっと支えてくれてありがとう、中野さんと川島さんにとってファンは宝物だ、みたいなことを言ってくれて、それだけでも泣けるのに、その後中野さんが泣くから、私まで泣いてしまったじゃないか・・・

そして最後の最後、ステージの上を端から端まで歩いてお辞儀をしてくれた中野さん。
私の前に来た時、一生懸命手を伸ばしていたら中野さんがふとしゃがんで手を伸ばしてくれた。(いや、私以外の人たちも手を伸ばしていたけれど)
もし、中野さんが私を覚えてくれていて、手を伸ばしてくれていたなら・・・
それ以上の幸せなことってないかもしれない。勝手にそう思っちゃおう。最後だからいいよね。

IMG_5022.JPG
そして、アンコールはなく、ライブは幕を閉じました。
終わった時から、すごく大きなパワーをもらったみたいに気持ちがうわっと上向きになるのはいつものこと。
ただ、これが本当に最後のライブなんだと思うと、完全に喪失感しかなくて。。。
今まで長いこと、ずっと夢中で追いかけ続けてきたから、やっぱり言葉にすると「喪失感」。LYHOMのリリースからなんだかんだイベントごとがあって、じゃあ次はここ、次はここ、って目指す地点があったのだけど、今回はそれはもうないから。
すこしずつ、慣れていくしかないのかな、と思っています。
(思い出したら悲しくなるのかもしれないけど、でも日常では、ね)

そして、やっぱり何度も何度も言っているのだけれど、中野さんのこれからの活動に期待しているし、できれば表に出る活動を続けてほしい、勝手な私のわがままなのはわかっているのだけど。。。
それだけの華やかさや才能を持っている人だと思っていて、だからプロデュースも全然ありだと思うんだけど、自分の名前が表に出る活動をやってほしい、そう思います。

ネットで見つけたので、記録として。。

中野さんの最後の挨拶:
「長いこと支えていただいて言葉がありません。本当に BOOM BOOM SATELLITES のことを大事にしてくれてありがとうございました。あなたたちは僕と川島くんが一番大切にしてきた誇りです。これからも僕たちが作ってきた音楽を大事にしてください」

セットリスト:
「FRONT CHAPTER - THE FINAL SESSION - LAY YOUR HANDS ON ME SPECIAL LIVE」
日程:2017年6月18日(日)
会場:新木場STUDIO COAST

M1 LAY YOUR HANDS ON ME
M2 NINE
M3 DRESS LIKE AN ANGEL
M4 BACK ON MY FEET
M5 MORNING AFTER
M6 KICK IT OUT
M7 A HUNDRED SUNS
M8 FOGBOUND
M9 BLIND BIRD
M10 STARS AND CLOUDS
M11 STAY
M12 FLARE
M13 NARCOSIS

November 20, 2016
20161115:MICHIYUKI KAWASHIMA FAREWELL EVENT@STUDIO COAST

20161115_1.jpg
前日は今年一番月が大きく見えたスーパームーン。
そのせいか、月がとてもきれいな夜でした。

20161115_2.jpg
そんな日に行われた「川島道行 お別れ会」。
本当にお別れ、というよりは、自分の中では、いまだ信じられないことへの心の区切り。
何度も何度も言ったし思ったけれど、こんな風に心の区切りを用意してくれるバンドはとてもやさしい。
もしかしたら、こうやってバンドも区切りをつけているのかもしれないけれど。

20161115_3.jpg

人は、生きていればいつかは死を迎えるもの。
そう知ってはいるし、わかってはいるのだけど、このステージを目にしてしまうと、また4人が定位置についてライブが始まるんじゃないかって思ってしまう。
イベント中、涙は出なかった。それは、単に雰囲気に興奮していたのかもしれない。
何度も何度もみたこの風景が、でも形だけなのだというのが一番悲しくて寂しかった。

最後に中野さんが一人ひとりにカードを手渡してくれた。
痩せた、というより小さくなってしまった、と頭の中が真っ白になって。
こんな風に対面できるとは思っていなかったけれど、用意していた手紙とキャンドルを手渡した。
その間も、ただただ笑顔で。

いつもふたりで並んで、ただ仲がいいだけじゃない、すべてを委ねても拒まないような関係だったのかもしれないと改めて感じて。

でも、それでも前を向いている中野さんは、きっともっと大きくなって、“いい男”になって戻ってくる。
私はただ、ただ待っている。

そんな風に思って会場を後にした。

20161026:VMAJ@STUDIO COAST

20161026.jpg
前日になって、ようやく招待チケットを手に入れた。
当日はなぜか妙に緊張していたけれど、中野さんがステージにあがって、手にした紙に書かれたコメントを読んで、その後。「これから自分の音楽もやっていこうと思っています」その言葉を聞いた瞬間、涙が止まらなかった。

そんな日でした。

October 19, 2016
新しい動き

前を向いて歩いていこう、というわけではないのですが、単純に中野さんが手がけるプロデュースワークものの情報が出てきているので、聴ける分だけ聴いています。

■ねごと「アシンメトリ e.p.」ティザー

New e.p.「アシンメトリ e.p.」
2016.11.9 in stores!

【初回生産限定盤】KSCL 2792-2793 ¥2,500+税(¥2,700 税込)
DVD:LIVE & DOCUMENTARY 〜NEGOTO 5th Anniversaryお口ポカーンフェス?!特番〜

【通常盤】KSCL 2794 ¥1,389+税(¥1,500税込)

■もう戻れない。ハイレゾ級ワイヤレス。 MAN WITH A MISSION編:WALKMAN x h.ear on Wireless NC【ソニー公式】

発売未アナウンス。

ということで、もはや10秒単位でしか聴けないわけですが!
でもでも、ねごとはLYHOMの流れを汲む感じかなぁ〜と思ってたけど、もうちょっと中野さんらしさがあるというかなんというか。(LYHOMは川島さんの歌の限界もあったんだと思うー)

で、先日解禁になったばかりのMWAM。
これサビしか聴いてないくせに、一気に「中野さーーーーーーーーーーーーん、たしかにーーーーーーこれだこれーーーーーーーーーーーーー」とテンションが上がってしまった私。(毎回すみません)

いや曲のライティングは別の人だと思うけど、この疾走感&ひっかかってくる感じ(良い意味で)が、私の中の中野さんLOVEスイッチを一気にONにしたわけです(またどさくさに紛れて)。

うれしい。ただうれしい。

そして、この2曲から私が感じたことは、どちらとも“希望”にあふれた曲になっているということ。
LYHOMもそうだったけど、あの曲は個人的にフラットに見れてなくて、、、

いずれにしても、これからの中野さんの動きにしっかり着いていきたいと思ったのでした。

October 11, 2016
自由に羽ばたいてほしい日

今日、お昼にアナウンスがあった通り、川島さんがこの世にいなくなってしまった。

毎回こういうタイミングはいつも仕事中のデスクで、去年の最後のライブを告知するニコ生だって、そのライブのキャンセルだって、今日もそう。
いつも表には出せないけど、キーボードを打つ指が震えて、チェックしている原稿の内容がひとつも頭に入ってこなくなってしまう。

冷静に、冷静にいようと、仕事中はただそう思って。
その間、涙ぐむ瞬間はあったものの、泣いたりしなかった、できなかった。

家について、ぐずぐずと泣いていたけれど、涙腺が崩壊したのは「stay」を聴いた瞬間。
一番好きな曲かもしれない。
一時期離れていた時、偶然行ったライブで耳にして、そこから心にぐさっと刺さったような曲で。
歌詞を見ながら聴いていたら、本当に涙が止まらなくなってしまった。

そうか、この声で話す瞬間や歌う瞬間をもう見ることができないのか。

まだきっとちゃんとした現実を見ているわけではないと思う。
私よりもっともっと悲しんでいる人がたくさんいると思う。
だけど、やっぱり悲しい。

でも正直なところ、ライブがキャンセルになったあたりから、中野さんが最後のレコーディングになるかも、とつぶやいた2015年末くらいから、歌えないまま日々を過ごすことって辛いんじゃないか、川島さんにとって、何かを取り上げられてしまったような日々なんじゃないかとぼんやり思っていて。

中野さんのコメントにもあったけれど、不自由な体を抜け出して自由に魂が羽ばたいていてほしい。
聴きたかった音楽や、観てみたかったライブ、会いたかった友達、行きたかったところ・・・
全部をゆっくりと味わっていてほしい。

そんな風に思った一日でした。

そして、こんな時に思い知らされる、やっぱり一番大事で、一番好きで、きっとそれはこれからも変わらない。
そんなバンドだったんだなって。

そして、中野さんのこれからを、いつまででも待っていようと、そう思っています。
川島さんとはまた来世できっと会えると信じています。

September 23, 2015
2015823@WILDBUNCH


このあたり、トウキョウはなんだか急に夏の速度を落としていたのに、山口にたどりついたら、真夏日だった。
山口なんて、フェスがなければ絶対に行かなかっただろうな〜
なんて思いながら、7時半前の飛行機で向かう(死)
でも、山口ゆきの飛行機なんてそうそう飛んでないから、乗客にはワイルドバンチ目当てと思われるぴざおぶですTやら、わんおくTやらであふれていました。
ちなみにここで初めてスターフライヤーに乗ったのですが、おしゃれで快適で驚いた。機会があればまた乗りた〜い!

山口に到着してすぐに会場へ。
初めてのフェスですが、会場が公園ということもあってとてもキレイでちょっとテンションが上がる。
ただ、その分日陰がなくて、真夏日はかなり厳しかった、、、
ブンブンサテライツは13時すぎだったので・・・とタイムスケジュールを見ていたら、片方のステージの2バンド目ということに気づき、わたしはそのままTOTALFATへ向かうw
フェスを頭から観たのなんて初めてだ!(初めてばっかり)

TOTALFATはなにげに初見。普通に激しいライブでしたw
しかし11時の段階で焦げるように暑い。熱い。痛いくらいの紫外線。
これはやばい・・・と思いながら、最前列が取れたのでそのまま待つ。
ここで気づくべきだったのですが、Tシャツのままで待っていて、こんがり焼けました。
泣ける。
しかし夢番地のオーディエンスに対するホスピタリティは素晴らしく、散水してくれたり、ステージと客席の間に業務用扇風機置いてくれたり、救われたー
そんなこんなでブンブンサテライツのスタートです。
LMXがとてもよかったから期待していた通り、ワイルドバンチもとてもよかった。
とにかく、去年の夏フェスもとてもよかったけど、今年のFUJIROCK以降の夏フェスはひとつひとつとても良いライブだったと思うのです。
セットリストはLMXとほぼ同じ、でも最後だけKICK IT OUTに変えてきた感じ。
FUJIROCKの時の衣裳をベースに、中野さんがカーキのタンクトップを着ていてキュンとなったものです。(ていうか中野さんしか、見てないこの人)
終わった後、川島さんが一言「ビールでもいいから水分補給してね!」と言うくらいには暑かった。

ただ、LMXの時から、ライブが終わった後、すごく笑顔で客席を見てくれて、それはすごく良いライブだったからなんだろうなとその時は思っていたものの、のちのち「あー・・・」と思うことになるのでした。

ブンブンが終わった後は、水分補給をかなりして(うっかりライブ中、ペットボトルを切らしてしまい、本当に死ぬかと思った)、休憩した後、遠くからワンオクみたりなんだりしましたが、スカパラとブラフマンは真ん中くらいまで行って見た。

スカパラは奥田民生氏登場で驚く。だけどもともとここUNICORNが出るはずだったのですね・・・
とにかく知らない曲がないのがスカパラのすごいところだなぁーと感心しました。

ブラフマンはすごいファンってわけじゃないんだけど、ここのところフェスでは見てしまう。
TOSHI-LOW氏のMCが好きかもしれない。
いや、曲も好きだけど、、、
(おそらく)同級生なので、思うところとかすごくわかるし、考え方がなんだかんだ言っても大人なんだよな〜それをなんというかフェスを観に来ているお客さんにグッとくるようにかみくだいて話すところが、とても頭が良いと思うし、そういうお客さんが元気になれるような話をしてくれると思ってみているところがある。
自分の立ち位置とかちゃんと理解して、そこに対する期待を外さないというのも、人の前に立つ人の役目なのかもしれないなぁ・・・などと思いつつ。
ホント、こういう場所ではそういうことをついつい考えてしまう。
アーティストって曲以外のパーソナルも含めて惚れられる存在なんだなーと。

もちろん、私が一番惚れているのは、ブンブンサテライツなのです。
だから、フェス途中で中野さんのツイートが入った時は、泣きそうになった。
何も具体的に言われているわけではないけれど、今まで感じていた違和感も含めて、私も心が張り裂けそうになった。
そこから、心が落ち着かない日々が始まったのです。

20150820@LMX2015

IMG_3004.JPG
個人的に8月は多忙を極めており、この日発熱しておりました。
でも、向かったのだよstudio coastに・・・

友達と新木場駅で合流。
ツアーぶりだったので、なんだか新鮮!
そのまま会場へ向かう。

今回のメンツはとにかく若かったな〜(と思うのは世代か)
外のロッカーめちゃ混みだったけど、中のロッカーガラ空きでした。なぜ?

ちょっと話したりなんだりしてからアリーナで待機。
きゅーみりあたりから見ておりました。
バンドマンの髪型みんな似てるけど、ああいうの流行ってるのかな、とかいろいろ考えながら・・・
でもやっぱりきゅーみりのバンド名ちゃんと言えねえ!きゅーみりぱらべら・・・?
でもきゅーみりのファンのみなさん、いい人たちだった!(みんな大学生くらいだったけど)

そして(ふらふらしながら)待ち望んだブンブンのスタートだ!
MOMENT I COUNTで始まったのですが、友達が「この曲なにーーー!?」と隣で叫ぶので、「もめんとーーーーーー」と返した記憶がw アレンジによっては分からない時ありますよね、ブンブンのライブ。
この日は、やはりイベントなので持ち時間それほど長くなかったのですが、FUJIからのブンブンのいい流れをきちんと汲んでいたと思う。
なんとなーく、ブンブンって(ライブに関しては)波に乗ってる時と、そうでない時があって、今年の夏はFUJI以降が波に乗れた!感がすごくあったと思う。
そういう時って、持ち時間が短いとか長いとかもはや関係なくなってくるのが、ブンブンのすごいところ。
お客さんの集中力をいきなりスイッチオンにして、そのままひっぱっていってしまうような感じで。
で、最後がFOGBOUNDで、かなり嬉しかったのです。
でも、だがしかし、発熱していたせいで、ぜんっぜん足に力が入らなかったのですよ、、、不覚。

さらに、終わってから本人たちが客席と握手してくれた。
私、最初川島さんとはハイタッチできたものの、中野さんと握手できなくて、いやーーーと思って思わず名前を呼んでしまったwら、握手してくれた。

この時、ちょっとなんか違和感があった、というのは後から思うからかしら。
ステージが近いからといって、こんな風に握手とかしてくれることって、ツアー以外ではめずらしいなと感じていました。

で、帰り道、ツアーで顔見知りになった男子と一緒になり、そのままご飯へ。
お互い思ってることを話してみたら、みんなそうかーそうだよねーみたいな気持ちでいっぱいになった。
いろいろね、思うところあるんですよ。

20150724@FUJIROCK FESTIVAL2015

IMG_2940.JPG

この日は、2015年のフェスの中でも一番のアクトだったと思う。

朝イチで東京を出発して会場に入ったのは11時頃だったはず。
やっぱりフェスって入場に時間がかかるー
グリーンステージの丈青氏とタブゾンビ氏だけはしかと確認した。

そこからところ天国でぼーっとしたり、ウロウロしたりしながらお昼頃やっと友達と合流。
毎年富士に来ている友達曰く「今年は天候に恵まれている」日だったそう。
(晴れすぎず、雨すぎず・・・でも私、ものすごく日焼けしましたw)

で、友達とごはんを食べながらInterFMのブースへ向かい、ブンブンの生ラジオ出演をウォッチ。
(友達の旦那氏に「イケメンだからなぁ・・・・」と言わしめた女子の多さw)
個人的に映像に撮りたいと思うほど、中野さんの仕草がかわいくて・・・(以下略)
近かったし、うれしかった一件です。

そして、それからなんだかんだで一人でホワイトへ向かう。
(もちろん友達とは別行動)
ひとつ前の「JOEY BADA$$」からスタンバイ。個人的にはみんなAPEを着ていることがすごく気になって、やはりNIGO©さんとつながっているのだろうか、ということに頭を悩ませておりました(どーでもいい)。
頭を悩ませつつ、真ん中くらいで観ていたのですが、途中でモッシュ的なサムシングに押し出され一気に最前列に。あれー。(ブンブンまだです)
そして、「JOEY BADA$$」が終わり、ブンブン待ち。
ぼけーっとステージを見ていたら、知った顔・・・。知り合いのローディーが富士でローディーしてましたw。そんなことはどうでもいい。

さて、いよいよブンブンがスタート。
セットリストは忘れましたが、フェスなのに、5月のツアーを再現したようなセットリストでとにかく感動した。
衣裳も特別に用意していたくらい、本人たちの意気込みが全然違ったのもあるだろうし、FUJIが用意してくれた時間も長めだったし、いろいろないい条件が重なったのもあると思うけど、オープンエアーの環境で、あのセットリストと雰囲気が体験できたことは一生忘れないと思う。

そう、なによりFUJIでのSTAY、夢にまで見ていたから、生で聴くことができて本当に幸せだった・・・

ブンブンが終わってから、「ROYAL BLOOD」をみたり、「FOO FIGHTERS」をみたり、からのレッドマーキーののち、しばらくぶりのハマー氏と某CS局のお方と音楽話ができて楽しかった!
でも、その時、同じオアシスに本人たちがいたなんてね〜
探そうと思えば探せたかもだけど、会えなかったのもこれまた運ということで。

深夜のバスにて帰宅。みんなから「ちゃんと帰れよ〜」と心配される大人・・・w
でも、正直宿泊したかった。そして翌日新幹線で帰りたかったYO!

20150719@JOIN ALIVE

IMG_2911.JPG

20150606@百万石音楽祭2015

IMG_2785.JPG

June 18, 2015
FRONT CHAPTER vol.4@仙台Rensa

20150531.jpg

2015/5/31

あっという間の千秋楽。
前日夜、北海道から飛行機で移動してきたのだけど、とにかく眠った。
ホテルであんな眠るなんて初めてじゃないだろうか。
疲れてたのねー

この日も80番台でそこそこの整理番号でしたが、さすがに最前列は無理だったな〜
ちなみにロッカーが会場の中にしかなかったので、最寄駅(地下鉄)のロッカーに荷物を入れて会場へ。まあ、この番号ならそこまでしなくてもよかったかな〜くらいな感じでしたが!
ゲストはthe birthday。こんなにファンが被るものとは思ってなかったワーというくらい、めちゃくちゃ2バンドのファンな人が多かった印象。へー。
たぶん、全ツアー通して一番多かったんじゃないだろうか。
ちなみに私は初見でした。みている間ずっと思っていたのが、「伝説ってこういうことか」ということ。
たぶん、キャリアとしてはブンブンとthe birthday(ていうより、チバさんですかね。あんまり詳しくないから違ってたら申し訳です)ってそれほど大きい差がないとおもうんだけど、完璧なこだわりとかが伝説感出してた気がする。ファンの人の期待に絶対応えるというか、いい意味で変わらないものがある感じ。
どうしても比べてしまうのですが、対するブンブンは新陳代謝とか細胞分裂をずっと続けてる感じ。
だから、伝説とはちょっと違うし、ファンが望んでいるものに絶対応えるタイプではないかもしれない。(私はそこが好きなんですけどね!)
そんなことばっかり考えてしまった。

そしてブンブンが始まって。THE千秋楽!という感じはあまりなかった気がするなー
この日、あんまり記憶がない。箱のことも、ライブのことも。
いや、楽しかったし、むちゃくちゃ汗だくになったんだけど、すごくはっきりした記憶がない。。
でもきっと楽しかったんでしょう。

最後、川島さんとヨーコさんとカンジ氏がステージを降りて、みんなと握手とかしてたのは覚えてる。
川島さんが「近い!近い!」って笑いながらしてくれたハイタッチ、うれしかったですw
あと、握手求められたヨーコさんが「手、べたべたしてるからー・・・」ってどーしよってしてる声も聞こえた。(札幌だったっけなー?)たぶん、手べたべたしてても全然大丈夫だと思います!

この日はサイン会にも参加せず、おとなしくホテルへ帰りました。
で、ツイッターで中野さんがアップした写真と内容に衝撃・・・!
そこ私が最初に予約してたホテルですからーーーーーーっ(ホテル名は伏せさせていただきますよ)
福岡の飛行機に引き続き、あやうく同じホテルに宿泊してしまうところだった。。。
あぶないあぶない。。。

今年はいろいろ条件が揃ってツアー全部に行くことができてすごくラッキーだったなー
来年はそんなこと、仕事辞めなきゃできないわぁ(今年は仕事辞めなくてもできましたw)

どこも毎回楽しかったし、これは中野さんにも勢い余って手紙を書いてしまったくらいなのですが、「STAY」が今回のセットリストに入っていて本当によかった。好きを通り越して、私の人生においてとてもとても大切な曲だから。そんな曲を8回もあのセットリストで聴けるなんて幸せすぎた。

これからもいっぱいライブがみれるように、私ができるやり方でバンドをサポートをしていきたいなと改めて思いなおしたのでありました。許される限りの長い間、ブンブンサテライツを見ていたい。です。

FRONT CHAPTER vol.4@札幌cube garden

20150529.JPG

2015/5/29

半月以上経ってしまったけれど、まあこれは自分の備忘録なので。
札幌はなんと!整理番号が9番だったという・・・!もうチケット発券した瞬間から、ドキがムネムネしていたのは言うまでもありません。

とはいえ、札幌に到着してまずはお寿司。「町のすし家 四季花まる」というお店がPASEOにありまして、直行ですよ直行。すごい安くてやっぱりおいしい。魚介大好き!!!
そんなこんなしていたら、お約束の16時半(もはや身体が覚えるレベルの物販スタート時間)が近づいていたので、会場へ。
札幌駅からちょっと歩くけど、全然徒歩で行ける範囲。
ここまでの会場でCDが届いてない事件とかいろいろあったけど、札幌は普通に16時半からCD販売していたし、サイン会参加券も無事取得。はー一安心。
しかしcube gardenはすごく新しい箱だったので、意外でした。
大通りはさんで向こう側にすごくそそるカフェ(古民家というか、そんな建物の)があったのだけど、気がつけば開場時間が迫っておりまして、ロッカーに荷物投げ込んで列に並びました。だって、整理番号死守したかったのですもの・・・。(しつこい)
※ちなみにロッカーは会場外にありますので、開場前に入れられるのがうれしいポイント。

というわけで、最前列に無事おさまる。
しかし、ステージ低いし、めちゃくちゃ近い。これは前代未聞の近さだ・・・!と震えて待っておりました。
THE NOVEMBERSが本日のゲスト。
中野さんが直前レコメンをツイッターでするものだから期待は高まる。
んで、始まるとともに久々の轟音ー。曲は嫌いじゃないでした。なんとなく中野さんが好きだという理由もわかるかも、、、うねりというかなんというか、頭1〜2曲がゆら帝ぽさもあり。わりと集中して観ていたんだけども、足元のエフェクターを曲ごとに調整している間にどうしても集中が切れてしまって、んーなんというか(個人的に)盛り上がり切れないところが残念だな、、、と思ったり。ま、ここは人の好みですね。

そしてブンブンがスタート。
いや、わかってはいたけど近い。近いでしょこれ。
そんなのもあって、とにかく楽しかった!バンドも楽しげだった気がするなあ。
セトリとして嬉しかったのは、BACK〜をやってくれたこと!富山に続いて、完全にテンション振り切ってしまった。(いや、毎回FOGでいろいろ飛ばしてるんですけどね)
それと、私目線で言うなら、中野さんの投げキッスがツアーで初めて登場したのと、最後、中野さんがぎゅっと手を握ってくれたのと、川島さんがハイタッチしてくれたのが嬉しかった。
あと、すごいすごいうらやましい!!!と思ったのは、一眼レフで写真撮ってた子の手に、ギター弾いてる途中、中野さんがぺろっと触ったこと。いいないいないいないいないいないいなと一瞬で思った私。あんなんされたらとりあえず記憶飛びますねw

そして、このツアー後半から思ってたことなんだけど、中野さんがギターを顔で弾く感が強くなってきたなーと。前はわりとクールに弾いてたんだけど、ギタリスト感出てきた。(ベーシストです)
そしてこのツアーでのKICKのベースにわりと注目してたんだけど、この札幌からまたちょっと違う弾き方投入してきて、おーそう来るかーなどと思っていました。
いずれにしても色気のある音というか弾き方で好きです♥

あと、最後の最後、川島さんが私の友達に笑顔でタオル手渡してくれた!
なんて素敵な笑顔〜〜〜2005年頃の私だったら発狂してたよねw
さらに、そのタオルをもらってしまった・・・!いろいろ理由がありまして、あげるって。(無理にもらったんじゃないんだからね!)
タオルとかピックをゲットできたことないから、とりあえず扱いに迷って、今のところ洗わず保管してます。この梅雨でカビが生えないよう祈ってます・・・。

そしてライブが終わった瞬間、後ろにいた方(多分)に、「すっごいかっこよかったです!」となぜかほめられてしまった。あ、ありがとうございます・・・褒められて伸びる子ですw

その後、もちろんサイン会に参加したのですが、札幌は結構人数いましたねー
グループごとに区切ってくれたのがすごく親切だなあと思ったり。
ここで「ツアー7回目です!わーい」とアホな発言をしたところ、「へー・・・」と中野さんに軽く流されてしまった私w 中野さんのいじわるー(と心の中で思ったのはナイショです)
その後も中野さんに一生懸命食いついていたけれど、「最近のipodってこんなんなんだー」という言葉とともに、私のサインは川島さんに流され、気づいた時には「А北海道」と書かれていたw
「だって、7回目だから・・・」と川島さんに言われて、斜め45度の展開に衝撃。
いやーほんと、ブンブンサテライツには毎回なごみますなぁ。。。

そのあと、友達とジンギスカンを食べに行き、そのままダイニングバーで深い話を。
いやツアーで5回しか会ってないのに、ここまで気が合うのは奇跡かもしれない、、、
こんな出会いにも感謝しながら、北海道の夜は更けていったのでした。

<翌日>
モエレ沼公園に行った。
水を使う施設はすべてメンテナンス中だったのだけど、とにかく広くて緑がすごくていい気持ちだった。
札幌から電車とバスで行けるのもよかったなーまた行きたいです。

May 25, 2015
FRONT CHAPTER vol.4@渋谷クラブクアトロ

20150520.JPG

2015/5/20

個人的に言うなら体調最悪の地元渋谷w
完全に自業自得でしかないですね。
でもやや治りの状態で参加です。
そうそう、この日はエレベーターでカンジ氏とばったり遭遇。
エレベーターを降りたのち、「楽器屋に・・・」と言い残して去った、非常にいい人でした(なぜ、いちファンにそこまで律儀にw)

この日は、地元ということもありまして、サイン会には参加したいなーと思ってたんですけど、やはり開場後の販売と言われてまして。この日は整理番号も遅かったし、じゃあ開場始まってからCD買おうかしら、、、と思っていたら、開場直前にサイン会希望者だけ先にCD販売というなんともカオス(いや、でもすごく助かったんです、はい)な展開で、CDをフロアに持ち込まずにすみました。
ってサイン会のこと気にしすぎだな、私・・・。

番号遅かったけど、卓球氏は見たかった!
ということで、5列目くらい?に滑り込みました。
うん、卓球氏の時はゴキゲンな感じで踊れました。たーのしい。

で。卓球氏が終わった瞬間。人が前へ前へ。なんだこの騒ぎ。と目を疑うほど。
すごかったなー。
ちょっと身の危険を感じて後ろに逃げたのですが、ブンブンが始まったらこれまた前にぎゅーっと人がモッシュしていったので、それに乗っかって前に行ってみました。
が、想像以上にひどかったなぁ、、、みんな飛ぼうと必死なんだけど、左右にぐーらぐら揺れていて、なんだか見たことのない動きになってた。。。
ちょっと巻き込まれたら危ない気がして、また後ろに逃げてしまったw

客席レポをしたいわけではないのだけど、そんなわけで全然見えず、動けないところでのライブでした。まあそこも自己責任。

しかし最後のSTAYはツアーで一番深いところに刺さってしまった。
なんであんなに心に響いたのかな、、、

そしてサイン会では自己嫌悪に若干陥ってしまった・・・まあ本人は何も覚えてないと思うんですけど。
どこかでまじめに感謝の気持ちを伝えたい、とそこからずっと思っていて。
いろいろと気持ちがなんだか動いた、そんな渋谷でした。

FRONT CHAPTER vol.4@富山MAIRO

20150516.JPG

2015/5/16
大阪の夜あたりから変な咳が止まらなかった私。
富山までには完全なる病人にまで進展しました。
でも、ライブ諦めないっ!←迷惑

ということで、飛行機でブーンと行ってきたのです。
(ここで北陸新幹線を使わないあたりあまのじゃく)
いや、しかし、このスケジュール結構大変ですね・・・

個人的には、今のところ富山が一番楽しかった♥
ゲストは80KIDZでした。これまた初見。見てそうなんだけど、見たことなかった。
なんとなく、DEXみたいな感じかなーと思ったらフツーにバンドだった。
そして上手と下手のメンバーの雰囲気の違いに驚いた。
と思ってたら、ベースとドラムの方はサポートなんですね。にしても、真ん中でくっきり線が引けそうなっくらいの違いでしたよ?ちなみに上手側のギターの方はフュージョンとか好きそうなフレーズがちょいちょいありましたな(超個人的感想)
サイトを覗いてみたら、大沢さんとかDEXもリミクスしてた。
なんだかんだ書きましたが、ゲストで一番踊った! 一番好きな音楽だった!(あ、いや、卓球氏はまた別)

そしてブンブンがスタート。というか、今回見てる限りスタッフの数がかなり絞られていて、80KIDZからの転換に時間がかかっていたようで、、なんならPAやらマネージャーやらスタッフというスタッフが総動員で転換してて、終わった瞬間にブンブンが始まるという。。思わずこちらもドキドキしてしまった。
この日も整理番号が良くて(何の運を使い果たしているんだろう)最前列にいたのですが、結構最後までよく踊れて。要するに自分が好きに踊れるかどうかが、私の楽しかったの基準なのだろうか。なんと自分勝手な・・・でもいっか。ライブなんてそんなものですよね。
あと、自分の目の前にモニタが2台ドドンと並んでしまって、始まる前どう考えても自分の前に中野さんは来てくれないなーって思ってた反面、前に出て煽る時、ちょいちょい来てくれて、すごく近かったのも嬉しかった。地声もよく聞こえたし、こんなことはあんまりないなーって。

あと、この日ものすごく嬉しかったのが、BACKをやったこと。
5公演目にして初登場。イントロ始まった瞬間、ほんと好きだわこの曲わたしーーーーーーー!って思ったし、すごく興奮した。いやーよかったよかった。
そして、うあーって手をあげてて、気が付いたら中野さんのギターにめちゃくちゃ近くなっててハッとしてしまった。

それと、最後の去り際あいさつの時、川島さんにハイタッチ(思いっきりぱちんってされてちょっと痛かったw いやそれでも嬉しいw)をしてもらえたことと、「中野さーん」と声を振り絞ったら、自分と反対側にいた中野さんがすーっとやってきて手をぎゅっと握ってくれたこと。(はい、思い込み大事)

全体的に川島さんのMCグダグダだったしw(富山に9年ぶりに来た、あっ、2012年に来てたか、あっ、ワンマンでは9年ぶりか、あっ、今日対バンか、という間違いごとに中野さんが「カワちゃん、違う違う」的に肩を叩きに来たのが面白かったw)、ふたりともイヤモニの音量上げて!と訴えてたりと、いつもと違うシーンをいっぱい見れたのが、なかなかない感じでよかったなぁ〜そんな時でもライブ自体はめちゃくちゃカッコイイこのギャップが、ブンブンの魅力だと思う!

ああもう胸いっぱいなんですけど!
と思いながら、体調はボロボロのままバスで帰路についたのでありました。
(もちろんその後体調を崩したことは言うまでもあるまい・・・)

あ、そういえばスタバのコンセプトストアにも行きました。気持ちいいとこでした!
富山環水公園店

FRONT CHAPTER vol.4@梅田クラブクアトロ

20150514.JPG

2015/5/14

そして大阪。昨年は来れなかったのでうれしい!特に今回は整理番号がものすごくよかったので超うれしい!(そこか?)

着いた途端に雨降り。えーそんな天気予報だったっけ?と思いながら傘を入手。
この日から、グッズは規定時刻に販売スタートだけど、CD(要するにサイン会参加権)はいつから販売するか不明な日々がスタートするのでありました。
いや、別に全部参加しようだなんて思ってませんでしたけど、名古屋での人数がとても少なかったのと、時間がとにかくなさそう(ハコの撤収時間かなー移動かなー)だったので、こういう風に制限してたのかなと思いつつ、それでも全ての会場で(おそらく)サインしてくれようとしてくれてるふたりはやさしいな、と。

今回は整理番号がよかったので最前列へ滑り込めました!わーい
そして、tricotを見る。やっぱりtricotの時はみんなおとなしい。名古屋も大阪も。
でもtricotは名古屋に比べたらこなれていて、キュートな一面が出ていたのがとてもよかったと思いました。最後は私も手をあげてわっしょいしてましたw 考えてもみれば、自分たちを知らない人たちが多数の中でライブやるって結構気合い要りますよね。偉そうだけど、よくやった!と思いました、ええ。

そして、ブンブンがスタート。
昨日の圧を思い出し、今日はどーだろーと思ってましたが、意外や意外、そんなに圧もなく楽しめました。これはうれしかった。完全にこの辺、運だなぁって思ったり。
そしてこの日から中野フォーメーションは前を向いた!(ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・)←何の音w
基本的に中野さんを見てるんですけど(すみません)、NINEの時の表情がなんともいえなくて、ちょっと不安になってしまったりしたんですが、そのあとは全然普通で、あれは一体なんだったのかと。。

いやでもしかし、いくら圧がかからない大阪といえども、FOGであんなにアゲられてしまってはあかんですね。後半から一気につぶされた。
いやーでもしょうがないよね、気持ち駆け上がるのわかります。
最後、自分のツイッターを見ると、どうやら中野さんに手をぺろっとできたみたいw
川島さんの手をつかんだのは覚えてる。もう、なんていうか触りたいだけみたいになってる。
別にそうでもないんだけど、あれですね去り際のあいさつの時って、なんだかそういう気持ちになっちゃうんですよね、、、(言い訳)

終わってから、大阪らしくお好み焼きを食べてホテルに戻りました。

FRONT CHAPTER vol.4@名古屋クラブクアトロ

20150513.JPG

2015/5/13

昨年も来た名古屋クラブクアトロ。
でも中入るまでは全然ピンと来なかったです、場所。
とにかく暑い日だったことは覚えてます。。。

近くのカフェで時間をつぶして、16時半に会場へ行ってみる。
グッズ&CD販売の列がすでに出来ていてびっくりー。
この日までは16時半からグッズもCDも販売していたのですがー。

そしてこの日、整理番号は普通(とはいえ100番台頭のほうなので、贅沢ですな)だったので、2列目とかだったのかな。tricotを初めて、ほんとに初めて見ました。ていうか今回ゲストの方々を予習なんてことは一個もしてないんです。そんな時間もなかったし、初めて見るインパクトを楽しみたいところもありました。
正直tricotは、難解だしとっつきにくいなーって思いました。(本人たちもそう言ってたけど・・・)ただ、最初からギターの人の演奏がキラキラ光ってて、これはすごい、と釘づけになってしまった。
なかなか女の子であれだけ弾ける人っていないんじゃないかなぁ。。。って別にガールズバンドや女の子のギターちゃんに詳しくないから勝手に思っただけですが!
この変拍子は好きな人はほんと好きなんだろうな〜〜〜

そして、ブンブンがスタート。本当に印象深かったのは、2曲目からすごい圧がかかって、そこから最後まで全然身動きできなかったということ。これは個人的に結構ストレスだったなぁ・・・

ライブ自体は、九州までの2公演とはまた違っていて、特にBLINDBIRDの終わりのアレンジはここからまた全然変えてきたんじゃないかな。
すこし間があくだけですごく変えてくるのが毎回驚きだし、いい意味での裏切り感でゾクゾクしますね。
そしてここまで中野さんフォーメーションが真横を向いていて、中野さんの動きがわりと見えてたんですが、ほんと踊ってる。もう見てて嬉しくなるくらい踊ってる。のが非常によかったです。にやにやしながら見てたかもしれない私。←気持ち悪い

そして、毎回セットリストもちょいちょい変えてくるのも気が抜けませんね。
もちろん名古屋のセットリストなんて覚えてないんですけど、、、w
終わった直後は、あれがなかった!とかこれ入ってた!とか思うくせに、メモったりしようとしないという。まあ、自分の気持ちの変化を覚えておくくらいでよいかと思ってるからな〜役立たず〜w

終わってからサイン会に参加し。思い起こせば個人的にこの日は、中野さんに自分の名前を書いてもらえてとっても嬉しかったようです(広島ではすっかりそんなこと忘れてた)
終わってからそそくさと風来坊に行ってご飯を食べ、翌日はひつまぶしを食べてから大阪へ移動という素敵な名古屋でした。(名古屋ってあんまり来ないからたまにくると独自の食べ物が食べたくなる)

May 10, 2015
FRONT CHAPTER vol.4@福岡DRUM LOGOS

20150506_1.JPG
ということで行ってきました2日目。
福岡何年ぶりだろう。でもやっぱり空港からも市街地が近くて便利!
ホテルが箱から激近でして、すごく便利でした。

この日のゲストはFACT。やっぱりはげしかったけど、自分がすきな音だったので、全然へーき。ていうかこのなんていうんだろうなー空中に浮いてるみたいな、独特のボーイズ感がたまらん。
あとボーカルの人がとてもタイプでした。(そこ?)いや、もちろん中野さんが一番すきですよ、もちろん。あとダイバー大量。最後の女の子のダイバーがほんとに下手で(すいませんね)、顔半分ズルル・・・と行かれてしまったのだけど、マスカラが落ちてなくてすげーこのマスカラと思いました(そこか)
とはいえ、やはり終わってみればボロボロに。そのままブンブンスタート。基本的なセトリは1日目とおおむね変わらず。ただヘルタースケルターがDIVEに変わったかな?ちょっとずつ変えてるのかもしれません。
この日のSTAYで中野さんが口に手を当てて、涙ぐんでいるのを見てしまい、私も泣きそうになってしまった・・・。あと、目の前の人が手渡しでピックもらってるの見て、やーーーーーすごいーーーーうらやましいーーーー私もーーーーーーと激しく思いました。手渡しって!どーよそれ!
で、でも、私も手さらっと触れたもんね。。。(いやむしろFACTボーカルの人のステージダイブしてきた時のほうが触ってるっていう)
川島さんがMCで、明日どうなるかわからないのは僕だけじゃなくてみんな同じだから・・・という話をしていたのにとてもしみじみした。
そういえばこの2日間でステージ以外にもカメラが回っていたので、のちのち映像化されたりしないかな〜などと淡く期待している次第です。

この日はライブを待ってる間に仲良くなった子+その子が連れてきた男子2名と、ライブが終わってから箱の2件隣くらいの飲み屋で延々飲んでました(私以外)。お店のBluetoothにつないでもらって、お店のBGMをブンブン一色にしてみたw 他のお客さん全然ファンとかじゃないのにw
あー楽しかったなー

<おまけ>
20150506_2.PNG
帰りの飛行機がメンバーと同じで驚いた。中野さんに声をかけて握手してもらいました。ひー。
まあ詳細はアレなんですけど、すっごい偶然が重ならなければ、同じ飛行機だと気づくこともなかっただろうな〜と思うと震えます。最近人前で話しても声が震えることなんてなかったんだけど、この時ばかりは声が震えてて、自分でもあらら緊張してる〜と思ってしまいましたとさ。
またどこかで会えるといいな♥

FRONT CHAPTER vol.4@広島クラブクアトロ

20150505_1.JPG
ツアーが始まりました。ということで行ってきました初日。
GWまっただ中ということもあり、広島についたら、激混み!
そしてなんだかんだしてたら、到着が会場ギリギリに。この日の整理番号は28だったので、焦りましたw
ついてすぐロッカーに荷物を投げ込んで、そのまま列に並びました。
ただ、整理番号のわりに2列目だったのが謎だったけど・・・w
この日のゲストは「Fear, and Loathing in Las Vegas」で、一昨年?年末にブンブンがゲストだった時に行ってはげしそーとは思っていたものの、いやーこの日もはげしかったですね。
個人的にはデス声担当の人が知り合いに似ていて(ライブの煽り方含め)、もうその人しか思い出せなかったです。途中、メンバーのどなたかの気を使っていただいたMCに泣けた・・・(「ライブは人それぞれ楽しみ方があるから・・・」的な)まあその時点でボロボロで人に見せられないような状態だったんですけどねw それも思い出であります!
そのあと、ボロボロのままブンブンに突入。初日なので、セトリとかすっごいワクワク。その期待を外さない選曲でしたね〜VIVA LA ROCKのセトリの流れは汲んでる。そしてアンコールでアレンジされたSTAINから、STAYに流れた時は本当にこの私でも泣きそうになってしまった・・・。
ブンブンサテライツは本当にどんどん変化していくんだなーだから私夢中になってるんだなーと素直に思えるステージでした。
特に!KICK IT OUTの最後、ベースがすごく色っぽくて手もとばっかり見ちゃった・・・とてもキュンキュンした。

20150505_2.JPG
そして、サイン会にも参加してみた。初日だし。特に何にも話せなかったな〜
その日は、地元の人優先だよな〜とか思ってたけど、この後も参加できるならしたいなって思い直しているという・・・極めてアホです。

VIVA LA ROCK 2015

20150503.JPG
今年のGWもブンブンサテライツ漬け!
というわけで1つめはVIVA LA ROCKでした。(MWAMはチケットが手に入らず行けませんでした)
直前にクロージングアクトとして決定して、そのままチケットを取った私。
当日は、、、くるりから見たかったけど、時間ギリギリだったのと、なぜかリストバンドが品切れていて、ちょっと待ったりしたので間に合いませんでした!
そのまま「J-ROCK ANTHEM」を見る。もちろん川島さんに注目。
1人目がキュウソネコカミの人で天体観測(BUMP)。前方ブロックの中盤にいたんですが、人波がぐあーっと前に寄せて行って、なんとか巻き込まれないで済んだけど、ものすごい人気。そしてその人波でステージがほぼ見えなくなってしまった!こんなことなら、後ろのブロックにいればよかったな〜・・・と思っていたら、次が川島さんでした。数日前にツイートしていたピンクスパイダー(hide)を歌う。日本語詞はすごい新鮮・・・。そして気が付いたら頭振ってました。別にhideのファンではないんですけど、テンションあがってたんでしょうね。むちゃくちゃかっこよかったなぁ。
そのあともなんとなくアンセムを見て、終わってからごはんを食べて、KICK THE CAN CREWをスタンドから。そしてKEYTALKに。これまたすげえ人気。。そして客層若い。私がKEYTALKを聴いたのは(というかタケマサ氏?)高円寺HIGHで震災の直後のイベントだったから、こんなにすごいことになってるとは思わなかったワー。
もちろん前にいたわけじゃないけど、柵沿いにいたので、肋骨折れるかと思った。後ろから押される分には折れると思ったことないけど、横からの押しは盲点だった。今後気をつけたい。
というわけで、KEYTALK終わってすぐ、必死で柵をつかみましたよ私!そこから1時間。いつもフェスのこの時間長いよねー・・・と思いながら待ちましたが、本人たちが登場してみればそんなのどうでもいいです。
わりとスペースがありまして、思う存分踊れた!
そして、今年のブンブンはフェスでも我が道を行くセトリで来た。
EMBRACEとかBLINDBIRDとかやると思ってなくて、ちょっと驚きました。
私個人的には、EMBRACEとかBLINDBIRDは大きな会場で鳴り響くと全然違う雰囲気を持つので、すごくよかったなって思います。
実は、EX-THEATERより良かったんじゃないかな、、、くらい思ったりして。
自分がだいすきなONLYBLOODとFOGBOUNDもやってくれて、ほんととっても満足。
持ち時間も結構あったし、フェスにしては行けてとってもよかったライブでしたー!

March 16, 2015
20150211_RADIO INFINITY公開録音@OSM

インターネット様のおかげで行けてしまった公開録音。神様ってほんとにいるんですね・・・! 前回は普通に当選して行ったのですが、その時とおんなじ感じかな〜と思って行ったら、全然違った。 通された部屋はものすごく狭くて、驚いて席の数を数えてみたら45席しかなかった。 どんだけの倍率よ!!! 再び神様ありがとうございます。

もう、これは完全に大阪の皆さんのための会だと認識していたので、ひっそりとウフフウフフと見ていたのですけれど。
メンバーが入ってくる前にレディクレ2014の映像がノーカットで!流された!
むちゃくちゃかっこよくて、どうしてこれが公開されないのだろうか私ならオンデマンド配信で、1回1万円でも見ちゃう・・・・・キーと思ったことだけは覚えています。中野さんの叫びも再確認できまして、あああれは間違いなく、叫んでいたのだなとか。(あれほんとに驚いたから、自分の妄想かもしれないと不安に思っておりました)
そして、それが終わるとメンバーが入室(もはや“室”です)。
ち、近い・・・。そっと隠れたくなる衝動の中、DJの飯室さんが「みんな緊張しますよね?緊張してる人〜?」と聞いたところ、メンバーふたりがそっと手を挙げていたのにズキュン。
そこから、私たちが事前に書いたアンケートを元にした質問で展開されて、まー私は絶対に取り上げられないだろうな〜と思って「好きな香りを教えてください」とふざけた質問を書いておいたら、他の人の質問の流れで、なぜか香りの話になり、うわー全然自分関係ないけど、知りたいこと知れちゃった・・・としみじみしていました。

そして、収録が終わったのち、飯室さんが最初に「最後すごいことありますから!」と言っていた抽選会が行われまして、、、メンバーの手により先ほどのアンケート用紙が無作為に選ばれてゆきまして、、、「寝屋川市の〜」とか「大阪市の〜」とか大阪の住所が続く中、「えっ!東京から来られた方がいますね!」と言われ、私は自分の中の時間が凍りついた感覚に陥りました。
ええ、当たってしまいました、青いマフラータオル・・・・。ひー。
今思い起こすと完全に恥ずかしいんですけど、なぜか「ごめんなさい」ポーズを無意識にしてたな〜
だって、ここ、大阪の人が当たらないといけないところじゃないでしょうか・・・。
そんなこんなでぐるぐるしながら前へ行き、川島さんからタオルを渡され、ふたりと握手するという、近年まれにみるファン感あふれるイベントになりました。神様ありがとうございます。(3回目)
約1年ぶりなニャカノさんの握手は、とてもジェントルマンでした。いやもっとぐっと握ってくれてもよかったのに・・・(変態)
はー行けただけでも嬉しかったのに、帰路はウフウフしまくってしまった日なのでした。
FM802に幸あれ・・・!(この締め方w)

20150315_SHINE LIKE A BILLION SUNS PREMIUM GIG@EX-THEATER

アルバムのこととか、大阪の公開録音とか対バンとかいろいろ書きたいことはあったものの、ままならず。(後で書こうー)この日がやってきた。

アルバムのための、ただ1回だけのライブ。
実は直前まで非常にシゴトが忙しく、近づいてきていることをそんなに意識してなかったです、正直。
眠って、目が覚めたら当日。みたいな。
そして会場へ向かう途中、なんだかとても気分が盛り上がってきて、やっと実感するという。。。
そんなこんなで会場に到着。このモニターが私を迎えてくれました。
整理番号はそんなに良くはなかったものの、なんとか前のほうにすべりこみ。
ステージには、中央に1本のマイク、中野さんエリアの前にもマイク、なんなら、上手側にもマイク。
誰か2名が追加になりそうな配置・・・。
そう思いながらただただステージが始まるのを待つ。

メンバーが登場して、中央のマイクにギターを持たずに川島さんが、そして、ギターのサポートメンバーが上手側のマイクの前に立つ。
始まったのは、「Shine」。
これは想像を裏切らない感じ。アルバムの中でも1曲目なら、バラバラに聴いていた時から「船出」感があると思っていた曲だから。でもその次に「ONLY BLOOD」が始まった瞬間、めちゃくちゃテンションがあがってしまった。。やっぱりこの曲は何度聴いてもライブアレンジがすごく好き。打ち上げる感じの乾いたパーカッシブな音がめちゃくちゃはまるから思わずにやけちゃう。「BACK IN BLACK」は2/13の大阪より正直ものすごく良かったし、ライブで初めて「VANISHING」を聴くという願いがかなった。あと、、、「A HUNDRED SUNS」かな、とにかくSHINE LIKE A BILLION SUNSの前半はここまでけっこうやりましたね。(COMPLICATEDはなかった気がする)
さて、気がつけば「BLIND BIRD」が始まっていて、一番驚いたのが、中野さんがコーラスしてたこと。初めて見た!キュウウウウウウウウン。そして「overcome」「EMBRACE」と続いて「NINE」へ。なんとなく、個人的に「NINE」が来たら次はアッパーな曲につなぐ・・・と思っていたから、「FOGBOUND」へつながれたのはとにかく自分的にハマった。
ストーリー性にとても共感できたというか。曲のキャラクターの感じ方に共感できたというか。
それと、聴けないかも・・・と思ってた「FOGBOUND」が来たのもすごく嬉しかったんです。
そこから先はほんとアッパーな曲たちが。「MOMENT I COUNT」、「DIVE FOR YOU」、「BACK ON MY FEET」、「KICK IT OUT」、「HELTER SKELTER」かな。ワンマンなら大丈夫かなーと思っていた「KICK IT OUT」ですが、まー、そんなの関係なく一気につぶされた(ゆがなききら!の瞬間、もう構えるくせがついたw)。でも、中野さんの声がマイクを通さず聞こえてきた! 最近よくシャウトしていて、嬉しい限り♡ あとやっぱりライブアレンジの「MOMENT〜」と「BACK〜」は、イントロにすごく掻き立てられるものがあっていい。
アンコールの「DRESS LIKE AN ANGEL」で、CDJの時のポールダンサーのみなさまが登場したのもよかったな〜あの、この時ばかりは中野さんを見れなかったです。(ポールダンサー見ちゃうううう!)

なんて、細かく書いてみたけれど、一番思ったのは、ひさしぶりにブンブンサテライツが“らしい”ライブをしてるところを見れたなーっていうこと。
年末のフェスも結構ベストアクトだと思ってたけど、正直2/13の大阪はあれ?あれ?という気持ちでいっぱいだったから。(完全に私個人の気持ちなので、最高!という意見も多々あることでしょう)
やっぱり、私の大好きなバンドだし、それが変わらずにいてくれるということが、3/15、私の一番の幸せだったのです。
そして、もちろん、この場に戻ってきてくれた川島さん元気な姿を見せてくれたことも。
(いや改めて書かないですけど、完全に中野さんに夢中だしメロメロ状態です)←書いてんじゃん。

ということで5月のツアーも非常に非常に楽しみです!
とりあえず、全公演分のチケットは手にしているあたり、怖いわ・・・(数年前にも同じことやってるあたり、中身は何も変わってない感)

January 12, 2015
SHINE LIKE A BILLION SUNS発売記念特番@2.5D

20150108
そうあれは、RADIO CRAZYの帰り道、帰ってきたぜマイシティの瞬間にニコ生が発表になって、なにとはなしに詳細ページを見ていたら「えっ、公開!?」とそのままの勢いでチケットを購入してしまった私。 そして、無事仕事をくぐりぬけて参加することができました〜よかった〜

整理番号(?)が一ケタだったものの、まあ、整理番号通りに入れるとも限らないし・・・と思っていたら入れてしまったので、当日の詳細の記憶はほぼありません。
(毎回、なぜ見るだけの自分が緊張するのかと、自問自答しますけれども)

ということで、先ほどタイムシフト予約しておいた分をみました。
当日も、話の内容を逐一覚えておく余裕はなかったですが、もう嫉妬するほどの中野さんの川島さん愛(変な意味じゃない)が感じられて、大変にほほえましかったです。


20150108_cap.jpg
思わずニコ生の画面をキャプってしまったけれど、この中野さんの表情とか、やさしすぎてキュンキュンしてしまいました・・・!

ふたりだけのバンドがこんなに仲がよくて(日々の細かいことはさておき、深い愛情はあるはず!)、見ているこちらはとてつもなく幸せな気持ちになってしまいます。

会場ではBGMでアルバムがずーっと流れていたのだけれど、すっごくすっごく心を掻き立てられた。
早く発売してください・・・!!!(まあ、2/4に発売になるんですけどね)

そして本当は元旦に公開する予定だった(!)A Hundred SunsのPV。今のブンブンサテライツそのままを収めた作品だと思う。

December 31, 2014
2014年最後

あと残すところ7時間・・・!
まぁ、しのっぴが言ってたように「来月?来週?ていうか明日・・・?みたいな感じで思えば、普通でしょ?」という感じではありますね!

昨日は爆裂FADに行って、BLACKBUCKとASPARAGUSを中心に見て、だいぶご機嫌だったわけですがー
今日の14時過ぎあたりに更新された中野さんのブログに泣いてしまいました。
正直、自分は人前で泣くタイプではないし、冷静なほうだと思ってるんですが、こればっかりは動揺してしまいました・・・

今年、カウントダウンも含めて19回ライブ見てて(数えた!ワンマン大阪以外は全部行ったんだよね、たしか。。。)、好きだという贔屓目で満足してたところもあるけれど、自分が熱中してた以前(2004年頃?)と比べたら、圧倒的な存在感が出てて、やはり苦難を超えてきた深みなのかなぁ・・・とか思っていたりしたのですが。
裏側ではさらなる苦難があったなんて。
さすがに、第一優先事項なのでツイートやらブログで「ん?」って思うこともありはしたけれど、「まさかね」と思うくらい力強いステージだったし、前述した通り圧倒的かつ深みがあるライブだなって思ってたから、自分の思い過ごしくらいにしか思ってなかったし、そう思おうとした。

中野さんの文章では、前向きな気持ちで締めくくられていたのだから、私もそう思おう。
これから起こることを不安に思っているだけでは、すべてが曇ってしまうから。
そうとしか言えません。

約6年ほど前、自分の母親の余命宣告をされたことと、どうしても重ね合わせてしまうのが自分のだめなところだなって思うんだけど(だめだ、これ書きながらまた泣けてきたー)、そういう時の身近な周囲の気持ちって、当事者以外測り知れないから。
私が感じるよりもずっと、中野さんの気持ちはビビッドなんだと思う。
それでも前向きにこうやって報告できる強さはすごいなって思う。
もちろん、病と闘いながら、副作用と闘いながら、普通にライブやレコーディングを続けた川島さんはもっともっと。

とにかく、一年の最後に今年の本当をファンに伝えてくれて、その気持ちだけでも嬉しかった。
さらに、こんなツイートがあって、自分も少しは支えになれているのだろうか・・・と思えたのも嬉しかった。

なんだか単なるファン以上の思い入れがあって、他から見たらえーって感じかもですけど。
いまいま、すごく正直な気持ちです。

あ、書き忘れた!
こんなにブンブン漬けだった1年を象徴する曲といえば「FOGBOUND」と「ONLY BLOOD」です。

December 30, 2014
情報まとめ

昨日で2014年のライブ納めになったブンブンサテライツですが、年明け早々から動きあるみたいです!


もちろん1/8の公開録音は予約しました。間に合うかな〜
あとはMUSICA<2015/2>?と、マンウィズとの対談はどこに載るんだ〜みたいな。
2/13のcrossfaithとの対バンや3/15のEX-THEATERなども決まっていて、怒涛な感じが嬉しい♡

20141228 COUNTDOWN JAPAN@幕張メッセ

20141228.jpg
28日朝には大阪を出て、向かうは幕張。我ながらどうかしてるわ・・・!と思ったけど、行きたいのだからしょーがない。
というわけで、到着は15時半頃。いろいろ投げてます。
で、そこからタイムテーブルを広げるわけですよ。事前にチェックしてるのはブンブンの時間だけという、用意不周到ぶり!
で、よくよく考えてみたらKalafinaで前のほうに行かなければならない、と気づき直行です。
今年から新設されたステージだそうで、たしかにあのどーんと横長ゾーンから隔離されたアリーナでした。
なんとか前方に収まり、周囲のファン層をうかがっている間に始まりましたKalafina。
(前情報が全然なくてスミマセン・・・)
で、バンドメンバーが登場した瞬間、あれっ、、、是ちゃん!?
昔のクセでついサポートメンバーを確認しちゃうんですけれど、完全に見たことある人がいるー! サングラスしてたので、どうかなどうかなーと思ってたけど、外した瞬間確信。是永氏ではないですか! 音楽的にはアニソンなんでしょうか・・・。あの時代、私が好きだったバンドのギタリストさんたちはアニソンのバックバンドやってることが多いんだな、と勝手に納得してしまった。 そんなこんなでKalafinaも終わり、ブンブン待ち。 これまた最前列空いてたので、一瞬必死でするっと。 あ、ちなみにCDJは寒くなかったです。んー快適ー。

始まってみると、中野さんは昨日に比べて抑えめ。昨日はなんだったんだ・・・!
ちなみにセットリストは昨日と同じでアンコールなしでした。
新曲うれしいーーー&FOGまた来たーーーーと思っていたら、DRESS前でポールがステージ両端にセッティングされて、「?」。これが+EDITION?映像?ライティング?と頭の中で考えていたら、登場したのは斜め45度なポールダンサーw

おおおおおおおおおおお。

クラブっぽい!

個人的にポールダンサーの技を見るのダイスキなので、でも中野さんみたいし、川島さんもこっち来てるっぽいし、ど、どこみればいいの私!?状態でお送りしました。

最後の最後でお祭りぶっこんできた感じですね〜
ちゃんとフェスは意識してたんだ!と思いましたです。
(だってそのあとのツイートとかが、ブンブンのステージにポールダンス出てた!っていうのがすっごい回ってたから・・・)

来年も、出来る限りブンブンのライブに足を運びたいと思います!

20141227 RADIOCRAZY@インテックス大阪

20141227.jpg
仕事納めの26日からの〜27日に大阪INでした。だから会場についたの17時過ぎくらい・・・!もちろんブンブンだけ見れたらもうそれでいい班だったので、到着してからカエラちゃんとかをぷらぷら見て回ってました。しかしインテックス大阪ってめちゃくちゃ寒いんですね。。。過去にオシゴトで行った友人が1日目でぶっ倒れて病院に行く騒ぎになってたんですけれど、それも納得の寒さだ!

で、ブンブン前の浅井健一さんから見ました。
男性が多めなのが印象的。というか個人的にヴァイオリンの女性がキレイすぎて釘付けだったんですけど・・・!登場するなり「ベンジー!」って声があちらこちらから。すごくコアなファンの方が多いと見た!しかし記憶に残る浅井さんの残像(あまりしっかり向き合ったことがなくてスミマセン)と、あまり変化がなくて、すごいなって思いました。
これぞ、いぶし銀・・・!

終わって、無理かなーって思ってたけど、わりと簡単に最前列に行けてしまった。
わーい。
で、でも、さみー・・・。最前列って普通、なんていうか人密集地帯だから少々あたたかくはなるだろうと踏んでいたのは完全に間違いでした。始まるまでめちゃくちゃ寒くて(Tシャツ一丁とかではなく、長袖スエットのワンピ着てたのに)泣きそうでした。

が。メンバーが登場すれば、気持ちはすべてそっちに持っていかれるわけで。
久々の(いうても3ヶ月ですが)ブンブンサテライツーーー!!
新曲ばかりで行くとツイートされてましたが、まさかの本当にワンマン仕様。
ONLY BLOOD→BACK IN BLACK→FOGBOUND→A HUNDRED SUNS→DRESS LIKE AN ANGEL→(encore)KICK IT OUT
ど、どんだけ〜〜〜〜!
いや、個人的にはツボすぎるセットリストなんですよ。ですが、今回はフェスじゃないですかー!
でも、そういうの全部関係なくやっちゃうとこ、好きです♡
BACK IN BLACKに至っては、トレイラー程度しか公開されてないのもあって、最前列でもかなり静かな雰囲気でお送りされていましたYO!
しかしながら、FOGBOUNDをやるなんて思ってなかったから、テンションすごい上がりましたなあ・・
ていうか、この日のFOGBOUNDでの中野さんは全壊といってもいい飛ばしっぷりで。
すごい好きなんですけど、そういうのー!
だって、私初めて見たけど、川島さんのマイクまで行って叫んでた。一瞬自分の耳を疑ってしまった。
さらにスタインバーガーを手から落としそうになったりとか、それ以外にも動きが半端なく。
そこまで煽られてこっちが静かにしてるわけにはまいりませんわね。といった感じでガンガン首振ったりなんだりしてたら、ホテルに着いたころには首の痛みによる頭痛で死に寸でした。
(アンコールのKICK〜はもちろんモッシュによる圧が半端なかった。それまで分の何かがのしかかっている気がしました)

直前に急に決めたけど、ほんと行けてよかったな〜と思いましたとさ。
寒かったけど。

あ、でもそうそうこの日、中野さんのお誕生日だったんですよね!
もちろんそんなこと叫んだりできなかったほうの人ですが、心の中ではおめでとう炸裂して見てました。
気持ち届いてるといいな〜(いやいや〜)

本日の学習:来年行くなら、防寒しっかりしましょう。

December 19, 2014
やはり

行くことにしました。

ギリギリだったけど、宿も新幹線も滑り込みセーフ!
そして翌日のCDJにも行きます。

病気ですね…

December 05, 2014
いろいろと。

2/8のアルバム発売が決定して、それにまつわるいろいろが!
3/15@EX-THEATER ROPPONGIリリパのニュースで小躍りしていたところ、ハイレゾ試聴会も決まったそうです〜〜〜

BOOM BOOM SATELLITES ニューアルバム「SHINE LIKE A BILLION SUNS」ハイレゾ音源試聴会

抽選で10名とか、なんかすごく無理そうな感じが漂っていますが、とりあえず応募してみました。
もしも当選したらすべてを投げうって駆けつけたい!!! 駆けつけさせていただきますっ!

それでは、FLYING LOTUSさん行ってきまーす!(←こちらは、本日のライブ後、リキッドルームでアフターパーティがあるんですってねー)

September 21, 2014
泣けた

昨日のGRFの後、個人的にいろいろもやっとしていたのですが(言葉にはできない)、このツイートを読んで、思わず泣いた。何ヶ月ぶりかに泣いた。なんでかわからないけど、少なくとも、自分もそう思ってるからというのは理由のひとつ。

September 18, 2014
20140915_SONIC ACADEMY

最初は行かない・・・!と思っていましたが、やっぱり行ったよね。しかも相当計画的に行ったよね。(確信犯)

というわけで、、ニャカノさんのフリートークを聞きに三連休最終日、わたしは市ヶ谷に向かいました。
なんででしょう、ライブより俄然緊張する(おまえがか!?)。

なんとなく遅刻感漂う中、10分前には到着して、ンフフ〜と思っていたら、開始時刻に「30分遅れます」アナウンスが入りまして。おお。おおお。(何が理由かはわかりませんな〜ついったーではその時すでに本人は到着していたようですし)

んふ・・・と思いつつ、30分待った。待ちました。
で、本人(&MCの有泉さん)登場。
えっと。。。誰か前に座るだろうと踏んで、3列目とかにいたんですが、誰もいなくて、ニャカノさんの目の前とかもう本当にどういうことだろうこれはスタイルで、固まりました。うん、心の中でセイセイセイセイと一生懸命おさえこまなければならないほど、完全に動揺していましたよ。

こんなフラチな気分でしかも動揺しまくって臨んだわたしがメモなどをとっているわけもなく、あの時の内容をここに書けるわけもないんですけれど。。。
箇条書きで印象に残ったことを記録。

・川島さんと仲良くなったきっかけは、川島さんが機材とCDをたくさん持っていたから。川島さんは機械に弱く(え)、使いこなせていなかったところをニャカノさんがつなげて・・みたいな。
・はじめて楽器を買ったのは13歳。その時からミュージシャンになろうと思ってた。
・自分でマスタリングするのは、“いい音”という評価ではなく、“いい曲”と思ってもらうことを重視するから。だからキレイな仕上がりではなく、曲のエモーショナルな部分を強調したい。(たしかに、それは作った本人でないとわからないところでありますね)
・最近は、エッジィな表現よりも、川島さんの声を届けたいという想いが強い。(きゅん)
・テッドジェンセンにマスタリングしてもらう時は、普通あんまりないけど、2日スケジュールを抑える。1日目は普通にマスタリングしてもらって、その夜日本から持ち込んだ自分のスピーカーでホテルで聴いてみる。スタジオのスピーカーはものすごくいいもので、そこで聴くとどうしてもよく思えてしまうから。それで、2日目に気になったところを伝えて直してもらう。(これってすごく贅沢なことだそうです。ていうかここまでする人聞いたことないわー)
・川島さんとは、すごい喧嘩もする。(有泉さんが「でも仲良いですよね?」とフォローw)(マウスとかキーボードとか)机の上にあるものをわーって投げて、何にもなくなってポケットの中の小銭を投げて・・・「平成の銭形平次」ってw(その時のポケットに手を入れる仕草とか、普通に会話してないとなかなか見られないから、なにげに嬉しかった)
有泉さんが「そういえば、、、フェスの時、すごくいいアクトだったなーって楽屋に行ったら・・・椅子飛んでましたよね・・」「あーフジロックのホワイトステージでトリの時ね」(ちょっとww)
・普段の生活は、テレビも全然見てないし、遊ぶ時間もないし、籠ってばっかり。嬉しいことって言えば、リリースで自分の音源がみんなに届けられて評価されることだけ。(それ以外は「ない」と言いきっていて、ストイック・・・)
<以下質問に答えて>
・(ミュージシャンを目指す人に対して大事なことは)音源をたくさん聴いてインプットすることが大事。インプットがないままアウトプットするだけだとアイデアに行き詰りやすいと思う。あとはクラブで遊ぶとかも大事(それは私も同感!ライブとは別物の音楽に触れる空間としてイベントじゃなくハコには定期的に通い詰める時期があるほうがいいと思う。そこで得るものや感覚、態度、共通言語みたいなものは結構あると思う)
・(ライブのアレンジが結構変わるという質問に対して)意味づけみたいなものはあまり考えてない。たとえばフェスなら、自分たちと違う世代に向けてこんな音も伝えたいという気持ちがある時もある。ワンマンはまた別だけど。

んー個人的には、ライブアレンジをわりと思いきって変えてくるのは、すごくいいなと思ってたので、その気持ちが知れて、おお、と思いました。
なんというか、やっぱりライブはCDの再生会ではないと思うので。まあ生で演奏するというのも意味があることではありますけど、見ている人をいい意味で裏切るアレンジっていうのは、すごく魅力的なことだと常々思っておりまして。

しかしこれ以外にも結構いろいろな話をよどみなく約1時間、みっちり話してくれたし、なにより話すニャカノ氏というのを見る機会なんて(しかも目の前で)ないから、ほんとうに行った甲斐がありました。
この他にも、わりとシビアにミュージシャンという職業をとらえてる話とか、地に足つけてる感があるのがよかった。
あとあとあとあとあと、最後去る時に、ちっちゃく手を振ってったーーーー!か、かわいい・・・(悶)←そういうんじゃない。

ちなみに群馬はパンク勢が多いので、そこに向けて・・みたいな話もしてたので、結構楽しみ。
あとこの日、ハーフパンツに七分袖Tシャツの装いで、秋を感じましたよわたし。

そういえば、川島さんはどこにいるのかな〜と思っていたところ、質問した人を振り返った時、フツーに受講生の中に座ってた。あの帽子かぶって。(よく似た別の人だったらゴメンナサイ)
まあ、自分が川島さんファンだったら、絶対に後ろで待機してるよなぁ・・とは思ったけど。

さらに、クラスが終わって、うあートイレーと向かったところ、楽屋への導線途中にトイレがあって、マジこの配置いいのだろうかと、前方遠くを歩く川島さんの後ろ姿を見つめながらトイレに入り、出て、その通路とは会場をはさんで反対側にある階段登ろうとした瞬間、ニャカノ氏と川島さん+スタッフがわーっとその導線から歩いてきて、ワタシ、あと少し遅かったらトイレ出た瞬間に出会い頭してた・・・と恐怖に震えたのでした。やだそんなの。

そのあと、ジェーン・スーさまの授業を受けて、超絶笑って帰りました。すごいあの人面白い。「相談は踊る」聞かなくちゃ。あと「貴様いつまで女子でいるんだ問題」もな。

みたいな。んーニャカノさん好きでよかったー♡

September 11, 2014
20140906_BAYCAMP2014

20140906.JPG
いろいろあったこちらに行ってきました。
今年の夏フェスで、唯一友達と行きまして、20時のミイラズから見てました。
ステージが右と左だから移動がなくて楽ですね!
到着した瞬間から「ねーなんでブンブントリなの?ねえなんでなんで?」と問われましたが、それ私が決めたんじゃないしw
しかし、当日家を出る瞬間は蒸し暑くて、会場は海のそばだから温度が低くても肌の表面はベッタベタ。それがステージ上に影響しないわけもないよねーなんて思ってたら、テナーが2回も止まってしまった。ドラムの機材的なトラブルっぽくて、さすがに2回目は「気のゆるみはネジのゆるみ!」って言ってましたが、これローディー的にはたまらなかったでしょうねー。2回目に至っては、前の曲からかっこよくつないでの最後の曲だったのに、やり直すはめになってたところが非常にかわいそうでした。
そのあと、ごはんを食べてたんだけど、雷が鳴りまくっていて、「ほんとうに大丈夫なのだろうか?」と話しておりまして。それから外に出て戻ってきたら、アレキサンドロスが始まってないみたい・・・?とステージまで行ったら、まさかの雷による会場退避令が出ていた。(アレキサンドロスはだから途中で一旦停止だったのかな?)

えーうっそー。
とりあえず、この時点で雨は降ってなくて、でも、退避させられた後も状況が全然わからないまま30分弱道路で待つことに。て、道路に会場内の客がずらりと並ぶ・・・。ちょっと驚いた。
とにかく全然状況がよめなくて、帰る人も結構いたっぽい。
この時点で、私も中止になるなら帰りたいけど、ブンブンが演るなら絶対に残るううううと、なぜかフェスなのに、泣きたくなる次第。いやん。
とにかく、ここで友達がいてくれたのは救いでした。
祈る気持ちでいたところ、無事再開となりまして、ひとまず会場に戻る。
24時再開?だったっけな。
で、そこからアレキサンドロス再スタート。ここから雨が降る。結構どしゃぶり。んで、友達はあれだけ雨予報が出ていたにも関わらず、雨準備ゼロ(長傘だけという)の猛者だったので、私ともう一人で、ゴミ袋を駆使してレインコート作ってあげました。すごい似合ってたw

そんな感じでDRAGON ASH。KJがあおりまくってたねーまぁ、そうだよね。キャラ的にもそういう役割を担っているよね。結構昔の曲やっていましたね。ラテン時代含め。
DRAGON ASHが終わったあたりで友達とお別れ。ここから一人での耐久レースでした。
お迎えの車まで見送りに行ったんだけど、ふたりに「ほんとに気をつけてね?なんかあったら連絡するんだよ?」とすごく心配された(後で、「だって一番年長者だから」と言われた。余計なお世話w)し、「ほんとにいいの〜?」と聞かれて「ブンブンがやるなら朝までいるっ!」とアホな発言をしたところ、「愛だねぇ〜〜〜〜〜」と呆れられたw
でもまあ、雨が降ってる以外は、普通のフェスと一緒だから全然大丈夫でしたけどw

会場に戻ってから、THE TELEPHONES(ちょっと苦手だったw)と、the HIATUSをチラ見して、あそだ、ATATA見たかったんだーと思って急行するも終わってたという、、、結構久々のATATA楽しみにしてたのになあ〜
ちぇっ、って思いながら次のLEF!!! CREW!!!が意外によくてしばし見てた。世界一速いビートってw速かったけどね。
そこから、ブラフマンに戻る。group_inouが終わった瞬間、SEが流れてちょっと驚き。ほんと1秒もなかったくらい。(今思えば、巻いてたのかな)で、ブラフマンなんていつぶり?くらいなので、ほんとにびくびくしながら見てたw 私の中では「前方に行ってはいけないバンド」と記憶しておりましたので。
しかしながら、ブンブン待機も含めて中盤くらいにはいたのです。下手のブロックで。
そしたら、案の定サークルモッシュが始まり、人にぶつかりながら前に抜ける人(あれなんでわざと人にぶつかってくんだろう?いつも謎)と、自分の経験値的に、今となってはちょっと乱暴カナ?レベルの客席になっていて、ただ、渦中には死んでも入りたくないなとか思いながら見つめておりました。(柵のすぐ横に逃げた)
はー、これで最後までどうにか行けるかしら、、、と思ってたら、TOSHI-LOWが客に向かってダイブしてたw しかも自分のいたブロック側。うっそーん。
もちろんぐわあああと寄せる人波。巻き込まれないように必死なわたし。結果うまく逃げられたと思う・・・!逃げられたら逃げられたで、約2m先にいるTOSHI-LOWをじっと見るよね。こんな機会ないですから。
そしたら、感情を表にモロに出しながら歌ってるじゃないですか。こういう歌い方見るの久々だったからわりと釘付け。MCも漢な口調なのに言ってることかわいいw 途中男泣きしながら歌ってて、やーみんながかっこいいっていうのなんとなくわかったなぁ〜としみじみしてました。一生のうち一回でも見れてよかったな〜

そんなほっこり気分を抱えたまま、ブラフマン終了。ラッキーなことに最前列に行けました。わーい。
で、となりのステージでは神聖かまってちゃん(こちらもちと苦手)。朝4時まわってたかな。意外にも眠くないし辛くもなかったのが不思議。ただ、雨はガンガン降ってた。
隣のステージと並行して進むサウンドチェックで、ボコーダーをめちゃくちゃチェックしてたから、もちろん期待は高まるよね。
そして5時すぎたくらい? ブンブンサテライツのスタートです・・・!
もう、メンバーが出てきた瞬間、気持ち的に泣きそうでした。わーもう待ったよ待ってたの!!!
さらに、ニャカノ氏がタンクトップにハーフパンツという姿なのにも驚いたw
で、出てきてすぐ、客席の写真撮ってて、100suns(仮)から始まった。なんとなく最後にやるのかなって思ってたから、はじめにやっちゃうんだ!?と驚きつつ。
今回は、全曲駆け抜けた感じがする。MOMENTもFOGもDIVEもKICKもがーっと走りぬけた。
100suns(仮)は未発表なのに、今までとアレンジ変えてきたり。
MOMENT I COUNTのイントロが、今さらすごく好きだなって思ったり。
DIVEはイントロの走り出す前が4拍くらい空いてたので、思わず顔をあげてステージ見ちゃったけど。
(結構最近その空き、つめてた気がするの)
しかしながら。モニターをニャカノさんが2回も飛び越えてきたり、あの!憧れのピック投げが目の前で見れてしまったり(キュン死)など、曲以外のところにアワアワしてる自分もいましたけどw
朝日こそ見れなかったけど、白む空を時々見上げては、なんとも言えない気持ちに。
最後がMORNING AFTERでしたね。ここまですごく時間の流れが早かった。で、アンコールがあって、期待通りのDIG THE NEW BREED!!!! ワンマン仙台ぶり。 これは嬉しかった。

終わってから川島さんがいろいろ言ってた気がするんだけど、すべて頭から飛んでしまいました。
ニャカノさんがまた客席を写真に収めてて、ブログに始まりと終わりの写真がアップされてるんだけど、こんなに違ったのかーとちょっとびっくりした。
そして、しばしステージの上にいてくれたのだけど、一瞬ニャカノさんが泣きそうな表情を見せていて、ドキッとしてしまった。あとは、最後一瞬だけ、こちらに向かってうなずいてくれた気がして、もうそれだけで胸がいっぱいになってしまいました。
個人的に黄色い声で名前を呼んだりすることがどうしてもできないので、名前を呼ぶほうに手を振ったり、うなずいたりするのうらやましいな〜って思ってて、完全に気のせいだと思うけど、そんな瞬間があっただけで、すごく幸せになれてしまう自分。。。(もはや、思い込みが大切だと思いマス!)

で、終わったあと、やるやるって言ってたONLY BLOODやってない・・・!と思ってついったー見てたら、このツイートが。

全然ゆるすます・・・!

はー。。。と思いながら、フェスもすべて終了。
帰りは一人なので、シャトルバスを2時間(!)待ちまして、朝8時に乗って・・・帰宅。
実は帰りのシャトルバスが一番サバイバルだったという事実に驚きですね。

この日で夏は終わったナ〜ってかみしめながらも、最後、群馬フェスにも行っちゃうよね。
もうここまできたら皆勤したいよね!

August 24, 2014
20140817_SUMMER SONIC2014

20140817.jpg

ええと、これを書いているのが9/10、、、記憶は彼方に行ってしまっている感もあるものの。
一番夏っぽかったよね!この日!!

この日は、RSRでいいな〜と思ったソイルから観ようと思って、会場へ向かいました。
もくろみ通り、ソイル前のスペアザの頃には着いた。
しかしこの日はものすごく暑くて、ビーチ側のステージに到着するまでが、結構なサバイバル。
前から5列目くらいにもぐりこんで、とはいえ、余裕もそこそこあったから、すごく踊れた!
驚いたのが、客席にご高齢の方がいらっしゃったこと。トランペットのお方のファンのようでしたが、幅広い〜と感心した。
この日、この夏最初で最後の、腕に汗の玉が出てくる現象を体験いたしました。(要するに猛暑)
そう、サウンドチェックで思い出したんだけど、ソイルのドラムのみどりんは、先日月見ル君想フで観たHEXのドラムもやってるんだった!すっかり忘れてたよー
ステージをめちゃくちゃ楽しんで、JAZZっていいですね!と思いつつ、幕張メッセ側に戻る。
結局外のステージで観たのはソイルだけという・・・
でも、この野外の解放感とソイルの自由さとお客さんの一体感、全部のかけあわせで、この日の個人的なベストアクト。

幕張メッセについて、なんだかんだした後、KANA-BOONを中ほどでみて、ブンブンを。この日も確か最前行けた気がするなぁ。。。
sceneで試練の日とか言ってて、RSRとは違っていきなり硬い感じになってるなぁ、、って思ったんですけど、どうも裏のアクトにみんな行っちゃう?という懸念だったようでして。
フェスってそういうのも気にしなくちゃいけないんだー大変だなー・・・
この日のセットリストは全部飛びなんですけど、FOGとONLY BLOODやったことは覚えてる!
ONLY BLOODのライブアレンジのイントロがすごく好きだと気付きまして。
今公開されてる音源だと静かに始まるけど、ライブアレンジだとベースラインとかパーカッシヴなリズムで始まるんですよね。で、すぐに激しいドラムが入るという、かっこいいアレンジ。

途中、ニャカノさんのイヤモニのワイヤレス端末?がポケットから落ちちゃってぶら下がるという事態に・・・とても必死そうな表情で袖に助けを求めているようなところがすごくツボでした(コラ)
しばし放置され(というか曲の間は触れなかったのかもね)、途中やっと救出されて、私もホッとしたw

終わってから、川島さんが「残ってくれてありがとう」的なことを言うので、やっと冒頭に書いた「裏バンドが気になってたのかーーーーーー」と気付いた。
この日もちょっと泣きそうなニャカノさんだった・・・
んで、写真撮るときに、地声で「写真とりまーす!」というのが聞こえ、さらに笑顔で、これまたキュン。
そのあと、アリガトー!というのがニャカノさんと川島さんでかぶって、ハハッって笑ってるのが、これまたキュン。

時間が短かったのは残念だったけど、最後は全然、試練とか気にしなくてよかったんじゃないかな〜というライブだった記憶。

そのあと、3Dメガネをゲットして、クラフトワークを見た。
3Dメガネするとほんとに飛び出てくる〜〜〜わーわー。
個人的にはツールドフランスの曲にあがった。途中、教授へのお見舞いメッセージや、原発へのメッセージなど、いろいろと考えさせられる提示もありましたね。私はそれが間違ってるとは思わないから、ストレートに伝えてくる姿が刺さったなー。

全部終わってから帰宅。ほんと、今思うと、サマソニが一番夏っぽかった!!!

20140815_RISING SUN ROCK FESTIVAL

20140815.jpg
ブンブンが出ると決まった時から、今年の夏のメインはコレだなってずっと思ってたフェスです。
あーほんとに行けてよかったー!
(写真はSceneに投稿して、思いがけずニャカノさんとのやりとりができちゃった記念の一枚です♥)

羽田を12時くらいに出て、到着したのはAA=の終わりかけ(17時後半)という、思い起こせば移動に時間がかかったものの、それすらなんだか楽しかった。
旅っていいですね〜
新千歳について、お知り合いのY氏が3Fのすしがうまいと絶賛してたので、とりあえず食べていこうともぐもぐ。よくよく確認したら回転すしが正解っぽかったけど、そうじゃないお店に入ってもた。でもおいしかったし、お手頃でした。ンフー。
で、そこから電車でまずホテルに向かう。その時点で15時すぎ。これはもはやAA=間に合うかどうかだな・・・と思いながら、シャトルバスに16時頃乗車。そこから1時間くらいかかるので、到着は上記のように。
ちこっとだけAA=見れて、そこからステージ移動しながら写真撮ったり、なんだりしてたらテナーのステージと遭遇。ホリエテナーの声が野外にすごく合うな〜と思いながら後ろからまったり見てました。
(そのあたりで、ニャカノさんからのコメントが入って、集中力散漫)

で、会場が結構広いんだ。前に来た時より全然広く感じたんですけどね。なんでだろう〜?
とりあえず、ブンブンが出るステージを下見しておこうと思い、行ってみたらピアノジャック&だいしだんすだったので、もはやパンパンのテントの最後列から拝見。ピアノジャックのテクがすごいーと思いながら、久々に見るだいしだんすも良かったです。ていうかいつから旗振ってるんですかね。気になるわーw

そこから、salyu×salyuでブンブン待ちすると思うでしょ?どっこい電気が諦めきれず、遠い道のりをてくてくしてしまった。結局電気ちゃんとみれなかったし、戻ってきたらsalyu×salyu終わってるし、でちょっと泣きそうでした。が、なんとか最前に収まる。
そこから1時間待ちー我ながらこういう時だけ気が長い。

ふと思ったけれど、for CAMPERSって別に15日のリストバンドでもいけたのではなかろうか。
(ちゃんとわたしは2日通し券でしたよ!)ノーチェックだったし、要するに前のバンドから待ってて、その後移動しなければ、全然いけた気がするよねー・・・いや、もうちょっとちゃんとチェックしてくれないと、なんだかなー的な気分になったもので。。

で、23時からブンブンサテライツがスタート!
タンクトップ宣言をしていたニャカノさんがパーカ的なものを着て出てきて、ぱって脱いだらタンクトップだった時の気持ちは一生忘れないと思う・・・(←)
で、客席から声がかかるのに何度かうなづいて応えるシーンも。普段はそういうのないから、このステージは特別なんだなって感じた瞬間です。

この条件(for CAMPERS)でどれだけ人が集まるのかしらと思っていたけれど、テントはいっぱいだったようです。で、都内とか都内近郊のライブとはまた違う熱気。そう、待ち焦がれていた熱気。なんか空気が違ったです。

持ち時間も1時間くらいあったのかなー
ワンマンっぽいのとフェス対応な選曲の中間ぽい感じの選曲。結構間が空いた土地への選曲としてはマニアックに走りすぎてもなんだしということでしょうか。
ほんとにセットリスト飛んでるんですが、ここでもFOGBOUNDはやった。ONLY BLOODもすごくよかった。イージーアクション始まりだったっけな〜?LIGHT MY FIREもやったのね(自分のツイッター見た)
なによりも!ニャカノさんの投げキッスが目の前で飛んできたことと、最後、ピックがこっち側に飛んできたんだけれど、届かなかったことに本人が気づいて苦笑いという貴重なシーンが脳みそに刻まれております!
で、最後、ニャカノさんがそれまですごいパワフルなステージングだったのに、写真を撮った後、口元を押さえて、まるで泣いているような表情だったのも、キュンとした。いろいろ思うところあるのかな・・・

まー北海道だしこの時間だしステージ上もリラックスしながらテンション高いしお客さんの熱気も違うしで、これこそマジックアワーでした。個人的には8月のベストアクト。
始まるまで寒いなーと思っていたのに、終わった後、汗だくなのはもちろん、ふらふらになってしまって自分でもちょっと驚いた。なんだかバンドが持つものを受け止めたらすごかった、みたいな感じ。
うまく書けないし伝えられないんですが、こればっかりは自分の心にしっかりとどめておこうと思います。

で、そのあとふらふらとしながら隣のステージでやってるソイルに辿りついたら、月が大きくキレイに空に広がってる中、スパルカタスが超絶グラマラスなアレンジでやってて、なんだかとっても贅沢な気持ちになれた。すごいチルアウトに遭遇できるのも、フェスならではですな。(どうやらここでやってたスパルカタスは9/3発売のアルバムに収録されるらしい!)

そのあとホテルに戻ったのが午前3時。すごい不思議だったんだけど、部屋に入って着替えようとした瞬間、すごい寒気に襲われて、そのままお布団にくるまって眠ってしまった(きたないなー)。風邪ひいたかな?と思ったけど、翌日はなんでもなくて、じゃああの寒気なんだったんだよ、と。普通のビジネスホテルだったんだけどなあ。まあ夏ですしね。

で、翌日羽田に戻る飛行機が、強風にあおられ、着陸断念祭りに参加してしまったという・・・。意外と着陸できなかったのは初の体験ですね。滑走路見えてるのに、寸前でまた離陸するという、この残念感。無事に帰宅できてよかったです。

20140809_ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014

20140809.jpg
そしてこちらも行ってきたわけです。前日会社出たのが22時過ぎていたとしても、朝6時の新宿バス集合には間に合ったあたり必死です。

8月に出演したフェスの中でも、一番異質だなーと思ったこちら。
まぁ、日にちもあるんでしょうけれど、見たいと思うものがほとんどなかった。
着いて、そのへんぷらぷらしてましたが、知り合いのろみ嬢つながりでPASSPO☆を見てみた。
というか、アイドル5組くらいが旧DJ BOOTHで3曲ずつくらいを披露するという、一連を見てました。
DJ BOOTHのままで良かったんじゃないカナー。ブッキング難しくなったのカナー。
昔DJ 4TH見に行った時は、ひこさま(EX.ビートさま)とかやってたのにね。今年はそういうアーティストがDJするの、あんまりなかった気が。あとげっちん勢もいなくなってたし。なんかあったの?
でもまぁ、PASSPO☆はかわいかったし、なんというかアイドルビジネスみたいのを垣間見た気がして勉強になった。みんな、必死ダナー・・・。

で、そのあとごはん食べて、くるり。バンドで唯一見ようかなぁって思ったのがここっていう。
サウンドチェックの頃に着いたのですが、すでにメンバーによるジャムセッションになってて、うん、これがバンドだーと勝手に思ったり。普通の新曲と変な新曲聴けてよかったですw
(でも全然通ってないので、ごくごく有名な曲しかわからなかったヨー)

そのままきゃりーさん見てたけど、なんといいますか、私の目にはオシゴトこなしています!という風にしか見えなくて・・・別に元からすごく好きではないけれど、3曲も過ぎたあたりでグラスステージを後にしました。いやむしろダンサーの子供たちのほうがすごく頑張ってる感じだったよ!(あくまで個人的な意見です)

そこからレイクステージまで着いたころにはGMAも終わりかけておりましたので、そのまましょこたんステージを前のほうで見ることに。ていうか始まってから、マジすごいな〜とちょっこり後悔したのを覚えております。とにかくファンのみなさまのパワー半端ない。これがアイドルファンですね!そうですね!みたいな。。
とにかく、できるだけ巻き込まれないようにーと端っこでこっそり見てましたが、しょこたん自体は、フルパワー全開でこいつはすげえと思いました。直前のきゃりーさんとの比が・・・。好きとかそういうのは置いておいて、この人の会場盛り上げましょう感すごかったです。あと、セミの抜け殻をガンガン投げてたんですが(小さいかご6個分はあったはずだ)、そんなにたくさんどこで集めるの・・・?スタッフ総出なんでしょうか。ちなみにアニソンは1曲も知らなかったのでゴメンナサイ。(PSY・Sとかやってくれればねー)

で、そのままブンブンサテライツ!これは覚えてる最前!←
とにかく時間が短かったのですけれど。
ちなみに始まる前に小雨が降ってきて、機材関係もなんだかんだやってて、なんならブツッ!って音がして「ベースのラインが・・・」とローディー氏からスタッフからがてんやわんや。開始時間若干過ぎてスタートしました。
で、どうせ暑くなるんだし、、と半そででちょっと寒いのガマンしてたところに登場したニャカノ氏がタンクトッパーで登場。とりあえず驚いた。後日会社の子にも話したくらい驚いた。
やる気だわ、この人・・・!
と思いながら、私も完全に飛ばしてしまって髪とかぐちゃぐちゃでした。
しかしながら、FOGBOUNDで飛んでたところ、気がついたらカメラにずっと映されていたようだ。
すっごくぐちゃぐちゃのシーンなので、放送されませんように・・・と祈るばかりです。
最後とか、カメラマンと目が合って、そしたらさすがに気を遣ってくれたのか、手首だけを重点的に映すという技に出られましたw なにゆえ・・・
DIVEもKICKもやったかなーやっぱりモッシュが来たね。うん、なんだ、ブンブンって言ったら、みんなまだそこなのか。なんて思いながらも、自分のツイッターみてみたら、ニャカノさんの生声聞こえたとか書いてあるけど、何の曲だ!?でも聞こえたんでしょう、きっと何かで・・・(超いい加減)

まあ時間が短いことにやや不完全燃焼気味とか思いながらも、汗だくでレイクステージを後にしまして、そのままcapsuleを待ちまして。帰れるものなら帰りたかったけれど、バスがね、出る時間決まってたんですよ。
capsuleは、以前見たのと同じフォレストだったけど、ステージが(見た目もやったことも)完全にフォレスト向けじゃなかったという。いや、嫌いじゃないですよ。中田王子のDJよりかは全然いいです。ほんとに寒かったのもあって、ガンガン踊ってみたけど、あれですね、踊るって、地面がでこぼこだと難しいんだな・・・(ふらつきながら踊ってた人)
意外にもcapsuleが昔の曲やってくれて。グライダーとかね、好きだったんですの。

で、caapsule終わってから、もう帰れるんじゃないかと時間より早めだったけれどバスの集合場所に向かったところ、動いてた!たすかった〜(からの爆睡)

なんだかんだいいつつ、いろんなステージ見れてよかったです。(ってその感想か・・)

20140807_GG14@Zepp Divercity

20140807.jpg
もはや1ヶ月ほど前のできごとですが・・・
GG14行ってきました!
なんか今までGGに縁がなくて行ったことなかったので、今回初!(だと思う)
スペアザ→ブンブンサテライツ→DAの順でした。

スペアザはみんなおとなしく見てたんですけど、最後の1曲でKJが出てきた瞬間、会場がイッキに祭り。タオル振り回してた。ので、そっと後ろにさがって眺めてみた。
(個人的にタオル振り回すのあんま好きじゃない・・・です)
KJの人気、すごいなぁーとしか思えず、終わってから前のほうへ。最前、、行けたっけな?(忘却のかなたへ)

ブンブンが登場して、頭がDRIFTERは渋谷以来の選曲ですなー!
でも個人的に思ったこととしては、頭3曲くらい、ニャカノさんが慣れてない感満載だったということ。
まー1ヶ月ぶりくらいだもんね〜と思いながら見てましたが、それ以降は急に感覚取り戻した感じでした。んー安心したー。

で、その勢いで何をやったのかは全然覚えてませんが(すみません)、とりあえずこの日からニャカノさんのハーフパンツがスタートしたのは覚えております。しかも素材が革。ハーフパンツだけど、暑くないデスカ・・・?と疑問に思ったのはナイショです。
でもこの日のトップスはTシャツにベスト?でしたっけな。。
自分のついったーを振り返る限り、目の前でニャカノさんの投げキッス見れたのと、BACK ON MY FEETのイントロのノリが(個人的に)すごくよかったらしい。いや、覚えてますよ、特にイントロの時、ニャカノさんが目の前でギター鳴らしてて、ギャーと思ってたことは鮮明に。(ってことは最前だったのか?)
あとは、HUNDRED SUNS(仮)もやったようだ。記憶する限り、これ以降の8月ではHUNDRED SUNS(仮)やってないから、貴重だったのではないだろうか。
3バンドだったので、持ち時間も結構あり、最近毎回聴けてるFOGBOUNDももちろん!きた!
ほんとにワタシ、これ何回聴いても飽きないな〜
今年大きくアレンジ変わってるわけじゃないけど、実はちょいちょいアレンジしながらここまで来た曲だけに、「今」の感じが盛られてるのかなぁと思ったり。軸はありつつ、そういう柔軟さが好き〜
で、DIVE FOR YOUで、イントロの同期からベース&ギターに入る瞬間、アレンジが変わってから一瞬隙間が空いてたんだけど(ほんと1瞬、無音)、この日はニャカノさんが生声でカウントしてて(聞こえた!)、隙間なく入ったのに感動・・・!

とかね、いろいろ思いながら見ておりました。
で、最後、ニャカノさんのカメラで客席撮影・・・のはずが、SDカード入ってなかったのってこの日だっけ?はける時、それでなのか、ニャカノさんがすっごい笑顔で去って行ったのは・・・かわいすぎ。
ライブ中との落差が際立った日でした。

July 09, 2014
20140703_NiPPoN RockS@Zepp Divercity

幸運なことにも当選いたしまして!なんなら整理番号が二桁台でして!わーい。
ということで、胸を高鳴らせながら、仕事を早退w(二日連続でも無問題な程度にはがんばりましたキリッ)

しかしながら、向かう途中、電車が止まったりなんだりでギリギリ着。
急いで荷物をロッカーに投げ込んで間に合ったけど、この日もなぜか2列目。
おっかしいな〜(大人なのにこの感想)

あ、ちなみに身分証明書の確認、ありましたですね。
直前まですっかり忘れてて、保険証だったけど大丈夫でした ←

この日は計5バンドの出演で、ブンブン以外はわりと若い子がファンのバンドが多かったんじゃないかなと想像。大学生とか。だから、早く埋まったのか〜へー。
とか考えていた開演前のアタクシ。甘かった。

WHITE ASH → HAPPY → カリスマドットコム → クリープハイプ →BOOM BOOM SATELLITESの順だったんですけれど、WHITE ASHのある曲からいきなりのなんだこの熱量。若いなー。と言わんばかりの会場の沸きっぷり。
なんだこの飢えたような感じはっ・・・!正直焦りました。でも冷静を装わせていただいたわ。

んで、なんとかHAPPYまでを圧縮されながら過ごし、カリスマドットコムがオアシスのように感じられた。DJゴンチの見た目と踊りが好みです♥ よろしくどーぞ♥

そしてやっとBOOM BOOM SATELLITESに辿りつく頃には、「わたしこのまま熱中症で倒れるんじゃないか」「そしたらなんて言い訳して明日休もうかしら」という気持ちでいっぱいに膨れ上がってましたが、ニャカノ氏(いや、正しくはブンブンね)が登場した瞬間、会場の色が変わったわ!

ていうかね、会場全部がブンブンのファンじゃなかったと思うですけど、なんか一気にキタ。
なんだこれ。おいおいおい。くらいな。
んで、ステージ上のメンバーたちは、これまたなんだか嬉しげな笑顔見せたりするわけ(主にニャカノ氏を観察しています)。わーみんな好きになっちゃうじゃない!きゃー。
そういう大人じゃない気持ちでいっぱいになるほど、なんだか会場の夢中度合いが違ってオラびっくりしただ。

のちのちついったーなどで確認したところ、4曲。えっと、4曲だけですか。
でも一番盛り上がったよ、これ。(すいませんファンの贔屓目があるやもしれませんけれど)
4曲だけで「DIVE〜」でダイバーが2人、頭の上を通り過ぎていったよ。
あはは。

最後の恒例、ニャカノ氏のカメラで記念撮影の時、目の前に立っていたニャカノ氏が「写真とりまーす!」って声張り上げてたのにキュン・・・(変態)
もうそれまでのすべてがどうでもよくなる瞬間であります。

前日のEX-THEATERでも、このNiPPoN RockS(ニッポンロックらしいです。スは発音しないんだって)でも、開演前に「ブンブンサテライツってかっこいいらしいぜー見ていこうぜー」的な会話&終演後に「まじかっけー俺ハマったわー」的な会話がセットで聞こえてきましてね。
なんていうか、ちょっと前に同年代の人にブンブン好き!って言うと「なつかしいね〜」って言われてたんですよ。だけど、新しい世代の人がハマってくれてる。
ふええ、、、ちょっと嬉しい。
今年の夏はブンブンがフェスを駆け抜けて、もっと支持されるバンドになりますように(七夕のお願い)
いや、本音を言ったら、そりゃ小さい規模のほうがメンバーの近くで見れるしするんですけれど、かつての南青山BLUEの時、ファンがたくさん足繁く現場に来てくれないと終わらざるを得ないのを目撃しているから、ずっとブンブンが続いてくれるためには重要な話だと思ってるんです。
だから(?)、今年の夏フェス、とりあえず今決まってるの全部行くつもり〜っていうか行かせてもらいます〜ルルル〜(完全アホ)

20140702_GO LIVE VOL.2@EX-THEATER六本木

リキッドルームから1ヶ月ぶりのライブ!そしてまた2MAN!
ということで期待に胸を高鳴らせながら仕事を早退w

オシゴト場所が六本木なので、徒歩で行けるのがとっても嬉しい。
さらに、今まで入ったことがなかったので、それも楽しみでした。
中に入ると、階段の横にいきなり某A●Kを彷彿とさせるひな壇が。ちょっとした待ち合わせに素敵♥
でも、実は外の階段から向かう2Fで集合するっぽかった。全然そんなの知らなかったからちょっとキョドってしまった。
まぁ、前回のように素敵な番号は持ち合わせておりませんでしたので、半ば諦め気味ではありましたが、平日ということもありまして、2列目が空いてました。わお。
遠慮なく行かせていただきました。(この日、打ち合わせがあったので、ややキレイ目な格好でしたが、そんなことでひるんでる場合ではなかった)

あ、そう、入る時に凍ったお菓子もらったんですけど、「えっ!?アイス?」と思いながら、どうしようもなくかばんに突っ込みました。あれ、どのタイミングで食べればよかったんでしょう。
(ちなみにかばんはそのままロッカーに投げ込み、終演後に思い出してみたところ、デロデロになったレアチーズケーキらしき物体が・・・!)
お菓子にも、ドリンクの水のラベルにもちゃんとEX-THEATERのロゴ入り。お金かかってんなー

さて、肝心のライブですが、ACIDMANが先攻。おお、ブンブンのリハの早さから予想していた通り。
実は、ACIDMANをきちんと聴いたことがなくて、この場で初めて拝聴した身です。
なので感想とか大それたことは書かないことにします。(ただ、のちのち会社のACIDMANファンの子が言うには、ドラムはイケメソ枠じゃないということだけ聞きました。えっ。)

で、後攻はもちろんBOOM BOOM SATELLITES。ニャカノ氏と洋子さんだけが登場して、いきなり「ONLY BLOOD」でスタートするとかかっこよすぎやしませんか。(これで発売前の曲ってね、ほんとにこの人たちったら)
イントロが超絶攻撃的。ワタシこの曲が、ここ最近チラ聴きできてる新曲の中でも一番好きです。(悪い意味ではなくて)一番安定してないから、毎回変わってくる。だからすっごい惹かれる。
この日も、最新としてウェブで公開されてるバージョンからサビが若干変わってた?かな。

えーこの日ももちろんセットリストをまったく覚えてないのですが、「PUSH EJECT」やったりとか、久々に「NINE」が聴けたりとか、「Hundred Suns(仮)」やったりとか、ワンマンに近い選曲だったような気がー
時間も1時間弱ありましたしね。アンコール(なんと「DRESS〜」ですよ!!!わー)もあった。
しかしながら、サウンドチェックでボコーダーあったのに、「DIG〜」やらなかったのは残念だったなー。アンコールで来るかなあと思ってただけに肩透かし気味。でもいいんだ。
あーあと「FOGBOUND」やりましたねー定期的に補給したい1曲。ここ最近ずっと聴けていて幸せ。
他思い出せるところだと、、、「MORNING AFTER」とか?あ、「DIVE〜」はやった、うん、最近のアレンジverで、やっぱりかっこよかった。。。

ワンマンっぽいところもあって、ステージ上がすごく楽しそうだった!
いや、笑顔がいっぱい出たのは、翌日の「NiPPoN RockS」だったんだけど(もちろん観察していたのはニャカノ氏メインですごめんなさい)。
去年の武道館から観てきたライブの中で、完成度も高い気がしたし、その上での余裕があった気がします。自分が2004年からの数年間観ていたライブとはまたちょっと違うような。
あの頃も、完成度はあったから好きだったんだと思うんだけれど、余裕という視点から言えば、それほどなかったかもしれないな。これは、やはりバンドが大人になったから?なのかしら。

最後、恒例となりつつあるニャカノ氏のカメラで記念撮影ですが、この日はなんと川島さんがカメラマンとなって、ニャカノ氏が写真に入るとか、(個人的に)すごい貴重なショットが・・・!
これみたいな〜どこにも上がってないんだけど。
あと、タオルでわしゃわしゃ(もういいだろう)は出ませんでしたが、タオルに顔埋めながら演奏してるのにキュン・・・!(アホだろうもう)あと、ピック投げる仕草にも死に寸・・・!あとね、モニター飛び越えてきた瞬間とか・・・。盲目的に好きすぎるw
(すべてニャカノ氏の行動です、あしからず)

それと、ふと気付いたのですが、ここ最近の私「BACK ON MY FEET」のイントロでどうしようもなく興奮しているようです。イントロに掻き立てられすぎ。個人的に2014のテーマ曲と言っても過言ではなさそうな気がしてきた。

ワンマンばりに楽しめたライブでした!
ほんと、行けてよかった〜
しかし、EX-THEATERの音の良さはちょっとわかんなかったんだけど(ていうことは悪くはなかったんだろうな〜)、新しいハコだけあって、もろもろの設備はキレイだったし、客席もすごく見やすかったので好きなハコになりました。またなんか観に行けるといいな。(ブンブンのワンマンとか・・・w)

May 25, 2014
RIZE × BOOM BOOM SATELLITES

5月のブンブンサテライツ3回目!行ってきましたー
この日は整理番号が25番、と久々の神降臨状態だったので、柵をつかんでの最前列でした。
わーうれしい・・・
でも、直前まで、同行の友達が会場がガーデンホールだと思っていたため、すごいハラハラして待っていた私。(リキッドだよ〜ってメールしたら、新宿か!?って返事きて、さらに焦ったw)

RIZEのライブはおろか、楽曲をきちんと聴いたこともなくて(ゴメンナサイ)、どんなライブだろうな〜というか順番はどっちが先なんだ!?と思って、セットでわかるかナーと思っていたら、幕がおりてて直前まで分からず。サウンドチェックで、んーこれはブンブン?と思った程度で。(とはいえ、別に同期走らせるわけでもなく、断定しにくい感じ)

で、やはりブンブンが先で始まりまして。
今回は、RIZEファンのみなさまも一緒にノッてくれる素敵なスタイル=ワンマンよりは激しい。ダイバー多し。でも予想よりはソフティでした。
まあ、踊る・・・のは無理だったけれど、盛り上がった!
ステージの上も楽しそう。というかリラックスしてた。最近それがわかると一番嬉しいわたし。

途中、ニャカノ氏が曲の間に頭ワシャワシャしようとして、片手がどうしても離せなくて、タオルをかぶったスタイルになった瞬間は見逃さなかったとです・・・!
もーちょっとほんとにそういうのやめて。。。(好きだからw)

いや、そういう話じゃなくて。
セットリストがなんだか珍しい感じだった。
途中、PUSH EJECTに入った瞬間は驚いた。え、やる?これやる?って。
対バンだから、フェスよりは時間があるけれど、ずいぶんとマニアックな選曲ですな。
で、ONLY BLOODと100SUNS(仮)もやった。
100SUNS(仮)はずいぶんとこなれてきたナーって感じたけれど、ONLY BLOODはまだ不安定な気もする。もちろん私がフルで聴けてるの2回だけなんですけれどもね。いやでも、サビの部分(サイトで流してるとこ)の2回目にリズムが詰め込まれてくるのは好きだな〜(1回目はリズムを詰め込まないで、壮大な雰囲気なのも好き♡)結局、どう落ち着くのかちょっと楽しみ。

あと覚えてるのは・・・もめんとで始まって、DIVEやったなー、ヘルタスケルターもやったよね?ていうかFOG最後で超あがった!くらいの私のCPU・・・。
そう!FOGまたやってくれたんですよ。あーもう5月の3回でだいぶFOG補給できたなー。
しかもニャカノさんがFOGの合い間に客席の写真撮ってた。それがブログで使われてて、それ使う!?と思いました。(だって、最後にも客席にライト当たってる時、ちゃんと撮ってたから)
で、あたくし、真ん中に写ってたw FOGの時だからすごい笑顔。(でもライト当たってないところだから、もはや本人しかわからないという)

で、ブンブン終わって最後、ニャカノさん、客席と握手するかなぁ?と思ってたら(挨拶のあとそのまま去ってしまいそうな感じもしたので)、こちらサイドにやってきて、わしゃわしゃーとやった後、私、ガッと男握手(ってなんだよ)いただきました・・・!男握手なのが気になるけれどww!いや、後々考えたら、触れる表面積が多いから男握手で良かったのか(変態)!?などと思いながら、その瞬間は絶対に「え!?!?!?!?!?」って顔してたはずに違いない。間抜けなわたし・・・
自分の思い出のために、男握手ってこの握手w↓
20140525.jpg
恵比寿リキッドで最前でみたこと意外となくて、すっごい近さにビビっていたけれど、その瞬間は、ステージと客席の間にある楽器しまうラックみたいな台の上に降りてくれてた気がしたYO・・・(あんま覚えてない)
んで、近いから結構いろいろ見てたんだけど、最後の最後、川島さんの後ろで「アリガトー(って言え!)」みたいに吠えてたニャカノさんがかわいかったw
それと、洋子さんまでとも握手しちゃった〜もうここぞとばかりに・・・!
ていうかニャカノさん、ライブ中も吠えてたな〜こちらはきゅんきゅん(以下略)

そしてRIZEを後ろに下がってみました。おーーーーこれは嫌いじゃない。脳裏にりんぷびずきっと、とかれいじあげいんんすとざましーんとか浮かんだり(なんていうか音楽的なボキャブラリが少なくてほんとうにはずい)しましたが、個人的に好きだわー。で、思わずふつうに踊ってみてたw
実はこの週、体調がすぐれず、ライブ当日は微熱を出しながらの参加でしたが、いやー超元気だったわ。。。病は気からってホントですね!!!
ていうか、RIZEファンのみなさま、なんでみんなかわいいの・・・!不思議。

さて、ライブが終わって、珍しく友達とごはんを食べながら談笑。すごい笑った。。。あと、私が昔から思ってた“ドラムの音が重い”話も、すぐにわかってくれてすごい嬉しかったんだよう!誘った身ゆえ、本気で楽しんでくれてるとこちらも嬉しいのです。(ちなみに当日の最大ミッションは金子くんを生で見る!だったらしいが、kenkenがかぶってあまり見えなかったのが痛恨のミスだったらしいw)
いやぁ、なんともニャカノさんが愛おしすぎる・・・!って友達に話してたら、後日ニャカノさんはブログでJesse君が愛おしいと書いていて、ギャフンと思った私。一方通行すぎる私の愛おしさw

というわけで、最初から最後まで、とっても満喫できたライブでした。あー楽しかった♪
そして同行してくれたコウシンさんのブログ。やっぱ面白い!

May 19, 2014
VIVA LA ROCK

行ってから10日以上経ってしまった。。。 これ今年が初めてのフェスだったんですね〜個人的には「大人の大迷路大会」というサブタイトルをつけたいくらいの場内迷いっぷりでした。

ブンブンサテライツが12時半〜だったのでわりと早めに着けるように目指したものの、なんだかんだで大宮とおい!12時ちょいすぎに到着。急いでクロークに荷物を預けて(何回でも出し入れ自由なのは素敵でしたね〜)、スタンディングエリアまっしぐら。・・・が、全然着けない。泣きそう。とかって思ってたらなんとか15分前とかに着けた。自分の方向音痴っぷりが全面に出た結果なのでしょう、きっと・・・w

で、なんだかんだで前のほうにもするると入れてしまった。わーい。
この日はステージ上が前日と違ってすごくリラックスしてた(気がする)。まあ、前に行ったと言っても、ステージと客席の距離はすごく遠かったですけどね。
最後、ニャカノ氏が写真撮ってたし、うん、なんとなくホーム感。

で、個人的にはFOGBOUNDが聴けたのが、ほんとーーーに嬉しかったです。
まさか2日連続で聴けるとは思ってなかったので・・・はあ、よかった。
あとDIVE FOR YOUもありました・・・ね。(もはや記憶の彼方すぎ)
ツアーでやった新曲もね・・・(レポートでは100SUNSと書いてありましたな)

なんだか暑くて、そんなにギュウギュウとしていたわけでもないのに、めちゃくちゃ汗かいた。
FOGBOUNDでやっと冷房入った感じでしたの・・・。

で、早い時間に終わってしまったもので、腹ごしらえでもーとVIVA LA GARDENでごはんを食べて、さて、中に戻ろうかしら・・・と歩いていたら、川島さんのご家族とすれ違う。
自分でもよく分かったな〜と感心するくらいでした。(奥さまはマスクしてましたしね)
野生の勘としか言えない。。。

やや動揺しながら戻って、CERO→あれきさんどろす→NOTHING'Sまで観て、朝も早かったので力尽きた。ほんとはフィッシュマンズ観たかったのもありましたが、帰宅。

ここ数年なかったGWの過ごし方。今年は夏フェスもあちこち行ってしまいそう〜〜〜
とりあえず今週木曜はリキッドルームでブンブンサテライツです!わー楽しみー!(アホと呼んで・・・)

May 04, 2014
JAPAN JAM 14

20140504.jpg
行ってまいりました。ゴールデンウィークスペシャルその2。 贅沢よねー2週間でブンブンサテライツ3回も見れちゃうんだよ。

というわけで15時半過ぎくらいに新木場へ。
着いたら割と空いている。とりあえずステージ入ってみたら<androp>だった。
さわやかですね。(と言えるくらいしか聴けてない)

で、次の<TELEGLAM>でずずいと前に出て見る。
おおお。最前列はスウェード待ちのお姉さまたちがロックしておる。
んーまー気持ちわかんなくもない。(次いつ日本来るかわかんない的な?)
昔、マリリンマンソンが出るイベントで、 ブンブンの時、最前でずっと足蹴られ続けたことに比べれば全然ソフティよ。
とか思いながらのTELEGLAMは、、、あまり印象がないと言いますか、ずっと私イギリスに生まれ育ったらこういう音楽好きになるのであろうか。という自問自答をしていたのでありました。

で、次。<ブンブンサテライツ>
わーいわーいと個人的には気分盛り上がっていたのですけれど、ステージ上から感じる雰囲気は、ARABAKIと比べるとだいぶ落ち着いたもので・・あれっ?と思った。
とはいえ、DISCONNECTED始まりのパターンは久しぶり(えーとべガスとの対バンの時だっけ・・?)すぎて、私も乗り切れない。。
とはいえ、好きバージョンのDIVE FOR YOUやったし(なんなら、ほぼ全曲通して同期入ってなかった気がする)、新曲のONLY BLOODやったし、こういうフェスではやらないかなーとあきらめていた(曲長いし、歌ないし的な)FOGBOUNDが来た瞬間は、ほんとうにほんとうに頭の中で何かがぷちっと音を立てて切れていましたね。ええ。
でもね、やっぱりステージ上のリラックス度が違う気がして。まぁ、アウェイだと思っていたんでしょうか。個人的にはそんなに絶対的なアウェイではないと思ったんだけどなー。まぁスウェード待ちのお姉さまたちは、どんだけこちらが盛り上がろうとも微動だにしなかったですが。

しかしながら川島さんが目の前に出てくることが多くて、久々にしっかり見ました。
1年前は武道館で、手術後初のライブをしていたことを思い返すと、モニターを飛び越えてくる姿には目頭が熱くなる思いでした。元気になったね〜!みたいな。
人間ってほんとすごいな。このままで全然行ける、行けるよ川島さん!みたいな。

そんなことを思いながら、やや不完全燃焼気味なのでした。
終わった瞬間、スウェードファンの皆様がすごい勢いでぎゅうぎゅうと押し寄せるのに驚いた。
久々にそんな熱量見たぜ・・・

そのあとのスウェード、後ろから見てみましたよ、せっかくですし。
フロントマン、たしかに超絶ハンサムですね。ブリティッシュハンサム。
黒シャツ素敵でした。
(この時、ニャカノさんの黒シャツを妄想していたことはナイショです)

うすいな。。。感想が。(スウェード通ってないんです)

April 27, 2014
ARABAKI'14

20140426.jpg
かれこれ1週間経ちますが、個人的な2014年のゴールデンウィークスペシャルとして覚え書きを残しておきたいと思いますその1。

仙台はかれこれ、ブンブンサテライツのワンマン以来、1カ月ぶりでした。
あの時とは打って変わって、天気はピーカンだし、暑い・・
とりあえず、仙台駅を降りてからホテルに荷物を預けて、シャトルバスの列へ・・・って長い!!!
ここが一番日焼けしたんじゃないカナ?ってくらい暑かったし、今年一番の紫外線量でありました。
んー来年行くなら、日焼け止めマスト!

で、バスに揺られて1時間弱?会場へ着きました。この時点で12時過ぎだったかな。
とりあえず全ステージ把握しておかないと、と思い、徒歩で奥のステージまでぐんぐん行く。
が、これすっごい遠い。後々みんなで言ってたんだけど、ロッキンオンは移動する電車があるじゃないですか、ここそれないから、マジで徒歩。意外にも体力勝負なので、しっかり栄養と睡眠はとって向かったほうがよろしい。と思った。

で、いちばーーーーーん奥の<電気グルーヴ>に辿りついてそのまま見ました。
25周年ってプリントされたアロハがまぶしい。素敵な衣裳ですわね。
曲はみんな知ってるのいっぱいやった。フェス慣れ半端ないだけあって、余裕のステージングでありました。卓球の隣がまりんかと一瞬思ってしまって焦った私を許して。。

そのあと、なにみよーとタイムテーブルを見て目についた<FRONTIER BACKYARD>を見ることに。
この時点でブンブンが演るハタハタステージは砂埃MAX。これは手ごわい。
しかしながら、桜の木が客席横にありまして、そこから桜がちらちらと降ってくる光景はすばらしい。
日本人でよかった的なフェスが一番味わえるステージですね。
とかって気を抜いて後ろの後ろで見てたら、TGMX氏がいきなり客席つっきって後ろの柵に登って歌いだした。お客さんから水もらって一気してるし。しばし後ろの柵で歌ったかと思えば、客席真ん中で歌いだした。わーお。都内ではよく見るフロアライブじゃないかこれは。。。フェスでフロアライブ(つーかヴォーカルだけだけども)は新しいNE!
なんかその行動に笑ってしまったけど、あたたかいムードでよかった〜

で、そのまま<NAMBA69>を見る。全然前情報なかったし、難波氏はULTRA BRAiNだとばかり思っていたので、出てきた人見てびびった。
しかし、東北はTOSHI-LOW氏とかハイスタ勢とかほんと人気高いよねぇ・・・漢と書いておとこと読む的な。なんか盛り上がりがすごくて、でもそれだけ東北を大事に思って何度も訪れたりしてるのも人気や盛り上がりに関係してるよなぁとかいろいろ考えてしまった。ここいら辺の人たちはそういう男気のある人たちだもんね〜(というイメージ)

で、わたしはこのためにここへ来た<ブンブンサテライツ>。最前列でみることができました!
ニャカノさんがストール?を腰に巻いて登場。きゃわわわわわ
直前のツイートで新曲(ONLY BLOOD)は演らない、とあったのですけれど。個人的にはツアーからハマり中のDIVE FOR YOUの新アレンジが演奏されただけでうれしかったのです。
同期モノを結構削って、生楽器だけで演るアレンジなんだけど、昔聴いてた時よりもずうっとベースがルーズでそこがセクシーなのです。。
仙台では、一部ベースラインだけのところがあって、かなりウットリ。だけど、お約束というかなんというか、DIVE FOR YOUは後半だったので文字通りダイバーが大量発生してて、私も気がつかずに首をグギッとやられてしまった。
あとは、始まりのBACK ON MY FEETが気分にばっちり合ってて、個人的にもかなり飛ばしたナー
ツアーでやった新曲(waitin' for〜ってやつ)もやったし。
それと、ニャカノ氏の投げキッスーーーーー♡ のっけから3回くらい飛ばして、最後にも1回飛ばしてた記憶よ。これ完全にやられた。ARABAKI来てよかったよう・・・(単純)で、途中ニャカノ氏のピックも目の前に飛んできたんだけど、フェスなんでステージ〜客席までが遠く、柵まで届かず、セキュリティの人が投げてくれたんだけどまた届かず・・の時点でもはやあきらめたw 2回目にいたってはステージ上で落ちてたww そんなニャカノさんが好き・・・♡

ブンブン終わったくらいから、昼の暑さはどこへやら、急に冷え込みます。
いやーほんとあったかくするアイテムは必須ですね。私はこのためにウルトラライトダウンをユニクロで購入いたしました。わりと正解。

次は<レキシ>を見に移動・・・したのだけど、すっごい混んでルー!なにこれ!
とりあえず後ろーのほうから見てたけど、完全にMC勝ちだった。しのっぴとどっちが面白いかと言われればしのっぴだけど(え)、いやぁよく笑った。曲の途中で「呼吸をとめて一秒あなた真剣〜な目をしたから〜そこから何も言えなく〜なるの」を歌いだして、開場が「星屑ロンリネス」でひとつになったのは爆笑した。みんないくつー!?
ちょいちょいそういうネタを入れつつ1時間弱程度のステージが終わってから、仙台に戻り、まさかの某Bいんぐ社チーム(かつてワタクシも勤務)が集結。ていうかJK氏も来てたとかきいてほんとうに会わなくてよかったぁと胸をなでおろす。フェスにスーツで来る男・・・。

ちなみにここから約1週間程度体調の悪さを引きずるのですが、この夜まではそんなこと知りもしなかったわぁ・・・いまだ原因不明なんですけどね。

April 25, 2014
ONLY BLOOD


新曲の試聴はじまった!
All I Need is Youの言葉の置き方と、そもそもこういう言葉に弱いので、かなりキュンキュンしてます。
http://www.bbs-net.com

March 31, 2014
STARTING OVER TOUR@仙台CLUB JUNK BOX

あーツアー終わっちゃう〜〜と思いながらの仙台でした。
でも、今回のツアーは自分が昔に周っていた頃の楽しさに近いものがあったので、絶対にそれを見届けたい!という気持ちも強く。
記録をさかのぼるとどうやら2005〜2008年頃の夢中度と近い。
人生に2回もそんな思いができるなんてすばらしい。

さて。

当日は、東京/仙台とも、冷たい雨。春の嵐。
早めに出発してみたものの、交通機関はフツーに動いてたみたいです。
で、到着したら、これが寒い・・
トレンチコートとかじゃ無理なくらいの寒さ+雨。(モコモコしたもの着てたけど寒かった・・)
18時ちょっと前にライブハウスへ向かったのですが、クロークが始まっていて、うっかり荷物を預けてしまったが最後、そこから階段で30分待つという修行が。
いや、早めに荷物預けちゃった自分が悪いのはわかってるんです、ええ。
中にロッカーがあるとか知らなかった自分が悪いんです。
でも、とにかく久々に命の危機を感じた寒さでした・・・(大げさ)

今回のツアーは名古屋/渋谷/仙台に行ったのですが、仙台だけあの細長いLEDが客席にあって、んーこれは後ろから見てもキレイなんじゃないカナーって思いました。
しかし、今回はどこも小さいハコだったな〜(大阪行ってないけど)
言うなら、普段よく行くハコより小さいところ多かったかもしれない。(さすがにシェルタより小さいとこはなかったけどw)

などと思いながらスタートを待つ。
今回SEはすべてMIX CDだったのでしょうか。仙台は今までと若干違ったものの、BPM早めのミックスでした。なんかそーゆーの久々だったのですごく記憶に残ってる。

で。客電落ちて。

あれ・・・この音。
まさかの「DIG THE NEW BREED」!これ1曲目とか、生まれて初めて!これ後半にやる曲じゃないのーーーーーとか思いつつ、心の準備がままならないまま、気が付いたら突っ込んでました。すいません。(なんとなく周囲の反応が微妙だった気がしたのは気のせいかしら)
で、今回のツアーでやった曲が本編に並び。新曲も。PUSH EJECTも。で、本編終わりが他会場とは違って曖昧で、写真撮ったり撮られたりのワッショイがありつつ、なんとなくのアンコール的な流れで、まーそれは楽しかったわけですけれど。
あ、そうそう、私の大好きなニャカノ氏の頭わしゃわしゃもいっぱい見れた。たぶん、私だけだと思うんですけど、あれむちゃくちゃカワイくて(あの髪型ならでは!)、わしゃわしゃが出てくるたび、キューンとしてしまい棒立ちになってしまったのであった。←アホ
それと、今ツアーで初めて見たニャカノ氏の白いTシャツが個人的にツボで・・なんであれもっと着てくれなかったんですかーーーとか若干思いつつ。
で、あと思いだした、アンコールの時、一生懸命手を伸ばしたら、川島さんがつかんでくれたw ニャカノ氏はこのツアーで手をつかむことはできませんでした・・(サイン会を除く)ピックも取れなかったし、ほんと運動神経ないなー(そこか?)

アンコール(的な流れ)がこれまた良かった。ほんと何度観ても聴いても飽きない「FOGBOUND」でニャカノ氏炸裂(あれ間違いなく会場でいちばん飛ばしてた)とか、今回のツアーでは初?な「DRESS LIKE AN ANGEL」とか。盛り上がったわーーー。
個人的には、ブンブンサテライツと出会うきっかけになった「DIVE FOR YOU」のベースラインがたまらなかったです。たぶん・・・過去に聴いてたライブアレンジはベースがシンセだったはずなんですけど、今回はニャカノ氏が手弾きだった(ハズ・・昔も手弾きだったかもしんないw 昔はニャカノ氏ノーマークだったからわかんないw)。その音がね、強調されるアレンジなんですけども、仙台は一部ほんとベース以外の音が少なかったパートがあってキュンキュンしたーなにあれカッコイイ・・

とにかく、ステージの上がリラックスして楽しげだったのがほんとに良かった!
東北を忘れてないよ、音楽にできることを全部やりたい。っていうバンドの気持ちもきっと伝わったと思います。
私は、東北在住ではないので、ちょっと今回行っていいのかなと思ったりもしましたが、でも一緒に楽しめてよかったと勝手に思ってます。

結局、写真は一枚も撮れずじまいでしたが、まー私には無理だったかな・・・
現場では正直うーんと思うこともないでもなかったけど(写真を撮ることをメインにするゾーンとか分けたほうが良かった気もする)。
でもメンバーが積極的に写真投下したりコメントしたりというのもあって、とてもアクティブな取り組みになっていたですよね。たしかに、自分のモバイルの画面にプッシュ通知が(しかもニャカノ氏とか)がくると気分あがったものね。メンバーが遠くないよ、とアピールしてくれるのはファンにはたまらなかったですよね。
なんてエラソーに書いてみた。まあ、一個人の意見です。

なんだかんだ言っても、ブンブンサテライツのことしか考えてない(ていうかニャカノ氏か・・・?)!
この後も、ARABAKI(行くのかおまえ)、VIVA LA ROCK、RIZEとの2マンが続きますーわー楽しみ。

March 23, 2014
タイムシフトを見た。


はーかっこよかったぁ・・・(このシーンをキャプるとか、ほんと自分が心配)

March 22, 2014
STARTING OVER TOUR @渋谷CLUB QUATTRO

もう3日経ってしまいましたが!行ってきました渋谷。
名古屋も行ったのですが、最初っからすごい楽しいツアーという印象だったのですけれど、いやー渋谷は楽しかった。楽しすぎました。

整理番号はかなーり後ろだったので、前に行くのはあきらめて、真ん中くらい?もちょい前?くらいにいまして。真ん中は混みあっているので、下手側へ(ていうか柱の横らへん!)
まーまー混んでたけど、ほどほどに動けた。

セットリストは完全に記憶から飛んでるけど(ニコ生のタイムシフトもまだ見てない!)、もうニャカノさんに釘付け状態な私。大阪(行ってないけど)がすごく暑くて、“打ち上げられたワカメ”状態になったのをSCENEで悔んでいたニャカノさんですが、渋谷では扇風機が設置されていた模様。(ていうか風しか見えなかったから設置されてたのかわかんないけど・・)
なのになのに、やっぱり渋谷も暑かった。
ゆえに、私の大好きな頭クシャクシャシーンとか、なんならタオルでワシャーとするシーンが連発。もうこれかわいすぎるんです・・・

あとは、自分に向けてじゃないのに、めちゃくちゃ遠くだったのにキューンとしたのが、おでこに手を当てて客席見た後、ピッてピック投げた・・・かっこよすぎ。ずるい。あのピック受け取った人うらやましすぎ。
とか、なんだっけなーなんの曲だっけなーすっごい盛り上がってる曲で、川島さんのほうを向いて、手でピストルの形作って、自分の頭打ち抜くポーズとか。どうしてこういう動きがナチュラルに出てくるかなぁ、この人・・・。

などとひとりキュンキュンしていたのは秘密です。

最後、アンコールの時、洋子さんとドラムセットの横で「どーぞどーぞ」してたのも、ずるい。
(毎回、どっかで誰かと誰かの「どーぞどーぞ」がある・・・名古屋では川島 VS ニャカノ)

まぁ、そんなかっこいいのとかわいいのの繰り返しでやられてた部分もあるんですけど、年末年始のイベントとは全然違うリラックス感がとにかく良かった。
(手抜いてるとかそういうんじゃなくてですよ)
本人たちのホームだぜー感がこっちにも伝わってきて、すごく楽しめた。
そう、こういうブンブンサテライツのライブが私はずーっと見たかったんです!!!!
しかし、いまだFOGBOUNDはすごく夢中になるーあの曲やばいね・・何年、何回聴いてもアガってしまう自分。EMBRACEで一番好きなDISCONNECTEDも聴きたかったナー・・・

渋谷はダブルアンコールで、LIGHT MY FIREもやったし、ラストのSTAYは、自分を立て直してくれる感じがすごくした。ファンを離れてた時に耳にしてから、この曲は特別。私にとってすごくパワーをくれる曲なんだと思う。

そんなこんなで、ライブが終わった後は満足な気持ち♡
なのに、勢いあまってサイン会にも参加してみたw
たしか、ファンを離れたすぐ後くらいのツアーでもサイン会ってやってた気がするし、その時は正直「なんてアイドルちっくな・・・」とか思ってたけど、そのあとずーっとやってたわけじゃないんですかしら?
今回は、とにかくニャカノさんに会いたくてしかたなくて、しのごの言わずに参加しちゃったよねw
(なんていうか、緊張するとはまた別の気恥かしさがあったものの、逃したらもう次はないかも!と思って)

直接会えるなら、渡したい!と思ってたモノを携えて。そしたら、そのモノが好き。とニャカノさんが言ってくれたので、ホッとした。あとは客入れSEについて聞いてみたら、ちゃんと教えてくれました。
言いたいことの半分も言えなかったけれど、きちんと目を見て笑ってくれたのが嬉しかった♡
川島さんはかつて遭遇した時と全然変わってなくて安心したーあのテンポは永遠ですね・・・w

噂の2013年問題対策のために、ニャカノ氏の横にはでっかく「2014年3月18日」と書かれた紙があったのだけど(それは後で気づいたのだけど)、私と話しながらサインを書いていたニャカノ氏は201・・・でペンが迷っていて、思わず「よん、です・・・」と声をかけたら、「なんかしながらだと忘れちゃうんだよね〜」と。。。もう、なんていうか、かっこいい時とのギャップがたまらなかったわー。

と、全体的にニャカノ氏しか見てなかった私。すみません。
川島さんもかっこよかったよ〜!

次の仙台がファイナルとはなんと早い・・・私も住んでたことがある仙台だし、ブンブンサテライツにとってもメインイベントとのことなので、ちょっとほんとに楽しみーーー
今度は写真撮ってみようかしら(全然撮ってない人)

January 05, 2014
electrox

2014年のライブ初めはこちら。

ブンブンサテライツがメインですが、踊りもたしなむ程度に…w

到着→レイドバックルーク→青木→MODESTEP→BOOM BOOM SATELLITES→スティーブアンジェロ→m-flo
という感じでまわりました。

青木がね…曲云々じゃなくて面白かった。

で、ブンブンサテライツは最前列で見ました。というのも、このサンライズステージはサブ的な感じで、誰が出てるとか関係なく空き気味。
もう8割近くがメインのelectroxステージにいる印象。

持ち時間もここ最近では長めだったし、FOGBOUNDやったし、NINEアレンジの良さもわかった。

だけど、そのあとのm-floと比べると、なんかモヤッとしてしまった…
なんでかなーと考えてみたけれど、現場慣れの差かな…と。
まーDJとバンドを一緒にするのは乱暴ですけど、正直この間のageHaは別として、真面目すぎるというか、堅いというか。
それがバンドの持ち味なのもわかってはいるものの、もうすこしくだけてもーとか思ってしまった。
うまく言えないなー…
別におもしろおかしくやってほしいとかそういうんじゃないです。(じゃーなんだよ…)

次は3月のツアー…って嘘だあ!みたいに先ですが、きっとあっという間なんだろうな〜
ツアーでピック…w(また今日も取れなかった人…中野さん、2回も投げてたのに…)←しつこい

ちなみに今日いちばん楽しく踊ったのはm-floでした…!
So Mama I'd Love To Catch Up, OKっていうタイトルの「そのまま踊って帰っちゃう系?」(英語タイトル後付け感w)がすごい気に入った。↓どなたか個人のりみくすですが、これもカッコイイ!!

January 01, 2014
あけました

ageHaのカウントダウンへ。

持ち時間が短かったものの、わりと曲やってくれました。

途中、中野さんが客席に手を…!
えっと、届かなかったです。。。うう

川島さんも手を客席にさしのべて(これも届かなかった)、なんだか2人とも楽しそうでよかったー

最後、中野さんが自分のカメラで客席を撮ったり、なんだかすごくホーム感がありました。

私もそんな風な2人を見てなんだかうれしかった〜

アレンジ違いのNINEは、んーどうだろう。。元曲が好きすぎるせいか、個人的にはしっくりこなかった。

でもNINEが年の終わりに聴けたのはよかったです。

次は1/4、楽しみです。

そういえば思いだしたけれど、中野さんがblogで「最近全然写真撮ってないです。 心に余裕が無いんだろうと。 」と書いてあってからずうっと心にひっかかっていたのだけれど、この時、カメラを向けたのは少しでも余裕ができたってことなのかな・・・。だといいな。

なんだか弱音を言う中野さんなんて、自分がファンである時期にあまり見たり聞いたりしたことがなくて、とても心配だったもので。

December 27, 2013
HAPPY 42nd BIRTHDAY

本日はBOOM BOOM SATELLITES 中野さんのお誕生日。

正直なところ、去年の今頃は川島さんの脳腫瘍のニュースを聞いて、え。と思いながらも、若干冷静な気持ちでいた私ですが、1年でここまで気持ちがまた入り込んでしまうとは思いませんでした。

それもこれも、5/3武道館で見た、中野さんの涙のせいです。

2013年、とてもハードな精神状態だったと思うし、制作環境だって自分が理想と思えないシーンもあったかもしれない。そして、いつまた・・・と思うプレッシャーだってあったと思う。

バンド内で起こってることなんて良く知りもしないし、想像だけの私ですら思ってしまう。
そう思えば思うほど、すごい人だなって。そこにも惹かれてしまっています。

もともと作りだす音楽はとても好きなのだけど、人間性により強くADDICTされたというかなんというか。

とにかく、今年そんなに頑張った(ハズの)中野さんには、来年は穏やかで幸せな時間を過ごしてほしいなと願います。
制作も自分の思う通りのものが作り出せますように。

おめでとうございます。

※写真は見ると幸せになれるという渋谷PARCOの♡(関係なさすぎますが、好きの気持ちを込めて・・!)

December 23, 2013
やったね(遅)

渋谷クアトロ、HP二次でチケット取れました〜

うれしいっ・・

とりあえず、あと指折り数えたら、agehaですNE〜〜
なに着てこっかな〜〜♡

December 13, 2013
2MAN TOUR

行ってきましたー
ベカスwithブンブンサテライツ!

チケットがソールドアウトしてからの告知だったからあきらめてたものの、なんとかチケット見つけた。ふー。

ネットさまさまですね…

アウェイだったと思うけど、個人的には前に行って踊れたのがよかった。

こないだのAXは踊るとかなんとかの前にすごいモッシュだったから。。

で、最後、中野さんがピック投げたー!こっち来るかと思ったら、あと少しのとこでくいっと曲がってもうた…さすがに終わってから探すのははずかしかったので、泣く泣くあきらめてしまった…

いつか中野ピック、手にできますように…(こら)

しかしDISCONNECTEDのアレンジかっこよい。あとMOMENT I COUNTのアレンジも好き。

川島さんが若干声が思い通りになってないようなところがあったのは気になったけど。。

年末年始も楽しみだー

December 12, 2013
しょんぼり

渋谷クラブクアトロのチケット外れました・・・
でも仙台は取れた。JUNKBOXは一度も行ったことがないハコなので楽しみ〜

そして渋谷は二次にかける・・・!
おうちから電車で10分なので、なんとか取れてほしいものです。。

every moment you create,I wanna feel.

12/13@LasVegasの2MAN(w/BOOM BOOM SATELLITES)に行けることになりました。

うれしい。

November 29, 2013
キュンキュンしました

今日はブンブンサテライツ@SHIBUYA-AXに行ってきました。

けっこう前でなんなら2列目でみていたんだけど、出てきた瞬間、夢かと思ったですが、中野さんの髪が短くなってて、めちゃくちゃキューン!

えと、ライブは短かったけど、ずっとキュンキュンしてました。
はあーかっこよかったああ

そのあと、友達と会ってご飯食べてたんだけど、「川島さんからの空白期間を経て、違う人に行くって変だよね〜ぽいけど〜」と言われました。
そーよねー自分でもそう思うけど、どうしてか理由はわからないのよね〜
でも、今の中野さんは自分にとってすごくかっこよく思えるから、素直にそっち見てるだけとも言えるであります。キャハ

October 31, 2013
まさかの。

まさかの当選、そして行ってしまいましましまし…(あわわ)

なぜに当選したのか謎いですが、とても楽しかったです。内容は来週の番組で!

帰り、20時終了予定とあった気がするんだけど、なんと20:45終了で、私は大阪の街を走った。知ってるとこでよかった…

会場のドア出た瞬間、ふたりも出てきて、まずい!と逃げるように階段を降りた。。(ノД`)
そんな場では話しかけられるわけありません!(マナー)

で、無事最終の新幹線にすべりこんだ〜ひー

胸いっぱいだけど、おなか空いた(B型)

October 29, 2013
キャンペーンですね

本日から全国行脚とのことで・・・プロモーションのキャンペーンに出たらしいおふたり。

名古屋とか大阪とか、まぁ公開放送されても行けませんしね・・とほぼ諦めていた本日、
打ち合わせが終わり、なにげなくついった見てたら、ちょうど公開放送のUstが始まったばかり!
早速アクセスして、Wi-Fiがぶちぶち切れながらもウットリしながらみてました。
神様&ZIP FMのみなさまありがとう!

動くブンブンサテライツはキュンキュンするなーっ♡

お互いのいいところとか、長年愛用してるものとか、(結成15周年ということで)最初の頃の印象みたいな話をしていたような。
最近、写真をみてると前に紹介していたknipperの指輪がナイ・・と思ってたんですが、失くしたとのことで、部屋の中を探してるそうですよ。って結構ショックですね、自分だったら・・・

中野さんはわりとモノを長く愛用するほうで、川島さんは全然wだそうです。

で、お互いのいいところは中野さん→川島さん「のんびりしてるとこ」、川島さん→中野さん「白黒はっきりしてるとこ、グレーなところがほぼない」※ただし、いいところと悪いところないまぜでの評価ということでw
中野さんは「(川島さんが))いなくて困ったなーとか思ったことないもん」的なコト言ってましたが、もう照れ屋さんなんだから♡と思ったのは私だけですかね、私だけですね、はい。

で、ブンブンサテライツ結成は1992年頃で、当時はまさかふたりでこんなに長くやるとは思ってなかったらしい。まあねぇ・・・そればっかりはわかりませんよね。
で、「3000円で買った指輪みたいにね」とバリで購入した指輪と自分の関係を例えられて、思わず苦笑の川島さん(だったような)

あとは、電波とぎれとぎれで聴き取れてませんケド・・・
毎回決まった話じゃなくて、ちょっとずつ広がってくのが面白いなー
またどっかで仲良しフリートーク的なもの見れますように・・・!

あ、そういえば、ゲスト出演が決まった12/13のライブは、それを知った時点でチケット完売でしたので行けません。ま、ゲストですしね、行かなくってもいいかなーって(若干、負け惜しみ)

October 23, 2013
グダグダサテライツ

わたしの大好物です。
本日のニコ生がほんとうに面白くて涙出た・・・!

中野 VS 川島の戦い(嘘)は毎回脱線しまくりでいいと思います。
思いだす中で印象的なのは。。(時系列無視)
・川島さんが司会です、と宣言したわりに、結果中野さんが仕切ってる
・リハーモナイズ(だっけな?)してる、と言われて、知らないとばっさり答える川島さん、さらに説明する中野教授。
・remixを観た後の評として「大学生の頃とかこんなんばっかだったよなー親父になんでお前の作る曲はドラムとベースしかないんだ?って言われた」「で、なんて答えたの?」「そういうのが今来てんだよ!つって」と答えた中野さん
・冷や汁の作り方を口頭で紹介する中野さん。うん、途中であ・・・冷や汁だ、と思ったけど、けして簡単なレシピではなかった件
・かつての対談について「それぞれの自論を展開してて、話噛み合ってなかったような・・」とぽろりしてしまう中野さん
・「ほら、、、おいしいお味噌汁とか作ってくれる人っているでしょ?・・・おまえのアレとか・・・」「いや今日観てるから、怒られちゃうから」という会話
・実はBlu-rayプレイヤーを中野さんは持ってませんの件。川島さんがヤマダ電機で購入する時も「おまえなんでそんなん買うの」的反応だったらしい。
・川「だって、ニコ生で視聴率NO.1目指してるって言ったじゃん」中「言ってねーよ」即答w
・(ヲタ芸のことを)「こういうのなんていうか知ってる?」「ヲタ芸っていうの?今コメントで知った」えっ、うそだ、川島さん!
などなどね、タイムシフト予約してる方はぜひチェックしていただきたいgdgdっぷりです。

で、新たにライブが発表となりますた。
electrox
年明け早々の1/4インダ幕張!
CYBER JAPANのイベントなのかな(トコティ的な?)・・・?とにかくクラブ寄りなイベントでおばちゃんうれしい。
なんかこのメンツの中にブンブンサテライツって、やや不思議ちゃんだけど。
スティーブ青木は嫌いじゃないし私。(なぜかふたりともスティーブ青木を3回言っていたのでw)

あとは、2014年ワンマンツアーも控えてるそうでして、ぜひ小箱ライヴ参加したいです。ぜひぜひぜひ。
ああーあとあれね、中野さんの髪が長くなってておおっと思ったけれど、みてるうちにどんどん好きになりましたとさ。私もおいしいお味噌汁作れる人になりたい(意味不明)DJみそしるかなぁ・・(さらに不明)

以上、鼻息荒い記録でスイマセン。

October 21, 2013
料理のできる男子は素敵

先週金曜は、次々と出来上がる料理の写真を眺めながら、いつかアヒルストアみたいなお店を開いてくれたら、わたし通いつめちゃうのニナーとか思ってました・・・!

中野派にスライドしてからの私は、中野さんが垣間見せるカワイイ部分にやられっぱなし!なんだろー昔そんなにカワイイ人とは思ってなかったんだけどなぁ・・見てなかっただけ?

とかなんとか言ってる間に、ライブが決まりました。
う、うれしい・・・年内ライブやるなんて、ないかも。と思っていたので。。。
----------------------
THE ROCK FACTORY Vol.5
■開催日 : 2013年11月29日(金)
■出演 : 追加アーティスト BOOM BOOM SATELLITES/ACIDMAN/coldrain/MY FIRST STORY(順不同)
■会場 : SHIBUYA-AX
----------------------
『FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY』
日時:12月28日(土)12月29日(日)10:00 OPEN/11:00START
会場:インテックス大阪
出演:BOOM BOOM SATELLITES and more!
----------------------
うわーん、うれしいよう・・・(チケット取れるかはさておき。いや取れるようにがんばろう)

そして、10/23には、ニコ生で本人登場ありの特番だそうで。
何気に、ヘアカット後の中野さんって写真とか見れてないので、そういった意味でも(ていうかそこ大半w)非常に楽しみにしております。タイムシフト予約済みよっ!

あとは・・・到底当選しないだろうと踏んでいる(応募フォームの職業欄を観た瞬間、番組のターゲット層が感じ取られまして、東京在住に加えて、さらにああ無理・・感満載)公開録音もございますね。
こちらは、当選しなくとも、放送をなんとかしてキャッチしたいものです。やっぱドコデモFMがテッパンなのかしら。

とにかく楽しみなニュースが多くて、うれしい毎日です。

October 15, 2013
いまさら。。

EMBRACE PARTiCLES

ツイッター等の流れとは真逆ではございますが・・
昨日から、PCの前で待ち時間が少々ありまして、今さらちゃんとみました。

PV(MV?)は、みたことある〜とかありますが、年代ごとのオフショットまとめたやつがあるって初めて知ったじゃない・・・!
あのですね、川島 VS 中野のじゃれあいは、個人的に天然記念物級に大好物なんですけど、ちょいちょい入ってくるのが。。ほんと仲良し!(たぶん)ほんとに仲良し!大事なことなので2回言いました。

途中アメリカ移住の話で、最初中野さんがシビアな表情でまじめに語るから、「えーまた海外行っちゃうの・・・」と一瞬しゅんとなりましたが、そのあとのやりとりで笑い話に変えるチームブンブンサテライツは、結構、本気で面白いんじゃないかと思いましたw

あーいいもの見たな〜中野成分補給できた感・・・(EXPERIENCED II発売まであと半月)

August 30, 2013
EXPERIENCED


※画像は借り物です。

個人的にはステージで起こったことが確認できる意味で、とてもうれしいニュースです!
Blu-rayプレイヤーを買った意味もここにあった気がするような・・・もちろん初回生産限定盤を予約します。
あと、希望としては、年内にライブが観られたらとてもうれしいです。
======================
発売日:11月6日
タイトル:EXPERIENCED供EMBRACE TOUR 2013 武道館−
形態:CD+DVD(永久仕様)
SRCL 8368~9 ¥4,200(税込)
CD+Blu-ray(初回生産限定盤)
SRCL 8370~1 ¥7,950(税込)
======================
今日は、yanokami indoor fesに行ってまいります。私の唯一の夏フェス。

July 15, 2013
いまさらですけど


BOOM BOOM SATELLITES レーベルサイトを(再度お熱があがってから)初めてみた。

そしたら、渋谷クアトロのライブ写真が・・・!
この、中野さんの、いしょう!衣裳!!!
(そしてしつこいようだが、髪型!!!!)

すごい好きです。

以上。

July 07, 2013
NINEの由来。

期間限定とのことですので、チェックはお早めに。

川島道行@ACB秋田コミュニティー放送
【その1】
【その2】
【その3】

ほんとうは秋田でしか聞けないところ、特別にアップしていただいているようです〜
ええ、個人的には、NINEがすごく好きなので、名前の由来が気になっていたのですが、その3で明らかに。
なんか意味あるのかなぁと考えたりしてましたけど、ま、そのくらいシンプルなほうが、この曲の良さが際立つってことかもしれません・・・!

June 10, 2013
新しい、NEWS

オフィシャルからメールも配信されて、twitterでもつぶやかれて。
帰り道はぱあっと心が嬉しくなりました。
--------------
5月3日に自身初の武道館公演を行ったブンブンサテライツが、ライブが終わってからの初の活動として、「フジテレビ サッカー中継イメージソング」を担当することになりました。

これまでも同イメージソングとして使用されてきたクラシック音楽、歌劇「アイーダ」より「凱旋行進曲」をブンブンカラーに染め上げた今回の作品は、6月10日月曜日の「すぽると! MONDAY FOOTBALL」にて初オンエアされ、「FIFAコンフェデレーションズカップ2013」の初戦ブラジル戦が行われる15日より配信サイト「フジメロ」などで着うた(R)配信もスタート。

こちらのリミックスはフル尺も存在するので、ファンの方は今後配信リリースなども楽しみにしていただきたい。

--------------
フルver聴きたい・・・。とりあえずすぽると録画予約してみました。

家についたら、中野さんがヘビロテと聞いてそのままオーダーした「Monolake/GHOSTS」も届いてた!
好きな人のヘビロテが聴けるなんて、いい時代〜!

May 21, 2013
ヘビロテ

もはや病気のように、ブンブンサテライツを摂取し続けておりますよ。(お得意の2枚買い!)
欠けた時間を取り戻すかのような。

しかしEMBRACEを聴き込むと、昔のアルバムに戻れなくなる。
いや、TO THE LOVELESSはいける。
なんとなくExposedが境界線ぽい(自分の)
各アルバム、好きですよもちろん!

今の気分なハナシ。

たぶんあれですね、ここ数年自分の中でブームな“からみつく音”とか“からみつくメロディー”がふんだんに楽しめるところが気分なんだと思う。相当ウエッティーなのよねー
あと、ピアノの音がしっくりきてるんだと思う。

以上、自己分析でした。

May 19, 2013
NEWS ZEROをみた

約10分ほどの特集でしたねー

想像はしてたけど、やはりヘヴィーな事実。
なんだろう、ふわふわとしかとらえられてない(自分が)。まるでフィクションみたいな。。

でも、武道館前のリハ模様とか、一瞬でしかなかったけど、あのふたりの関係性ってすごいなーって思ったり。20年の付き合いだからとかそんなんじゃなくて・・・なんだろ、一種のソウルメイト?
ずっとお互いあきらめないで、ひとつの目標に向かってるというのが痛いほど伝わってきた。

だけど、バックグラウンドをみたり知ったりしてるファンはそう思うけど、一般の視聴者にはどう映ったんでしょうね・・・。そこだけ気になる。(しょうがないけど、あんだけ短いと、なんか充分に伝わらないんじゃなかろうか)

でも、自分はそんな事実があったとしても、フィルターはかけずに音楽を追っていきたいな。と思いました。そして、そんな状況にあっても、けして後ろを向かないで、進化したように思える川島さんってほんと凄いな。

May 08, 2013
さらにYoutube

観よう。

そしてアーカイヴ

「ステージ上で起こってたことがわかってない」発言ののち、ステキなタイミングでスタッフツイートでニコ生のアーカイヴがあることを知り、観ました。
(いままでかたくなに登録しなかったプレミアム会員にも一瞬で登録したよね〜w)

BOOM BOOM SATE​LLITES EMBRACE​ TOUR 2013 in ​日本武道館 生中継(アーカイヴ:2013/5/10まで)

改めてステージ上で起こってたことを観ると、いろいろあるんだなー
遠目でも「うわ、かっこいい!」と思った、ダブルフライングVでバーンとか、たまらないですね・・・
川島さんも「Moment I Count」あたりから笑顔がちょっと出てきて、リラックスしてる感がうかがえます・・
ていうか、中野さんが冒頭から涙ぐんでるなんて、ワタシ知らなかったよう・・・
などと、相変わらずミーハーな感じ全開で観てましたね。

でもさ、この数日で買い込んだサンレコのインタビューで中野さんが言ってた「アーティストって、人生を預けられるような存在」(的なこと)が、なんとなくわかる気がするなぁとかみしめちゃった。
いろいろ周って巡って、思うことは、私のそういうアーティストはBOOM BOOM SATELLITESなんだなということ。

あれっ?超ゲンキンですかね。

May 06, 2013
360度

風邪を盛大に引きながらもDVDを観て、自分の引き出しをいっぱいにする日々。
で、いまさらながら360度ライブストリーム(NINE)をみました。
世界初って、いろいろあるけど、こういうのがブンブンぽくって好きだなー。

もちろん、ニコ生のタイムシフト予約なんてしてませんし(別にいばれない)、
なんていうか花道を駆け抜けてきた瞬間しかメンバーの姿見れてないし。
だから、Blu-rayとかDVDとか出してくれないかなぁ・・・と甘く夢見るのでした。
(ほぼ、ステージで何が起こってたのかわかってない人)

May 05, 2013
戻れない。

ライブから2日が経過しておりますが・・・心のほとんどがブンブンサテライツに占領され続けており、全然現実に戻れてません。
んーーー連休でよかった。

しかたないので、手持ちのライブDVDなどをエンドレスで流し続けております。
(違う目的だったけど、Blu-rayプレイヤー買っててほんとよかった・・・!)

ここ3年くらい全然活動を追っていなかったので、すごくドキドキできていいですw
ご本人たちには、ぜひともゆっくり休養をとって、それからまた新しい作品に取り組んでほしいな!と心から思ってます。

かつてのように、活動をじーっとウオッチさせていただきますっw!!!(心のスタンバイできたw)
とりあえず、持ってなかったエクスペリアンスドと08ツアーのDVDを今!先ほど!お近くのアマゾン支店で購入いたしました。ウフフ

すごーい単純なんだけど、おとといのライブ以来、どちらかと言えば中野派にスライドしました。
あの表情と涙に完全に心持ってかれてしまったわ・・・!

May 04, 2013
ブンブンサテライツ@日本武道館


本日行ってきました。日本武道館。
ブンブンさまが武道館やる日がくるなんてね・・・
ちなみに自分はAブロックでしたが、ステージ側の下手でした。Bが真ん中、Cが上手といった感じ。
で、後ろにD/E/Fがあるという。
スタンディング武道館は行ったことなかったので、疑問がいっこ解けた。
(あすぴの時は2F席だったのデス)

入場が押してて、中に入れたのは18時過ぎ頃。で、SE最初はフツーだったんだけど、18時半頃からアゲてまいりまして、、4つ打ちバキバキでよかったです。(個人的に最後の数曲は作った?とか思ったんですけど、誰かの曲だったのかしらね)で、そのまま盛り上がってるとこ、メンバーが登場。いいよいいよ〜

曲順はすっかり忘れましたが、snowとかNINEとかぞくっとするような声量。病み上がりなのに、、、とちょっと心配するくらい。でも声が全体に広がるような感覚がとてもよかったです。

個人的にはFOGBOUNDとDIG THE NEW BREEDとSTAYとDISCONNECTEDやってくれればあとはもう・・・という感じでしたが、MORNING AFTERとか、KICK IT OUTとかDRESS LIKE A ANGELとか、実際流れると、踊りたくなって、気がつけば汗だく。。。久々だわぁこんなの、みたいな。

特に、DIGの時、下手端にマイクがセットしてあって、ずーっとそこで川島さんが歌っていたのが、完全に俺得状態でした。。。わあああ贅沢すぎる・・久々にDIG聴けるだけでも幸せなのに、比較的空いているところで目の前に川島さんとか。もう。これだけで来てよかったです。


STAYは、ダブルアンコールだったので、最後まで聴けないのかな。。。と思っていたら、始まったから、これもとてもふるふるした。
もともと好きな曲だけど、川島さんのこととか、スクリーンに映し出された中野さんの表情とか、いろいろ相まって、うっかり泣きそうになってしまった。
中野さんが涙ぐんでるように見えたのもあって。
川島さんはもとより、中野さんは一体どんな感情を抱えて今日を迎えたんだろう、これからのこともどんな想いで考えてるんだろうと思えば思うほど、なんかグッときてしまった・・・

ending.jpg
おととしのイベント以来のライブだったけど、なんだか追いかけていた頃の気持ちが再燃したような気分です。
すぐにはないだろうけれど、またライブが見たいし、それよりもなによりも川島さんと中野さんがふたりでずっと音楽を続けていられるように、祈ります。
だって、ずっと聴いていたいから。

あと、川島さんが心配かけまいという気遣いなのか、MC長めにしゃべっていたのも印象的。最後の最後、「あの・・・・今日ずっと言いたかったこと言わせてください・・・・・・・・・(みんな何?何?という空気)ブンブンサテライツでしたっ!」と言ってたのはかわいすぎたわー。

あ、そういえば武道館に向かう途中、中目黒ではたちの頃追っかけしてたFOD山田ワタル氏に遭遇。声こそ掛けられなかったけど・・・変な日。

March 10, 2013
EMBRACE

アルバムをやっと購入し、武道館の申し込みも完了。
ちょっと前の川島さんのツイートが元でいろいろ調べているうち、現実を受け止められない気がしてきた。
いや、そうなるって決まったわけじゃないし、可能性のひとつなんだけど。。

アルバムの中では推しなんだろうなーと(PVあるんだし)思われるこの「NINE」が一番好きです。

August 26, 2011
stay

8/24のOUTERMINDに行ってきました。
昔の私なら、「川島さんの誕生日にライブなんて〜!」と思うかもしれないけど、
当日まで忘れてました。はは。
で、当日急に行くことにしまして。。

到着したらテナーが始まるところ。
テナーかっこいいすな。いや昔からかっこいいけど。
新しいアルバムいい!ってきいたから気になります。
しかし、後ろの椅子席で聴いてたんだけど、音圧もすごいし、照明もすごいしで
若干頭痛。。。

そのあと、ブンブンサテライツ登場!
なんか前に出ちゃいましたよね。
踊るつもりなかったけど、なんかやっぱ動いちゃいますよね、体。

懐かしい曲は出てこなかったけど(kick it outが懐かしいくらいのレベル)、
TO THE LOVELESSからのstayはすごく印象に残ってしまった。。
正直、ちゃんとアルバム聴いてなかったから、曲名わかんなかったんだけど
吸いこまれるみたいな感覚。
川島さんの声が、ほんとうに好きなんだなー私、と思いました。

で、探してみたら、富士での感動的なステージング発見。

今のへこむ気持ちに、そっと寄り添ってくれるみたいな曲で、すうっと心に入り込むのかもしれないな、なんて思いながら。

好きってなんだろうって、このわずかな期間にいろいろあって考えてます。
浮かれてた1カ月前の私に、この気持ち教えてやりたいわ。

December 23, 2009
19972007

このカテゴリーをまた使う日が来るとは!うふ。
いまだ地味に好きです。カウントダウンは迷ってます。

アマゾンで特集『19972007』

[Disc1]

KICK IT OUT (日産X-TRAIL CM 、 グリコ「ウォータリングキスミント」CM)
WHAT GOES ROUND COMES AROUND (US車DODGEブランドCM)
LOOKING GLASS
PILL (メナードジュピエルリップスティックCM)
MORNING AFTER (HONDA「エアウェイブ」CM)
LIGHT MY FIRE
LET IT ALL COME DOWN
40 FORTY
GIRL(映画「DEATH NOTE」トレイラーソング)
MOMENT I COUNT (i river 企業CM)
ON THE PAINTED DESERT (VOLVO、JUGGER CM)
INTERGALACTIC
SOLILOQUY (SEGA「シェンムー2」CM)
PANACEA
STRIDE

[Disc2]

EASY ACTION (映画「ベクシル」挿入歌)
SHUT UP AND EXPLODE (PS配信アニメ「亡念のザムド」オープニング)
id
PUSH EJECT
JOYRIDE (英音楽誌NME「SINGLE OF THE WEEK」獲得曲)
YOUR REALITYS’ A FANTASY BUT YOUR FANTASY IS KILLING ME(Featuring CHUCK D)
BRANDNEW BATTERING RAM
DRESS LIKE AN ANGEL
SCATTERIN’ MONKEY (映画「ザ・ダークナイト」「YAMAKASI」「PING☆PONG」挿入歌)
RISE AND FALL
DIVE FOR YOU (映画「APPLESEED」主題歌)
PROPELLER
ANTHEM -reprise- (映画「APPLESEED」挿入歌)
INGRAINED
ECHO TAIL

これは、欲しい。特に初回版でよろしく。な感じです。
でもコメントにほそみんやホリエテナーがいるのは、なんか、うーん。
だったらクラブメンツで集めればよかったのに。。。そっちに行きたいのじゃ?
あ、でも今のクラブメンツちゃんはブンブン聴いてないのかな。

February 19, 2008
BOOM BOOM SATELLITES JAPAN TOUR 2008



2DAYS行ってきました。
16日はN嬢を誘って車でゴー。途中仕事決まった話のその経緯とその不思議を話しつつ、お台場方面を優雅にドライブ。START時間を過ぎてから到着だったのでロッカーとか空いてなくて手で荷物を抱えたままフロアに。
私としてはありえないような気もしたけど、まったくステージ見えずの位置から拝見です。
ま、いっか。。。
主にExposedからの曲でしたねー。
期待してた昔の曲(ライブ終わってから会ったT嬢が「10周年をテーマにした選曲期待してたけど・・」って言った瞬間ハッ!と思った)はあまりなかったですけど、私的アンセムのFogboundが本編中盤に、Wアンコールで本命のDig the new Breedが来て死ぬほど嬉しかったです。
でもFogboundでそれまで大騒ぎだったフロアが休憩状態になってしまったのはちとさみしかった。
あれ、知ってる知らない関係なく盛り上がる曲だと思っていたのでね。。
ちなみに川島さんが黒いシャツだったのは見えた。あとは異常にハキハキとMC喋ってたのが衝撃だった…!いつの間に…!
その後、身分証明書をまんまと忘れた私のうちにとりに帰り、祐天寺のデニーズに寄ったのが運のつきで、そこで、髪型の話をしていたらすっかりageHaに戻る気がなくなってしまったのはここだけの秘密です。
3時過ぎに帰宅。

17日は一人参加だったので、せめて荷物はロッカーに入れたいと早め(と言っても18時半頃)に到着。
真ん中らへんにいたけど、始まった瞬間の波に乗るのはやだったので、すっと後ろにひいてみた。
やっぱメンバー見えない。。ま、いっか。
たまに白いシャツの川島さんがチラ見え程度。
しかし17日は本編中盤にFogboundとDig the new Breedがきて、Wアンコールではghost and shellきましたーーーーーー。
わおーイントロカコイイ。。。。。
あ、そうそうExposedの中ではBring it onが顕著なアレンジの変化を見せておりまして、川島さんのシャウトもかっこよくまとまっていたのが嬉しかったです。
個人的にはcome back to my houseとかよかったなー
しかしアンセムは昔の曲なのであった。。Dig〜の2008年バージョンはまた跳ねる感じにみちみちていてキラキラとしていたのでありました。好きです。
たまにはunderdogとか聴きたいなぁ。。なんって思いつつ帰宅。
今日、会社で実は新木場に行ってた人が他にもいることが判明。しかも超ニアミスっていましたが気付けず。しかもその人に2007年型がものすごくメンバー2人に似ていて、もうその人にしか見えませんでしたよ、と言われたので、似てるってさ、と伝えたら、ちょっと照れてた。何をいまさら!と思いつつかわゆいと思った。

November 26, 2007
国技館でばか騒ぎ

柵が壊れたことで有名なconnect07に行ってきましたー

場所は国技館!
こんなことでもなければ行かないだろうと思われる国技館。
この日ばかりは早々にシゴトを切り上げ同行のTちゃんと待ち合わせの両国駅へ向かう。
とは言っても、うちの会社では5名ほどの参加者がおり、20時くらいから徐々にみんな会社を出ていたのですけれども。。(前日からitunesの共有名が国技館をネタにしたおかしな名前で競い合っておりました)

当日会社を休んだTちゃんとメッセで連絡をとりあい、21時過ぎに待ち合わせ。
いやーわくわくするねぇと国技館に向って歩いていたら、三浦さん(oak)を発見。そばにコーダイ氏もいたようないないような、、
で、着くなりクロークが終了しているお知らせが。そして着くなりHIFANAが終了(笑)。
ま、しょーがないかーと言いつつ、どうやらみんな升席に荷物を置いてクローク代わりにしているようだと学習し、とりあえずその風習に習ってみる。
DJ KRUSHからフロアに降りてみますよ。しかし、そんなにドープな感じを受けず、なんかイメージと違うなぁと思っていたけれど、途中でかかったD'NBに気分超アガる。いいねぇーほんといいわぁー
そのままブンブンサテライツが始まり。
最初は真ん中くらいにいたんですよほんとですでも。気がついたら2列目にいたんです。
期待してた曲はなかったけど、ほぼニウアルバムからの曲で、それ以外といえばMoment I CountとDress〜くらいだったかなー
で、目の前にいた女子が柵にずっと上ってたのが気にはなってましたが、まさか壊れるなんて思ってなかったから。。。しかし柵がガムテでぐるぐる巻いてあるだけだったのはいかがなものか。
まぁ壊れた瞬間は見た。貴重。
そして壊れたなーと思っていたら、中野さんに耳打ちするローディー。曲が始まらないからナニナニ?と思っていたら、突然舞監的な人が登場して「柵が決壊したので修理します」とアナウンス。
何ー?
修理後も柵に寄りかかることは許されず、かといって後ろからのモッシュが収まるわけもなく。。はっはっは。
まぁ、その曲がDig〜じゃなかっただけ救いでありました。(Dig〜とかFOG〜とかやってないデス)
機材落ちとかじゃないのに中断しちゃうブンブンサテライツ・・・
でも久々で楽しかったです。ツアーでもっとたくさん曲聴きたい。
終わってKITSUNEのかけた曲が楽しくてしばらく踊ってた。
その後、会社の面々とばったり。携帯が全然つながらなかっただけに奇跡でした。
そのままご飯食べて、升席に戻り、もう大沢伸一からはただのクラブ状態で踊った。個人的には大沢伸一がいちばん盛り上がったなー
卓球はあえて地味だったのか・・・?それともそういう流行りなの?もっとキラキラした曲聴きたかったにょう。
会社のT氏に、DJ HeavyGrinderタンがかわいすぎてたまらなかったと大量の写真に解説つきで説明されました。あとはふらっと行ったエントランスでキャ☆バニーが撮影会的ムードになってるのを我を忘れて撮っていたのを見たよ。。さすがだね。
ただただ酒飲んでは(私以外)踊るの繰り返しでラストまで。もうただの泥酔な人達がはしゃぎまくりの会でした。楽しかったなー
で、ふらふらと外に出て帰るかーと門を出ると、な、中野さん!?
とりあえず声をかけて楽しかったですーと言いました。(もうふらふらすぎてお互い何がなんだかわからない状況でしたが)中野さんは最後まで見てたんだなー好きねぇ。
とりあえず大沢さんは今週末のタキテリでまた聴けるかな、と。楽しみ。

July 18, 2007
イージーアクション

今朝、朝ごはんを食べていたらはなまるカフェのゲストが須藤理沙さんで、写真のすみっこに川島さんが写ったりしていないだろうかと期待しながら凝視していたのに、何もありませんでした。

じゃなくて

だいぶ遅れましたがEASY ACTIONのMV、チェックスしましたよー
メムバーは時折現れる程度でございまして、後は外人の皆さんとベクシル映像の融合でした。
テーマがいまいちよくわからなかったんですが。んー。。
曲は、ぶっちゃけPILLとベースラインが同じだと思うけど、ぐぐっと深くくるブンブンサテライツ節とでも言うんでしょうか、あれ好きです。あと川島さんの声好きです。

あ、そういえば今日、元気ロケッツの音源ゲットーうれぴ。細かいところまで聴けると「おお、あんな音!」「こんな音!」と新鮮なオドロキがありますです。
あと、久しぶりに好きな人に会えて、わたしこのひといちばんすき、と思いました。

October 20, 2006
なんだかな。

最近ブンブンサテライツのファンのひとたちに憤りを覚える。

今まではどこにURL貼られてても別にいっかと思ってたけど。
今現在好きなバンドのことを悪く言われるのは、とても心外。

まぁ、過去に私の悪口をウェブ上の自分の日記に書くひともいたくらいですから(本人は読まれてないと思ってるみたいだけど)、最近のファンの人はそんな人が多いんだなぁっていうことはわかっているつもりですが。

テクノもインディーズも知らないような人に心から好きなバンドのことや自分のことを悪く言われる筋合いはないし、正直、もうここに来んなって思う。

sonarもCDJも他のメンツが嫌なら行かなきゃいいじゃんか。
簡単なことだと思いますけどね。

September 19, 2006
にょう!!

今日のロキオソ放送(スカパーパーフェクトチョイス)にて、ブンブンサテライツ流れたわけですがー。

Ghost and Shell流れたようーーーーーーー(ノД`)゜。

あまりの動揺にbタグの閉じタグaにしそうになった。。。
あとGeneratorの最後のところ、かっこよすぎ。。。。。。。。。。。。。。。。。
あー早くsonarのエクスクルーシヴセット聴きたいです。

August 25, 2006
ふうんと思った話

今日、お昼ごはんを食べていたらH嶋さんと一緒になって、一生懸命JAPANを読んでいる私にH嶋さんは「ブンブンとか好きなんだって?」と話を振ってきました。
あ、好きですー。と答えたら、実はH嶋さんのお友達(7年前に他界されたそうですが)の友人が中野さんだそうで。
その共通のお友達の命日には中野さんと川島さん、二人揃って毎年きちんとご実家にうかがって、お参りしているのだそう。
ああ、そういえば、まえにオフィシャルの日記でそんなこと触れていたな、なんて思ったり。
(紅葉の上に雪がうっすらと乗っておどろくほどの美しさ、という話。なんだかもう削除されてますが)

なんか不思議な気持ちで話を聞いていたのでした。

August 16, 2006
また来た


みくしにまたブンブンサテライツ広告登場。今度は富士05DVDですね。なんでプロモーションの媒体として選ぶのがみくしなんだろう・・・?
そして意外な川島さんのおすすめJ-POP。趣味似てますねー。

August 12, 2006
sonarsoundtokyo2006

コレ

いきまーす。もうチケット取った。
ソナーは2004年にJEFF MILLSとかAkufen、atom、Carl Craig、Derrick May、田中フミヤ、Rei Harakami、TOWA TEIが出てたけど、お金なくって諦めたキオーク
今年はまだアーティストがそんなに決まってないけど、上記のような人たち(特にJEFFさまー)が出たらどうしよう。もう寝れない。とか思ってたら、セニョールココナツ a.k.a. アトムハート出るじゃん!!!!!!!!!!!!ブンブンサテライツと同日。うれぴ。

August 02, 2006
FUJI ROCK FESTIVAL'05 LIVE CUTS

ブンブンサテライツの「FUJI ROCK FESTIVAL'05 LIVE CUTS」買ってきましたー
早速家に帰ってDVDを正座して観る(正座は嘘)。

おお・・・・なんか、目頭が熱くなるのう。

もうすっかり1年も経っているんだーとしみじみ。
ブンブンサテライツにはライブverの音源はないですから(まぁ、しいて言えば、一昨年のFULL OF〜TOURのM-ONで流れたライブがあるけど)、ここにパッケージされた音や雰囲気は貴重ですよね。
やっぱり何度聴いてもFOGBOUNDの堰を切ったように溢れ出す・走り出す瞬間が私の心をわしづかみます。
あれ、うまいよねー。

観てるうちにロキオンのどっちみるですか戦争が頭の中で勃発。
どうするどうするよ。

July 25, 2006
日比谷野音で

BOSでわなくブンブンサテライツがこのイベントに出るみたいでスー。
チケット申し込みが・・・見た瞬間プッ。
はい、そうじゃなくて。えっと9/24かぁ。7組出るのかぁ。指定席かぁ。

・・・・・やめとこ。

だいぶブンブン熱が平熱くらいまで下がってきたようです。どーした自分!!!!
たぶん去年だったらすごい勢いで行ってたのにね。

July 03, 2006
今さら気付く

川島さんが例のJ-WAVEのハタチの頃(TOMORROW)に出ていたのですね。
タロウちゃん以来の面々を見ていたらケイタイモも出てた!
あークボタさんが出る日も近そうだなー要チェックス!

じゃなくて

BOOM BOOM SATELLITESの川島です。

最近のBOOM BOOM SATELLITESは5月17日に発売になった「ON」というアルバムのツアー中で、東京では7月2日にスタジオコーストでツアー・ファイナルがあります。それ以降、夏はサマーソニックなどのフェスティバルに出る予定です。

そんなボクの「二十歳の頃」ですが、予備校生二年目で、通っている予備校で黒板消しのバイトをしていました。月給2万7千円で、試験に合格しないとこの仕事をもらえないんですが、合格すると給料をもらいながら、なおかつ夏期講習がタダで受けられるという特別なサービス付きで節約できると思って(笑)

家賃は1万5千円のスゴイぼろいアパートに住みながら、勉強もしていたわけですが、当時印象的だった人で、その予備校にイギリスから留学しに来ている人がいて、日本の受験のシステムというモノを勉強しに来てる学生さんたちが居たんです。その人達が結構音楽が好きな人たちでハノイロックスなどのロック話で盛り上がって、毎晩ご飯を食べたり飲み歩いているウチに…彼らは英語しか話さないんですけど…ボクの英語を聞き取る力がついていって、今の海外での活動に役立っていたりするんです。

当時はそんなアパートに住んでいた訳なので、テレビなどあるはずもなく、友達のウチに観に行く「イカ天」が楽しみでした。高校生の時からバンドをやっていたし、これからもやろうと思っていたから、そういう番組が気になっていました。レンタル屋さんに行ってアルバムを借りて聞くのも楽しみでしたし、早く大学に受かってバンド活動したいなぁ〜って、思っていた「二十歳の頃」でした。
浪人できないとピリピリしてたあたしからすると、すごくゆったりしてますなぁ・・・(結局自分は現役でなんとか受かったのですが死ぬかと思うほどのプレッシャーだったキオク・・)さらに予備校にそんなバイトがあるなんて今知った!そして英語力をここで培ったなんて、浪人してむしろよかったんじゃないでしょうか。。
人生別に現役で大学に行くだけが道じゃない、と18歳の自分に教えてあげたい気もしたり。
さらに「イカ天」てなつかしすぎ。あたし当時高校生でしたよ。同じクラスの子がたまの大ファンでテレビ局まで行って、母親のつてで中に入れてもらって知久くんにサインもらったーとか自慢されたキオク・・当時たまにはそれほど興味なかったのでへえ、と言うのが精一杯だった。。

BOOM BOOM SATTELITES@STUDIO COAST


朝からしとしとと梅雨空だったのに、夕方出る頃にはすっかり晴れました。
本日はSTUDIO COASTでブンブンサテライツのライブです。

今回のツアーは渋谷・広島・福岡・富山・新木場と5ヵ所も行きました。数えるとすごいなぁ。
で、今日がFINALかと思うとなんかさみしい気持ちも。だからフラットな気持ちで楽しめるようにと思っていました。(夏フェスは観れるかどうかわからないし)

セットリストは後半戦のものと変わらず。特にFINALだからといって特別な曲はやってなかったと思う。
で、着いたのが19:15くらいだったのですが、すでにCまで入場していて、A持ってたあたしたちは半泣き(嘘)で入場。でも中野サイドの2列目に入れた!ラッキー。
そうそう、ライブ前のSEが渋谷ではえー・・・って思ってたけど、広島からはそれぞれかっこよかったです。大阪ではアクフェンのライブ音源だったらしいですが、本日もそんな音が端々に。
でも、前回ProdigyのOAの時、死にかけた思い出があるので、どうしよっかなーと思っていたら、始まった。
でもそんなにすごくないモッシュだったので「耐えられる!」とか思ったけど、隣の人のケモノ臭がすごくてやってらんなかった。。。でも、Dive For Youまでは頑張ったんだけども、途中で「ハッ!次はPlayじゃない!?」と気付いたので、このままでは踊れないと判断した私はスルスルと後ろに移りました。もういいよ、最前とかより踊るよ。
そっから端っこの真ん中くらいでD'NB堪能。。。幸せ・・・・あの音の上下がたまらないースキー。
あとは後ろで踊ってました。うん、踊る音楽だにゃーブンブンは。
で、2回目アンコールの時、アタマで「えっ・・・!?Forty???????」と思ってどうしようかと思いましたが、始まったらDress〜でした。ちぇっ。本気でドキドキしたのに。
あとはDIG THE NEW BREED新verがさらにアレンジ加わってました。シンセなベース音が後半加わってた。カコイイ!
あ、あと中野さんのオトコっぷりがMAX上がってました。なになんかあったの?くらいに。
で、アンコールで中野さんだけ今回の黒Tシャツの別注ver(迷彩柄にあのキラキラプリント)で、アレ欲しい!アレだったら買ったのに!と思ったり思わなかったり。

でも正直言って、他の土地と比べると東京はグッと来ないなと思いました。
会場の広さもあるし、東京はこれが終わったら次いつ来てくれるかわからないっていう危機感もないから、独特の勢いみたいのがないのもわかってるけど、なんかそれだけじゃ理由がつかない一体感のなさ?偉そうですけどね。
Generatorでオイオイ来た瞬間はどうなのかと思ったり。アノ曲だけはそりゃーねーだろーと正直思った。他にもいろいろ思ったりしたんですが、去年と比べて一歩ひいて観てんなーと改めて思いました。それはそれでいいんだけどね。川島さんのことは相変わらず大好きですよ。

そうそう今さらですが、今回の「ON」ってすごい売れたらしいですねぇ。おとといゴハンしたY氏が「メーカーの友達がバック(オーダー)がすごかったってびっくりしてた」と言ってた。へええそうなんだー。

とか言いつつ、BECRの仙台どうだったんだろ、とか調べちゃうあたり・・
クボタさんがステージから降りてたらしい。うわー観たかったなーそんなワイルドなとこ。

June 23, 2006
BOOM BOOM SATELLITES@富山 Club Mairo


ブンブンサテライツ@富山Club Mairo行ってきマシータ!
富山までの行き方すら不明だった私。
同行のS嬢の乗る新幹線に便乗させてもらいました。
そしたら乗り継ぎスムーズ(S嬢サンクス)で、約2時間半で富山へ。
ホームでとりあえず、昔の川島さんの真似をして駅名の写真を撮ってみます。
うーわ、かなり痛い子っぽいね。。。。

旧友のK氏(富山在住)に「魚がうまい!」と聞いていたので、取り急ぎ寿司。何をおいても寿司。
駅の観光案内所で「駅近でおいしいお寿司はどこですか?」と聞いたところ、徒歩5分くらいの美喜寿司というところを教えてもらい、行ってきました。
そこの大将(なのか?)は最初無口でしたが、私がうほほいと喜びながら寿司の写真を撮っていたら、声をかけてくれて、ちょっと話弾みました。
白えびを頼みはしなかったんだけど、見せてもらったら、ちっさいのねー。。。とりあえずちらし寿司と大好物の甘えび(2)、そしてタレじゃなくて塩焼きした穴子(1)!これがねー絶品でした!塩推進委員会会長としては、塩のつぶつぶがキラリと輝いているその姿はかなりそそるものがありました。
で、すごい安いわけじゃないけど、都内じゃこうはいかねぇだろうというお値段でいただきました。ごちそうさまです!

その後、いちおハコの場所確認しよう、と地図を頼りに行ってみましたが、一向にそれらしい建物がない・・・。えーどうしよう。。。と、思ったら、なんと1Fがパチンコ屋というすばらしい雑居ビルの5Fにありました。しかも入口にすこしだけ本日のライブ情報が貼り出してあるくらいで、ビルの表示にはハコの名前ありません。わかるか、バカー!…嘘です。途中、K氏に連絡したりしたんですが、「ああ見えて、中はちゃんとしてるから!」と念押しされました。う、うん…

その後、まだ時間があったので、お茶しつつ時間潰し。18:40くらいに、すこし早かったけど、今回整理番号18番だったため階段を登ってみたよ。(並ぶのに階段で待つ、新宿リキッドルーム方式)そしたら、開場時間には20名程度しかいませんでした。
えー…とか思いつつ、入ったら、なんだかんだで最前列は埋まってた。しょうがないので、最近のお気に入り中央付近の2列目にいました。結構いい時間まで3列くらいしか埋まってなかったので「こりゃ、広島の二の舞か」と思ってましたが、ふと振り向けばすでにハコはいっぱい!

暗転し、メンバーがステージに登場。
セットリストは広島・福岡と同じかしら。PILLが後ろにいってNOTHINGがなくなったやつ。
まあ、そんなにすごくないでしょ…と思って2列目でのんびりしてたら、周囲の少年たちの限度ないモッシュに負けて、中野サイドにつるりとずれたら、あら最前。ラッキー。
って、ラッキーなのはよかったんですけどね、のっけからお客さんの熱気がすごくて、さらにMoment〜のあたりから自分の感情が抑えられなくなってきて、気がつけばいつ風呂に入ったんですか状態。うわ、あたしまで洗いざらし(by G嬢)に・・・
今、にちゃんみてきたけど9 Doors〜はやってないよ。うん。やってたらすごい嬉しいんだけどな。そしてやっとDIG〜のロック風味になれてきて、踊れるようになってきた。ってもうツアー終わりじゃん。さらにPlayとFOG BOUNDはいつもいいとばかり申し上げておりますが、昨日の中野さんの煽りっぷりもすごかった。ていうか中野さん、面白かったよ・・・途中、川島さんのところに行って妙な煽りをしてた。。よく川島さんが笑わなかったなーと感心しましたです。
Ghost and Shellもやっぱりアタマのところ数秒の世界だけどかっこよすぎて気絶する(しないけど)。
途中、休みながら(今回のセットリストはどっか自分で休みをとらないと、死にますよ)川島さんを眺めてみたり。あーやっぱ目が好き。ってそこばっかり見すぎて、ひげが復活したことに気付かなかった、ギャフン。
私は名古屋・大阪に行かないので、あと東京で終わっちゃうのかーと思うとなんか寂しいです。もっとずっと見ていたいー。(ってロキオンとサマソニで見ればいいじゃんとか?ロキオンは無理じゃなー…)

June 09, 2006
BOOM BOOM SATELLITES@渋谷O-EAST

心をすっかりBECRに奪われていた・・・かのように思われた昨今ですが。(思ってたでしょ、ね?ね?)

1回のライブで、「すき。まぢで。」って思いなおせるこの人たちはやっぱりすごいです。
なので、まだシャワーも浴びてないのに書いちゃうよ(きたね)

O-EAST到着がOPENぎりぎりでしたが、番号よいと思ったのは全くの誤解でBだったため、A(約1000人)が入場したのちの入場でございました。チッとか思ったけど、不思議ね〜中に入って気がつけばド真ん中2列目にいました。

今日はSEがかっこよくなくてーなんかーただのハウスのCD流してるみたいなーって感じだったのでリズムとる気分にすらならず、同伴のH嬢とちょうどうでもいい話をしながらキャッキャキャッキャ過ごします。

で、暗転し、キターーーーーーーーー。
って二人はてくてく歩いて普通に登場なんですけどね(笑)
川島さんがHAIRCUTしてて、今のくらいの長さがすごい好きです!付き合ってください!

位置についてKick it outから。うん、特に驚かない流れ。

あんまりにも嬉しかったのか、セットリストまる飛びなんですが。。。覚えてるところでいうならば。
やっぱり「ON」からの曲が断然多くて。ほぼほぼ全部やったんじゃないかな。「Girl」「Pill」「Generator」「Nothing」「Loaded」は覚えてる。あーでも好きだなーと思ってた「9 Doors Empire」はやってないかなぁ。ほんっと覚えてなーい。

それ以外では「DIG THE NEW BREED」のアレンジがロック風味に変わってて、正直ノリづらかったです。元のバージョンのほうが断然好きです。元バージョンのビヨンビヨンとした音が好きなんだよにゃあ…頭のドラムで「わわわ! DIG〜!」と思ったのもつかの間「あれ・・・間違えた?でもマイク2本立ってるし・・・(そう、今回はボコーダーじゃなかった)」と思うほどの変化っぷりでした。ボコーダーじゃないのにあの声どうすんの?と思ってたら、最後の「Baby don't go〜(だよね?)」の前までは地声を低くして歌っていた模様。「Baby don't go〜」からは自分でエフェクトかけてました。エフェクトかけた声がすげぇ好き。付き合ってください。最後の最後(叫び)はまたエフェクトなしに戻ってた気がします。

あとは「Play」ね!CD音源でもすごい好きだから、ライブのアレンジ期待してたんですが、そんなにすごい変わってるわけでもなかったような気が。
しかし、注目すべきは川島さんで、ギター置いてマイクに手をかけて歌ってたんですが、体調悪いのか思い込めすぎなのかわからないくらい歌の合間合間に自分の肘に顔をのせて切ない表情・・・。だ、だいじょうぶなのか!?エンダァ胸キュンと思ってたら、曲が全部終わってからもあまりにも動かないのでローディーが笑いながら肩をたたいてギター渡してました。
か、カワイイ・・・・なにあのひと。付き合ってください。

それと期待してた「FOG BOUND」はすでにライブ定番化(だといいなぁ)。ほぼほぼライブverということで固まってきてると思うけど、若干アレンジ変化してたかな。やっぱりあの曲アがる!そして周りがおとなしくなるので、踊りやすくてモアベター。(ほんとはもっと踊ろうよ!とか言いたいけど、ほんとにそうなっちゃったら自分の首を絞めそうで言えない)

アンコールで「Ghost and Shell」がきた瞬間鳥肌でした。やっぱり100万回聴いたってあのイントロのブレイクはカッコイイ。音源化してほしい気持ちもあるけど、いつ来るかわからないスリリングさを楽しみたいところもあったり。

今日はツアー初日なので、3人が3人ともミステイクかましてました。中野さんにいたっては間違って鳴らしちゃったんだけど、とても冷静にやり直してた。「むしろこういう曲ですけど何か?」的なものを感じた。プロ…

H嬢情報によるとダイバーが1名ほどいたらしいですが(あたしはいないと思ってました)、なんと真横に流れていったらしい・・・初耳です真横ダイバー・・・。あと、あたしの目の前にすごくパラパラもどきを踊り続ける男子がいて、正直なところ笑いそうでこらえるのが大変でした。おとなしめな曲の時まで手がクネクネしてたのでむしろ川島さんよりそちらに注目しがちな・・・嘘です。川島さん見てました。

川島さんは相変わらず噛み噛みなMCだったけど、最後の笑顔はやっぱりステキング。ピックもタオルも投げまくってたし!ピック近かったのだけれど、とれなかったなー。でもメンバーも楽しかったのならそれは最高ですね。
もちろんあたしも楽しかったですってば。
BECRもブンブンもどっちもだいすきです、っつーのを再認識した夜でした。

次は広島だっ。整理番号1番(まぁ!!今度はAとかないよ。)ですので頑張ります。

June 05, 2006
木曜

BECR!BECR!とばかり騒いでいるので、ブンブンサテライツのことを忘れていると思っている方もいらっしゃると思いますが、んなこたぁない。
大阪へ行く道のりも『ON』聴いてましたよ。なぜか。
早く木曜にならないかな。ドキドキ。
なにせ、ここ最近のライブのスタート時間が早いので、20:00スタートの大人な雰囲気が新鮮なのです。木曜は番号も早いしね、がんばりまーす。
何が聴きたいかな。。『FORTY』はやっぱりなんだかんだ言って聴きたいしな、でも去年の夏フェスverの『Kick it out』もね、CDではしょってるアンダーワールド的な部分も入れてやってほしいなとか、でもでもやっぱりDIG〜とFOGBOUNDは絶対外せないとか、勝手な妄想繰り広げますです。

May 30, 2006
力入ってマス!


今日、みくしの友達の日記を見てたらーみくしにこんな広告が出てたーと書いてあったので、すごい勢いでF5を押して出しました。クスッ。

今回は以前になかった勢いでプロモーション、ちうか広告に力入ってマス!昨日も眠気さましにぷらーっと外に出たら、六本木交差点のでかいモニタでONのCMが!びっくりしすぎて、何度も見上げてしまった…ギャーなにごとなにごと。

今回は川島さんや中野さんのルックスで入ってくる人多いんだろうなぁー
って今に始まったことじゃないしー自分もずっとAUDIO ACTIVEみたいな人って覚えてて、DIVE FOR YOUに一目(耳)ぼれして、サイト見に行ったら川島さんがステキすぎてファンになったんですけどね。
とりあえず、今回のJAPAN TOURは、東京(6/8、7/2)と、広島、福岡、富山、名古屋に行ってきまーす。決定。
ほんとは大阪も行こうかなぁと思ってチケットとっておいたんだけど、妙に混みそうだしなーやーめた。

今VMCのPV特集みてますが。うーん、見たことあるの多し。いやむしろ見たことないのが・・ない?
気がつけば好きになって丸2年!?3年目突入DEATH!早っ。

May 19, 2006
ON(続)

仕事中に聴きこんでます。

やっぱりわたしブンブンサテライツのファンだわ。

と、『Play』を聴いて思いました。
富山行こう。大阪やめてでも。踊りたい。混んでないところで踊りたい。
シンセが水を得た魚みたいにイキイキしてるのがすごい好きなのです。
あとドラムが好き。
そして川島さんの声が好き。
うん、それは否めない事実だ。

でもね、BECRを聴いてると、絶対にハッピーな気持ちになるのに、
ブンブンサテライツを聴いていると、切ない気持ちになっていくのはなんでだろう。
そうじゃなかったら、なんでだか挑戦的な気持ち。

まるでYIN&YANね。(もちろん、YIN=ブンブンサテライツ、YAN=BECRですけども)

May 16, 2006
ON

やっと出ましたねー『ON』
今年頭からずーっと出る出る出る出るという話ばかり聞いていて、ほんと、やっとって感じです。
早速、走って渋谷タワレコに買いに行くの巻。
1FでこないだまでBECRxYSIGが置いてあった場所が今度はブンブンサテライツ。
2FのBECRxYSIGのでかいパネルがあったところが今度はブンブンサテライツ。
同じくらいの押しっぷりなわけですね。。ほほう。
CDと並べて置いてあったサンレコをちょっと斜め読みして(表紙の川島さん、なんか演技ぽくてナイス)、予約してあったのでレジへ向かうー・・・と、店員さんのTシャツにね、BOOM BOOM SATELLITESって書いてあるわけですよ。ギョッと思ってレジを見回すと、全員そのTシャツ。なんていうかコレ買ってる自分が逆に恥ずかしくて目が泳いでしまったよ・・
さて、おうちに帰って、まずはamadanaさんで聴いてみる。
とりあえず、あたしがこないだのチャートコバーンでいいと思った1曲はGIRLだということが判明。
そいで、PILLの歌詞がやっぱり相当にキてることを確認して、結婚式で使おうと決意。まだ結婚しないけどに。
全体まだゆっくり聴けてないんだけど、結構みくしやら2ちゃんやらで「キッズ向けの歌モノだー」とかマイナスな印象で言ってる人も多いけど、あたしにしてみたら、今までより難解な曲がおおいなーという感想。なんかストレートに訴えてくるものが・・・すくない。もっと簡単な言葉や言い回しで訴えてくるとか、もっと胸をすくようなメロディーラインでさらわれると思っていたからちとばかし「ううむ」という気分。
「日本でヒットするのは14歳を念頭に置いた音楽だ」とかよく言われるけど、そんな感じはみじんも受けず。まだまだUNDERGROUNDな感じがしてそこは好き。
ブンブンサテライツのどこが好きって、その存在のどこかマイナーなところ、秘密っぽいところなんだけど、それが今回は強くなった気がするですよ。うーん、表現の仕方が平たくて申し訳ないけれど、『日本のバンドじゃないみたい』っていうのがより強くなった。
あぁーでもなんだかんだ言っても、GIRLのベースラインすごい好きー地面這うみたいなこの曲すきー。でもちょっとKICK IT OUTのベースラインに似てるかも・・・?あとはPlayがとってもらしいと思いマフ。Playは絶対にライブアレンジですごいかっこよくなってくると思うな。ワクワク。

あとついでに(って、作った人はついでどころじゃなかったでしょうけども)オフィシャルサイトもリニューアル。
うーん・・・FLASHの使い方もちっとスマートでもいいと思うんだけどなぁ。どうせフルフラッシュサイトにするなら!希望はyugop。あとはUI、やっと慣れてきた頃にざっくりと変えられてしまうと、結構面倒よね。それと全画面表示、個人的にキライです。
まーこうしたい!っていう思いがつまっているサイトだと思うし、作った人もちょう大変だったと思うんですけどねー・・・。偉そうですいません。エヘ。
------------------
で、だ。
ちょう気になってた料理対決は以下でオンエアーされるらしい。

中野VS川島料理対決@MTV
MTVにて中野VS川島の料理対決を行いました。
料理を得意とする2人の、前代未聞の真剣な勝負になりました。
意外な2人の素顔が見れます!!
乞うご期待。
MTV『World Music Express』
初回:19日22:00〜24:00
リピート:20日14:00〜16:00、21日20:00〜22:00、22日19:00〜21:00
これは見逃せないですね。地方局じゃなくてよかった。ホッ。

May 05, 2006
チャート☆コバーン


OFF TO SAITAMAより戻りまして、先ほど録画してたチャート☆コバーンをチェックスしました。ビークルが出た時も今回も、フーン・・・という感じでありましたが。鹿野さん微妙にアレなんで、フーン・・・てことで空気読んで。
当然ながら『ON』のプロモーションでの出演です。
中野さんが日焼けしているのはマイアミビーチにてとか、その時川島さんはホテルの部屋にいましたとか、アラバキでは普段あまりライブに来ないような10代の人たちがたくさんいて新鮮だったですとか、いろいろしゃべってくれたのですがー。
なんか、中野さんが異常にオトコっぷりUPしてる気が・・・。何かあったんでしょうか。髪型ナイスですねえ。あと服がFINAL HOMEかな。ちょっと川島さん疲れてる感じがして心配ですが、あたしが心配してどうなるって話ですけどね。テヘ。
BGMに『ON』からの曲が使われてたんだけど、1曲すごい好きなのがあったりー。でもそにぃサイトで試聴してもどれかわからないよー。でもその曲を聴くのがツアーでちょう楽しみ。今回ちょっと後ろになっても踊ることに命かけます!

April 30, 2006
teeveeだった件

ブンブンサテライツの新作PV「KICK IT OUT」ですが、なんと!なんと!なんと!アノteevee graphicのしわざだったことが判明!
そー言われると納得のにょっきりアニメーション具合。
teevee gと言えば、まりんのLOVEBEATのPVを手がけた頃にちょう夢中になって、VIDEO VICTIM購入のあげく、事務所に切手送って勢い余ってロゴのステッカーとかもらっちゃった思い出。(ちがうのーそういうのやってたのー)
VIDEO ALL STARというイベントにも行ったっつーの。まりんDJしてなかったけど、まりんPV流れたっつーの。
というteevee gがブンブンサテライツのPVを手がけるなんて!ちょうびっくりエンダァ意外。今日はアラバキでしたねー5曲やったって速報は見ましたが、一体なんの曲やったんでしょう。。。

April 17, 2006
うわお!

今、そにぃのブンブンサテライツサイトを拝見しましたら、アー写が変わってた!虹色キレーイ!なんかまたちょっと路線が読めない感じですが。。川島さんのいたずらぽいというか、なんか含んだ笑いがステキです。やっぱり顔の造りがきれいなひとよねえ。
そういえば、ブンブンサテライツ荒吐フェスに出演決定だそうですねー。 今回はちょいと見送りかなぁ。。。

おお、ONの曲順出てましたー
1.KICK IT OUT
2.9 DOORS EMPIRE
3.GIRL
4.id
5.PLAY
6.SHE'S SO HIGH
7.PILL
8.GENERATOR
9.BEAT IT
10.PORCUPINE
11.NOTHING
12.LOADED
…うぅ、曲順書いてたら、アラバキ行きたくなってきたー。
しかもブンブンと同じ30日に、エルレとユアソンとゴーイング出ちゃうんだ!
どーしよ!
でもでも6月の怒涛のシーズンに備えてがまんがまんー。むー。

そにぃからメールが届いておりました「オトフレーム」やってみたら、本文にはでかすぎ、サイドバーにはちょっと存在感ありすぎで、なんだかなー。
もっとちっさくても良いよねぇ。

一瞬、BEAT CRUSADERSも上がってたんですが、なくなった模様。。

April 03, 2006
お!

ブンブンサテライツのツアー全公演分プレオーダー入れたんですが。

全部取れてしまった!(ギャッ)

物事が計画通りに運べば、うっかり全国廻ってしまいそうデフ。
とりあえず、オフィシャルサイトのUSツアーの写真、ラストの川島さんの横顔がすごく好き。

March 16, 2006
ツアー決定(だと思う)

JAPAN TOUR決定したもようですよ!

6/8(木)20:00 Shibuya O−EAST
6/10(土)20:00 仙台CLUB JUNK BOX
6/12(月)20:00 札幌ペニーレーン
6/16(金)20:00 広島クラブクアトロ
6/17(土)20:00 福岡DRUM LOGOS
6/22(木)20:00 富山club MAIRO
6/24(土)20:00 名古屋クラブクアトロ
6/25(日)20:00 大阪BIGCAT
7/2(日)20:00 studio coast
土日は絶対に駆けつけたい!あとは富山も行きたい!
ドキドキしまくり。

強力

本日よりPILLのダウンロードが始まりました。ね。
さいしょ、Firefox先生で一生懸命落としてたんですが、全然落ちてこず。途中で、「あ!そにぃはFirefoxだめなんだっけ!」と思い出し、スレイフニル先生に切り替えたらすんなりDL開始されました。ほっ。
曲はPVでさんざん聴いていたのと大きく差はなかったけれども、歌詞が読めるのがステキング。
お気に入りの一節を、タイトルの下にっ・・・とか思ったけど、お気に入りの一節がありすぎて困るのだ。
しかし、川島さんの言っていた「PILLって出てこないけど、PILLな内容だからPILL」っていう一言がよくわかりました。
たしかに強力な薬です。依存してしまう。。。。
そろそろ米国へ旅立たれたんでしょうか。いいライブをぜひ。(みたいっつーの!)誰か日本から行かないんでしょうか。レポートが読みたいです。

March 10, 2006
ON

blocには登録しましたが!
ブンブンサテライツ2006年ニューアルバム「ON」が5/17に発売だそうですよ!みなさん!
初回特典アリって・・・ライブDVDとかだったら超うれひい。あとはDIG〜とかDEADSHOTとかの未発表音源のCDとか。無理かなっ・・・(無理だろう)

「PILL」のPVを観まくり、歌詞がうっすらわかってきた(と思う)。
フルオブの時によく言ってた「言われたい言葉」の連続ですねこれは。
すきなところに連れてってとか、いやむしろ私がアナタに言いたいですってば!
Feel me、Need me、See me、Keep meとか、ほんと私がアナタに言いたいですってば!
(アナタ=川島さん)

聴いてるだけでドキドキして止まらないのです。

March 03, 2006
PILLのPV

残業してたらこんなメールチェックス!

MUSIC ON! TV「M-ON! Express WARP」にて新曲「PILL」のPVオンエアされます!
Check It!
初回放送 3/2(木)24:00-24:30
リピート 3/3(金) 6:30- 7:00
リピート 3/3(金)17:00-17:30
オフィシャルHP:http://www.m-on.jp
その瞬間にそそくさと帰り支度を始め、間に合ったというのに、録画失敗しました。頭みれてないー。
明日朝のリピートにかけましょう。
さて、PVですが、メンバーが一瞬も出てきません。仮想ブンブンサテライツって感じ。あのね、何もしらないひとが見たら、絶対ブンブンてこういうバンドだと思うって。でも、ギターの人ちゃんとフライングV(白)持ってんだよね。細かい。
肝心の音はと言えば、ライブで聴いちゃったので、若干軽い気がしちゃいます。もっとベースとかドラムを強調してもいいような・・・気が・・・。でもギターが主張しているなーとっても。最後にブルースハープみたいなかすれたギターの音が入るんだけど、とてもセクシィ。あと川島さんの歌い方がすごく好き。ここ最近の絡みつくみたいな歌い方が良いです。
でも何よりも歌詞が気になる!すごいラヴい歌詞の予感。勝手な憶測ですが、PILLってgo crazyとかいてもたってもいられないみたいな感情が込められてるような気がする。
ええと、あたし結婚式でかけます(マジで)

March 02, 2006
PILLのDLが始まるよ

オフィシャルからメールが届いていました。

遂に配信リリース決定!
人気モデルブレンダ出演の、メナードジュピエルCMで絶賛オンエア中の新曲「PILL」。
皆様からのお問い合わせ殺到につき、なんと!!CD化に先駆け、3月15日(水)正午から着うたフル(R)と音楽配信でアルバムリリースに先駆け先行配信決定!
一足先に、新曲のフルコーラスを配信でお楽しみください!
わー単純にうれしひ。今から15日が激しく待ち遠しいです。会社と家でDLしちゃいそうな自分がエヘ。

February 21, 2006
ウォータリングッ!

先ほど、グリコのウォータリングガムのCMが流れたのですが、「Kick it out」が使われていたー。もちろんクレジットは「BOOM BOOM SATELLITES」。ほんとに頭の部分だけですが、ドキドキ。
※まだグリコのサイトにはCMがUPされてないみたい・・・。
******
追記:
と思ったらUPされてた。

February 20, 2006
The Prodigy@STUDIO COAST

行ってきましたー。
うあーなんか最初気が抜けてた割には終わった瞬間相当すごかった。。。

まず、ブンブンが始まるちょっと前に入場し、真ん中の5列目くらいに場所を確保。でもそれが間違いのもとでした・・・。
始まるやいなやすごい勢いでモッシュが始まり、正直どんな演奏だったのか、とかあんまり覚えてません。とりあえず生き残るんだ!とだけ頭の中で繰りかえしてました。
でも曲順は覚えてるのです。

1:Rise and Fall
2:Dive For You
3:PILL
4:Moment I Count
5:Kick it out
200602192033000.jpg

あ、東京は5曲でした。うひゃ。
あと覚えてないとか言いつつ、川島さんの着てるものはインパクトがあって覚えてます。
あんなに暑かったのに、革のライダースを上までびちっと閉めてました。
暑そう・・・暑そうだよ・・・でも川島さんぽい・・・
周りからギュウギュウされ、オイオイがうるさくてまともに川島さんの声が聴けず、真冬なのに汗が顔中つたって口に入り「しょっぱい・・・」(きたない)とか思っても、そういうことだけは考える自分がなんていうか。
しかしブンブンで踊れないのってほんとうにせつない。
次の単独は前じゃなくても、踊れることを重点に場所を選びたい。いや選びます。

ブンブンが終わり、挨拶を噛んじゃった川島さんにまたポーッとしながら、プロデジーが始まるまでドリンクもトイレも激混みだったのでフロアで時間を潰し、始まりそうになった頃にロビーに出ました。
ドリンク・・・と思って並んでいたら、ばったりTHE MAD CAPSULE MARKETSのKYONOさんとご対面(って別に知り合いじゃないですが)。前回来日の時、前座だったしーと思いつつ。
ていうかあたしプロデジーの前座バンドが好きになる傾向があるのでしょうか。特別好きなわけじゃないのに、ここ数年の来日全部おさえてる(エレグラ含め)自分とプロデジーには何か縁でも・・?

無事ドリンク+トイレを終え、フロアに戻るともちろんプロデジーは始まっていました。ふと上を見上げるとこれまたTHE MAD CAPSULE MARKETSのたけしゃんが!!
いやしかしあんなに髪が長いの初めて見ましたよーっていうくらい髪が伸びててびっくりしました。肩下くらいまであったかな?でもスタジャン着ててニットキャップを被っててイメージ通り。

プロデジーは名古屋と違って最高のステージを見せてくれました!
STUDIO COASTの微妙なデカさが音のスケールを広げるのにいい役割を果たしたのかしら?
とにかくこれぞ爆音という音で、まさに体が自然に動くっていう感じでした。
名古屋で遅いかも、と思っていたテンポもそんなことなくとっても踊りやすい。
D'NBいいわーと思いつつ踊りまくり。そのためにスニーカー履いてった甲斐はあった!
最後のほうにキース(黒人の人ってこの人?)がステージから降りてたのが印象的。
ステージ端まで行って会場を煽りまくり!たけしゃんを見上げたら、こぶしを握ってゴーゴーとしてました(ゴーゴータケシット by T嬢)。
プロデジーのメンバーも今日は楽しいと思ってたのかなぁ。そういう感じの良いステージでした。
ほんとうにこういう音って他のバンドでは出せないんだよね。。。

ああー満足満足と、有楽町でごはんを食べて帰ったのでした。
それにしても早くブンブンのライブがちゃんと見たいなぁ。2時間くらい。
ぜひ単独ライブは全編飛ばし気味でお願いしたいものですー

そうそう、例のフライヤーですが、サラッと3/7にFULL OF〜が全米発売、その後全米ツアーとあったんですが。ブンブンの音だって、他のバンドじゃ出せない音なんだから、きちんとタイミングさえ合えばどこででも認められるような気がします。そのタイミングが今なのかもしれないー。
今までの英国滞在や米国ツアーとは違って、なんか本格的な姿勢を感じたり。
世界に行っちゃうと思って遠く感じるのはすこし寂しいけれど。
でも早くワールドスタンダードに近いところへ行ってほしいと思ってやみません。

February 16, 2006
メロディーコール

先日、ソニィのメロディコールサイトが出来た時に、ブンブンサテライツをチェックしたら「Let it all come down(Live ver)」のみだったため、うーんと思ってそのまま放置してました。

今日ひさびさにみてみたらば!
「PILL」がラインナップに加わってるじゃないですーか!
すごーい。

と思った瞬間に設定してました。

ちなみにコレ、ドコモの携帯から私の携帯に電話をしてきた方のみが聴ける音となっております。会社で必死こいてDocomoのFOMA・505、au、Vodafone、固定電話と試してみましたが、やっぱDocomoだけだったー。しかも505とか相当に音が割れていた・・・せつない(泣)

February 14, 2006
The Prodigy@zepp Nagoya



すいません、プロディジーよりもオープニングアクトのブンブンサテライツがメインとなっていた私です。

名古屋へは高速バスで行ってきました。
生まれて初めての高速バス(昼)。
一緒に行く予定だったS嬢がまさかの寝坊のため(ほんとにそういうイメージがなかったからびっくり)、一人で乗り込む高速バス。東京→名古屋の途中は富士山あり、海あり、桜えびありのステキな道のりで、それを見ながら「あー最近疲れきってたんだなぁ」とかしみじみしつつ、うたた寝したり。
すっかり自然とほんのりTRIPで癒された上に、今日はブンブンと思うだけでときめくわけです。

名古屋についてほどなくS嬢から到着の連絡が入り、無事合流!
そこからもちろんひつまぶす。
しかし16時過ぎのうなぎやさんには誰もいない。貸切状態です。
実はひつまぶし食べたのも初めてで、お茶漬けがおいしすぎました。
なのですが、この時点で東京では薄着かもと思った服装がむしろ厚着に思えてきて(というか実際暑かった)、服を買い替えました。。。なにやってんだ。。。

ちょっと迷いつつ、zepp Nagoyaに到着ー。
入場するときにもらったフライヤーの中に、ブンブンのフライヤーが。
これが実はさらりとすごいことを書いててびびったり。
S嬢に言われて気付いたけど、ええええええええーマジでぇーとか思いました。

で、ライブが始まります。
もう毎回そうですがSEがふっと止まって暗転してメンバーが入ってくる瞬間ほど「生きててよかった・・」と思う瞬間はないわけで。昨日は川島さんサイドにいたので、最初川島さんに夢中だったのですが、途中で反対側で飛び跳ねる中野さんの姿に一瞬目を疑った。

髪がワンレンのおかっぱ状態・・・・
さらに黒のタートルネック着てますけど・・・えっと。
いや、それはそれでステキなのですが、あまりの変貌ぶりに驚きました。Tシャツとかシャツのイメージが強かったので。。。しかし川島さんのひげがなくなってて切なかった・・・。でも髪は伸ばしっぱなしと言えるほどの超ナチュラルでした。ラグランがすてきー似合うー。

そうじゃなくて曲だ曲。と思いましたが、ネタバレになっちゃうので、控えます。
ただ、PILLとkick it outはやってくれました。PILLが想像以上にかっこよく。CMよりも着うたよりも断然ライブですね。ザクザクと切り刻むリズムがすごい好き。
さらにKick it outは歌詞はそうそう変わってないみたいだけど、すごく「きっきたうとーきっきたうとー」とkick it outだっていうのを強調して歌ってたイメージ。こちらもザクザク感がいいなー好き。
ちょっとだけだったけど、充分満たされたですよ。

その後のプロデジーおじさんたちは、正直最初テンポがどうにもこうにも遅くって踊りづらかったー。
アンコールくらいにはやっとそこそこのテンポに戻ってきた。
うーん・・・・。
個人的にプロデジーの時にお腹いたくて何度もトイレに行ったりしちゃったので、心が実はステージどころではなかったりしたんですが。
19日に期待!

ということで19日のPILLにすんごい期待ちゅうー。
わくわく。
さぁ今週も仕事がんばるぞー

February 12, 2006
単独ライブ決定です!

オフィシャルよりメール来てました。

6/8(木)にSHIBUYA 0-EASTにて、2006年初の単独ライブを行う事が決定しました!! 5月リリース予定のアルバムから新曲をお聞かせできると思います。お楽しみに。
6/8 (木)@SHIBUYA O-EAST
open19:00/start20:00 \4,200 [前売/1Drink代別]

単独ライブも口から泡が出そうな感じなのに、さりげなく「5月リリース予定のアルバムから」ってありますけどまじですかほんとに!?
うわあああああぁぁぁぁぁ。
とりあえず、チケット争奪戦に勝つ道あるのみ。ファイツファイツ。
あ、とりあえず明日名古屋に行ってきま〜す!わーいわーい。

January 31, 2006
coffee&cigarettes

FROM STUDIOが更新されておりました。
タイトルは川島さんが最近観ているDVDのタイトル。
私はまだ観ていないので、ぜひ観たいです、よ。

近況写真もUPされていて、あ、あのひげが復活してるー!!!!!
卒倒。すいません。
12曲も作業が進んでるなんて!ああもうすこしであの音が聴けると思うといてもたってもいられなくなります。しかしブンブンが絡むとどんな無理でもできちゃう気がするところで愛を感じます。(自分で言うな)

タバコつながりじゃないけど、最近、「SMOKE」という映画の話を聞いてちょっと観たいと思ったりしてます。

January 15, 2006
かべがみ

オフィシャルよりメールが来ておりまして、ブンブンサテライツアー写の壁紙がダウンロードできました。
ありがとうございますオフィシャル運営のみなさま・・・。
こんな大きな解像度のアー写は嬉しい限りです。

ていうか、ステキだなぁ、やっぱり。
(ローリーの温度感低い写真もプラスの要因でしょうねー)

January 06, 2006
決定しました。

待ち望みすぎて頭がどうにかなってしまいそうな域に達していたブンブンライブが決定しましたねー。
とはいっても、プロディジーのゲストなんですけど。

数年前(確か5年ほど前)プロディジー見に行った時も、どっちかといえば、オープニングアクトのマッド目当てでした。でも、その頃のお仕事は有休なんてあってないようなものだったため、仕事上がりに(とはいえ、18時には出たが)行ったため、マッドが半分終わった頃に到着して泣きそうだったね。N嬢。。。

ということで、2/13(月)ZEPP NAGOYAと、2/19(日)STUDIO COAST@agehaの2公演のゲストだそう。
なんで大阪ないんだろう・・・?

ま、どっちも行きたいと思ってます。だって、ブンブンは行っておかないと次がいつかわからないんだもの。PILLだって聴きたいし!
ちなみに、「はじめてのおつかい」を見てた時に、不意打ちでメナードCMが流れてきて、ギャップにビビリながらもリズムをとってたワタクシ。しかしもってかっこよい音だよね。

December 31, 2005
新曲だ!!!!!!

ブンブン新曲きますたー

メナードのCM曲だそうで。PILLだそうで。
川島さんいわく、「歌詞にPILLって入ってないけど、PILLって感じだからPILL」だって。
耳を澄ますと、すごいcrazyな恋な歌詞な雰囲気・・・・ほぉっ。
リズムはほんのりピキラに似てるのー。

ジェームスイハ氏にうっとりしてましたが、一気に川島さんに戻った年末でした。
あー来年もブンブンづくしだといいなーと思いつつ、カウントダウンジャパンのアレ(どこでも行けちゃうやつ)が入手できたので、今日は行ってきまーす!来年もよろしくです。

December 16, 2005
3回目

ブンブンサテライツのモリッチ配信(とゆーのか)3回目スタートです。(詳しくはこちら)今回はフルオブツアーのドキュメントと台湾フェスの模様が。
ツアーのドキュメントがやばいですすすすすす。
やっぱりかわいい・・・・もうどなたがとは申しませんが。(おい)
しかしライブの時ってやっぱテンション上がってるんだよね、演る人も観る人も。
あーまたFOGBOUNDで踊りたいし、Pick it upの最初のタメが終わったところで頭振りたいです。
早く早くっ!

November 17, 2005
ライブ映像Vol.2

11/15より公開になっております。早速見ます。こっそり落とす。ウププ。今回から自分の手元に残すことができてうれしひ。できることなら昨年末の川島さんのインタヴューも残したかったDEATH。
で、DIG〜とかGhost and shellとか選曲ナイスでよい〜と思いつつ、第1回目の配信からずっと思ってたこと。
あのう、日付が2005/04/09になってるんですけど・・・・。

October 24, 2005
かわいすぎます

オフィシャルサイトに川島さんのメッセージが更新されてました。

う。

「どおも」で始まったあたりからツボすぎでした。
文章の最後までツボです。
やばー。

October 18, 2005
配信開始

先日メールがきた映像配信が開始しましたです。
うわーみるよー。

M-ONのライブ映像とはまた違う角度から。
途中途中で入るバックステージの映像になんかなごみます。
やっぱりこのスゥイッチの入り具合にやられちゃうー。
真剣なやりとりもあったけども。「おまえが遅い!」とか。

あー「RIDE ON」イントロの瞬間の笑顔の川島さんがほんと愛しい・・・。
ていうか早くライブ見たいよー!あおられっぱなし。

October 13, 2005
ライブ映像

ブンブンサテライツオフィシャルよりメールが届きましたー。
ライブ映像をMORRICHにて配信だそうですーワーイ!
夏フェスでめたもが流れたら嬉しいな☆(無理)
<ライブ映像> ※毎月15日配信(土日祝を除く)
●第一回:10月17日(月)
 内容:4月29日AX LIVEダイジェスト <前編>
●第二回:11月15日(水)
 内容:4月29日AX LIVEダイジェスト <後編>
●第三回:12月15日(木)
 内容:JAPANツアー、夏Fesドキュメント
*****
そして着うた(ライブヴァージョン)も配信するそうです。
<着うた(R)> ※第2、第4水曜日配信
10月19日(水):「RISE & FALL」
10月26日(水):「RIDE ON」
11月09日(水):「DIVE FOR YOU」
11月23日(水):「LET IT ALL COME DOWN」
12月14日(水):「BACK IN THE NIGHT」
12月28日(水):「MOMENT I COUNT」
*****
さらには・・・・・・・

さらに!今回の配信を記念して、Sony Music Online JapanのBoom Boom Satellitesメールサービスにご登録(無料)していただいた方限定で、オリジナルデスクトップピクチャーならびに、待ち受け画面を配布いたします!
*****
ふーん、去年までにはなかった感じ。待ち受け配信なんて、ちょっとアイドルちっくー。

しかしオフィシャルから届いたメールに「この日の為に特別に用意された、洞窟・核シェルターを思わせるステージでの貴重なライブ、これが最後の放送になるかもしれません」て、なんかライティングが最近ずっと「これが最後」っていうのが多くて、あおりたい気持ちはわかるんですが、毎回毎回そう書かれてるとむーとか思いつつ。
最後のライブを見てからたったの1ヶ月くらいしか経ってないのに、ほんとに次が待ち遠しくて仕方ないです。他の人のライブでは埋められない気持ち。

あ、そうそう今日エレグラのチケットが到着いたしました。
とりあえず、UNDERWORLDとTEI TOWA様が楽しみです。
その前に21日のJEFF MILLSと、行けたら黄色のダレンエマーソン先生に行きたいなー。。。。酸欠必至。

あ、今週末SSTVでRSRFの放送があります。
こないだスカパーの時見逃したから、こっち必見。よやくーよやくー。
10/15(土)21:00〜24:00
10/16(日)21:00〜24:00

September 12, 2005
HOLIDAY INN BLACK

雷雨・豪雨に見舞われながら恵比寿へ。
今日は選挙の日ですから、20歳になって以降初めての投票に行ってから。なんか今回はこんなあたしでも投票しなくちゃいかんなぁと思ってて。そしたら選挙から家に戻る時に豪雨が始まり、家についたらすごい勢いで雷が落ちまくり。やーん、家出れないーと思いつつも、天気予報を見てみると今夜いっぱいそんな天気だというから、ひょっとしてこのまま待ってると家出れなくなるのかなぁと思って出発。
でも実はもちょっと後のほうが雨はやんでたぽい。。。。残念。

結構早めに着いたから、NICOのライブを見る。
全員ハタチて!すごいなぁー若いなぁー。うんなんか若いって感じする。(エラソウ)これからに期待して、の起用だったのでしょうか。鹿野さんがそう言ってたけど。

で、朝ごはんから何も食べてなくて、おなかすいたからTOWER CAFEでサンドイッチを食べてみたり。途中でおなかが超すいてたわたくしとしてはカレーにすればよかったなーごはんつぶ食べたいなーて40回くらい思いつつ。でもサンドイッチもそれなりでしたよ。パン固かったけど。

それからAIRでフロアに入り。
AIRのアンプラグドだったのですが。うーん・・・・わたし自身アンプラグドでグッと来たことがあんまりなくて、AIRの場合はこう、アンプラグドで歌い上げるのってあんまり合わないんじゃないのかなぁと正直思いました。ファンじゃない人にそんなこと言われたくないでしょうけどねー

で、待ちに待ったブンブンサテライツの登場!
今日は年内最後って言われてたから、川島さんの前で見る!見たい!と思ってたけど、すごいギュウギュウで超中央、たてを割るバーのところに来ちゃいました。バーが曲者でね、途中ものすごい肋骨に当たるわけですよ。家に帰ってみてみたら、内出血してた・・・うわ。
そうは言ってもブンブンサテライツですから!とりあえずね、中野さんがOVER THE STRIPESのギズモTシャツを着てて。あーこれがFULL OF〜のツアーTシャツ白の元ネタなんだぁと思いました。だったらバンド名をタグでいれてほしかったにゃー。とか考えつつ。とりあえずセットリスト。

Rise and Fall
Dive for you
Moment I count
Dress like an angel
FOGBOUND
Dig the new breed
pick it up
今年最後と言われるともちょっと注文つけたくなってしまいますが、でも今のブンブンのベストなセットリストでしょうか。なんかFOGBOUNDがどんどんかっこよくなっていってるような気がして・・・。Digが聴こえてくるとがまんできないのはしょうがない。しょうがないですよ。とちゅう、おそらくDive for youで川島さんが1個入るところを間違って早めに歌入ってしまって、平井さんと中野さんが顔を見合わせながらカウントして次に入っていったっていうのがあったんですけど、うまく入れた後、川島さんが頭を「もうオレってだめだなー」みたいな感じで両手でポンポンと軽く叩いて頭くしゃくしゃっとしたのが今日のツボです。あとDig the new breedでギターの音が変・・・みたいな感じで弦を1個ずつ触りながらう〜んという表情をして、助けを求める子犬みたいな表情でローディーに視線を送る川島さん。ローディーはわかってます。と言う表情で指を下へやってうんうん、と答える。い、やーん!かわいいいいいいいいいいいいいいです。

終わって、上のロビーでロッカーから荷物出して、みだしなみを標準まで整えて(だってヤマンバに襲われたみたいになってたんだもの)、ドリンクを飲んでいました。DJがMADのGAGALIFEをかけてくれたので、気分があがるー。PULSEだったらもっとよかったのに(意味不明)。フライヤーがたくさんあったから、ぽーっとしてたけど、「GILLESは・・・」と思って探したらあった!迷わずもらったよ。1/3程度ごっそりと。このGILLESいいなぁ。いつも年齢にくらべて断然少年ぽい。こういう大人になりたいものです。

とか思ってたら、中野さん・川島さんがロビーに出ようと関係者用ドアから出てきたよ!うわっ、と思ったけど、迷惑になると思ったから近寄れなかった。中野さんもすぐに戻っちゃったし、川島さんは何かやりたいことがあって出てきたんだと思うんだけど、結局握手とか散々した挙句、何もしないで戻っちゃったし・・・確かに私も川島さんに会えたら私の存在を知ってほしいとかあるけど。。。川島さん本人じゃないからアレですけど、見ててカワイソウって思いました。

なんかもやもやした気持ちで会場を後にして、リキッドのちょうど裏手にあるオシャレカフェでお茶しました。そこでは点と点がつながるミラクルがあってびっくりした!最近ちょっと気になってたことが、すっきりしてよかった。いやーほんとでもびっくり。まさかねぇ。
ここのカフェはスイーツもおいしかったし、ごはんもおいしそうでした。サイト探したけどないみたい。また行きたいなぁ。今度は2階のソファでごゆるりと。
話すだけ話して、外に出たら平井さんが道端でファンの人たちと話してた。優しい人だなぁと横目で見つつ、話しかけたいのもヤマヤマだったけど、さっきの一件もあったし、素通り。

いろいろ思うところあったけど、でもそれでいろんなことがわかったかな。
ライブはとっても楽しかったです。年内やらないって言われてるけど、また去年のUNITみたいに急に決まってもいいからやってほしいなぁ。それまでの間とりあえずはクラブかな〜。GILLES、JEFF、electraglideとね、今わかってるだけでもこれだけありますから!
帰り道、急になんかぼんやりとなんであたしは働くのかな。とか考えたけど、別にそれはキャリアを重ねたいとかそういう話では私の場合ないようで。音楽を聴き続けて、スマートに生きるために働くのねと思った。

September 03, 2005
富士と蝦夷の後夜祭

もう既におとといになりますが。
もちろん行くさ!だって、ブンブンサテライツですもの!
ということで、大事をとって会社を休んでみました。プラプラしながら開場時間ちょい過ぎくらいに到着。O-EASTって、ON AIR EASTだったところだよね・・・・と思いながら行ったら、場所は確かにそうだけど、全然違うところになっててビクリ!wombとかasiaとか行った時にきづけっつーの。なにあれなにあれ、すごい変身ぶりですね!中もすごい変わってて、前なんて縦長ののぺーんとしたハコだったのに、今は横長の立体的なつくりのハコになっているではありませんか!
へえ。
で、だ。
detroit7が始まりまして、私名前をうっすら聞いたことくらいしかなくてですね、出てきたら、あらまべっぴんさん!かわいーとか思いながらみてたら、声がハスキー。意外なほどハスキー。でね、ギター弾きの表情をしながら弾くから、すごいなぁと思ってた。女子x2、男子x1なのに、音は完全にオトコなのでした。
次、ブンブンサテライツですよ!
本日のセットリストは絶品!というかですね、中野さんサイドにいた私たちは機材に張られたセットリストが見えてしまって、もうその瞬間からウヒウヒしっぱなしですよ。
はい、こんな。

1.rise and fall
2.Dive for you
3.moment I count
4.fogbound
5.Dig the new breed
6.pick it up
7.ghost and shell
Digがめたもに引き続き登場!さらに、ワタクシがイントロ頭のブレイクに惚れ込んで100回聴いてしまったというあのghost and shellですよ。
ギャー。
とか思ってるうちにブンブンサテライツ登場!
川島さん、てば髪切りました?なんかえらくかわいかっこいい。。。。。。
と思いつつ、中野さんを見ると、なんで胸のところに「X-GIRL」とか書いてあんの!?X-GIRLが着れる男子ってそうそういないわよ!ていうか女子だって着れない子がいるっつーの。とちょっとびっくりした。
で、始まったわけですが。
どうやら川島サイドはとても平和な空間だったらしいですが、中野サイド〜中央くらいが大荒れ。なんだよー今日は心地よく見れると思ったのになぁ〜。と思いながらも、とりあえずステージに集中するべく。わめく乗っかる突き飛ばすのは他のバンドかロビーでやってくださいおねがいだから。
でもまぁ。FOGは相変わらず進化し続けているし、DIG以降の流れはやっぱりすばらしく。
いぇいいぇいぇいぇい、ぴきらぴきら〜。
pick it upは聴く回数を重ねる毎にハマってるかも。実は富士で聴いたときはそうでもなかったんだけど、あの川島さんのすごいベタベタするような歌い方がスキ。
で、pick it upが終わって、はけちゃったから、あと1曲残ってるのにナー、時間なくなっちゃったのかナー、とか指くわえて思っていたら、また出てきた。なにそれ!もしかしてワスレテタ・・・?
最後、ghost and shellで目の前でギターをわしゃーとかき鳴らす川島さん・・・うううステキすぎてあたし涙がでるよ・・・・
次、卓球さま。ブンブンで力尽きたワタクシは一旦ロビーに出て、水分補給をし、しばらくしてから戻ってみた。そのとき扉をあけたらまっさきに「BON JOVI(発音はバンジャビでお願いします)」が爆音で聴こえてきた。。。。。ありえねー。うぷぷ。やっぱり卓球さまは普通に踊れるDJですね。感動・・・・!という気分でもなかったけど、気がつくと踊ってた。うひ。
そんなこんなでカフェでゴハンをもりもりして帰宅。
微熱気味だったけど、なんとか持ちこたえた。さすが川島パワー!

August 24, 2005
今年も言いますよ

ブンブンサテライツ/川島さんのお誕生日ですね今日は!
36歳を迎えたのかな。
好きになって1ねんとちょっと。好きになった直後よりはだいぶ落ち着いたけれど、
でもでもやっぱり世界で一番好きです。

だから生まれてくれてありがとう。
これからも川島さんの、そしてブンブンサテライツの、最高の瞬間を何度も何度も見たいと思ってます。

おめでとうございます!

August 11, 2005
ブンブンライブ2連発

ぷはー。今週も終電ばかりです。おなかいたーい!
さてさて、ブンブンサテライツ、以下のライブが決定いたしました!イェイ!

GANBAN LIVE POOL SPECIAL
〜FRF'05+RSR2005合同後夜祭 in TOKYO〜
DATE:2005.9.1 OPEN 18:00/START 19:00
PLACE:SHIBUYA O-EAST
LIVE: BOOM BOOM SATELLITES /detroit7/ TAKKYU ISHINO
ワーイーワーイ
HOLIDAY INN BLACK
DATE:2005.09.11 OPEN/START 15:00 
LINEUP:曽我部恵一バンド
BOOM BOOM SATELLITES
AIR unpluged live
GREAT ADVENTURE
NICO Touches the Walls
DJ 鹿野 淳
loft area(LIQUIDROOM 2F)
吉村 潤 (ex.WINO & ex.JUN) unpluged live

とりあえず、9/1のチケットはとれますた。ので、次は9/11のどうにかして手にいれます!
だって、「今年最後のライブになるかもしれません」なんて言われてしまったらそれは必死です。私の生きがいー。
って、冷静に考えると、今年もあと3ヶ月程度なのよね。ツアーが終わってから夏フェスまでそれくらい我慢してたってもんですよね。でもなー年末どっかでブンブンサテライツのライブ見れないかしらん。

August 05, 2005
優しいひと。

ブンブン@たいわんフェスが明日に迫っておりますが、オフィシャルサイトのFORUMに書き込みをした、たいわんへ行った人によるとフェスが台風で中止になったそうな。えーなんかこの人かわいそうだなぁ、と思って、今さっきどうしたかしらともいちどFORUMを見に行ったら、川島さん本人がこんな書き込みを!優しいひとだなぁ、普通はスタッフとかが書き込むんじゃないのかなぁ、なんて思いながら、たいわんにいきなり行きたくなりました。が、無理です。ざざざざんねん。。。。。でもなんかすごく心が優しい気持ちになりました。たいわんに行った人、みてるといいですね。
July 25, 2005
もちょい。

厳密には3日ですかしら。フジロォーック!
ブンブンで聴きたいのは、DIG THE NEW BREEDとUnderdog。
あわよくばDEADSHOTも!
はあーホワイトがレイブ会場になるのを想像してはウットリ。
今週もオシゴトがんばりましょう。

July 23, 2005
決まりましたね、アワワ・・・

GANBAN LIVE POOL SPECIAL
■Pコード:207-688
■公演日:2005年9月1日(木)
■開演:7:00PM ■開場:6:00PM
■会場: Shibuya O−East
■席種・料金: 立見・4000
■発売日情報:2005年8月13日(土)
■備考: [出演]BOOM BOOM SATELLITES/他
問合せ先:[スマッシュ]03-3444-6751
うわーもう毎週毎週ライブですね!
うれしいです、ほんとにほんとに。
最近の激務のごほうびだー
July 03, 2005
ブンブンサテライツ@zepp osaka

飛行機で大阪まで行ってきました。梅雨が最後の意地をみせた感じで土日は雨ばっかりが降っていてなんだかなーって感じでしたけど、なにせブンブンですから!
開場時間に着きましたが、すでに入場が始まっていて、しかも「もうみなさん入っていいで〜す!」ってなにそれ。ぷふ。
小一時間、過去のRSRのビデオが流されていて、ぱひーちゃんかわええーあれは絶対にkatieのお洋服に違いない、ていうか亜美ちゃんの毛先のカール激かわいいとか思っていました。

そうこうするうちに、オープニングアクトのスカポンタス。
名前はうっすら聞いたことがあったようなないような。うーん・・・・うーん・・・・個人的には人をひきつける部分がないかなぁ〜と思いました。自分が楽しいと思ってるっていうよりはどうにかしてお客を巻き込みたいみたいなところが強く思えて引いてしまった。

そして、次ブンブンサテライツです。
川島さんが珍しく、ハイネケン?の緑色の紙コップを持って笑いながら登場しました。たのしそう。リラクスムード。
セットリストは失念してしまいました。
rise and fallで始まったことは憶えているんですけど。
なんか最近クラブにもライブにもごぶさたで、とにかく踊りたかったのです。で、その上、結構余裕があったから(とはいえ2列目だからそうでもなかったから周りの人ごめんなさい)、もうどっちかといえばクラブ寄りで踊りました。
うわぁー気持ちいい!
特に最後のFOGBOUNDが新曲か!?と思うくらいアレンジが変わっていてうわあーどうしようどうしようと思ってたら、川島さんがすっとステージを去ったので、「ほえあ〜FOGかぁ・・・にしてもかっこよすぎる!」と両手挙げてうひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ・・・・・プチン!(←わたしの何かが切れた音)
という感じで終わりました。
終わりに川島さんが「北海道であいましょう!」と言い残しました。
もちろん行く予定ですけど、行かない場合でもうっかり北海道への航空券予約しちゃいますね。
はぁー川島さんかっこよかったなぁ。ほんとUKロックスターまんまって感じになってきた。カサビアンとかオエイシスとかそんなあたり(例えが安直ですいません)を彷彿とさせるのですよ・・・・見た目ばかりじゃなくて動きとか。でもたまーに見せるお茶目なところがほんっとツボっす。今回のツボは中野さんとぶつかりそうになった後、にやーっと笑っていたところ。キャーン!
そうそう、川島さんがツアーTシャツの白いやつを着てるの初めて見た!
いっつも中野さんが着てたから、被らないようにってことで着てなかったんでしょうか。中野さんは黒?紺?のボタンダウンシャツみたいのを着てました。シャツが似合いますよね。

ブンブン終わって次ドーパン。
前にMTVでPV見たときに、思ってたのと違ってていいなぁと思ってたから密かに楽しみにしてました。
そしたらやっぱりメロディーがよかった。
あとね、ギターの早弾きがすごかった。最近のバンドにしては珍しく。ギターソロにちょっとキュンときました。
で、隣の人が2Fをみて何か言っているので、見たら、ほええええええええええ!川島さんがちょこんと座ってるぅうう!!!!ドーパンとピロウズ最初くらいまでを見てたようです。ステージ転換の時間はさすがにいなかったですが。

ピロウズはMCが面白かった!
曲も普通に好きかも。でも1曲が短いよね。しかたないけどね。

てな感じで、その後最近知り合いにあったお嬢さん(人の名前ですよ)と梅田でご飯しながら川島さんカワイイーとのたうちまわっていたのでした。そんな風に言われてるとは川島さんも思うまい・・・・。

しかし、全然関係ないですが、街っていうのは当たり前だけど、違うのだなと。例えば、エレベーターで急がない時に乗るのが右左逆だったりして、しばらくぽけーと乗ってて、ああっ!と気付くみたいな。関西弁は会社で使う人が多いから慣れたかなって思ってたけど、やっぱり本場は違うね。そんなささいなことも発見です。

オフィシャルにセットリストが出てたのでメモメモ。
1.Rise and Fall
2.Dive for you
3.RIDE ON
4.Moment I Count
5.Dress like an Angel
6.Fogbound

うーやっぱりDig〜がなかったから、やや不完全燃焼気味です。
富士に期待!!!!
ていうか台湾でやっちゃったりしちゃったりしちゃうのかしらん。。。
台湾に行く人のレポートが見たいっ。

July 02, 2005
わくわく

昨日、最近ずっとやっていた担当サイトのリニューアル案件のキャリア打ち合わせがあったので、その準備で毎日遅かった〜。はーとりあえず一段落、気がついたら寝てましたが、今日はブンブン@zepp osakaだぁ!決まってから長かったような、短かったような。
急にわくわくしてきちゃった!キャハ!
今月はフジロックがあるし。あと台湾のフェスへの参加が決定したみたいですね。
うーん散々迷ったけど、無理かなぁ…もっと早く知ってればなぁ〜。
明日は久々にデヂカメ持ってこうかな。

June 23, 2005
恋わずらいです

ブンブンサテライツのオフィシャルサイトを見たら、川島さんのメッセージがUPされてて、釘付け状態で読みました。
おお、エターナルサンシャイン観たんだぁとか、そうそう夏フェスにはお金がかかるのよね〜とかいろいろ思いつつ、好きモードが異常なほどに高くなってきちゃいました。
ああ、どうしよう。
来週のライブまでとりあえず乗り越えます!

ここで今年行く夏フェスの整理。

7/2(SAT) RSRF PRE LIVE@Zepp OSAKA
7/31(SUN) FUJI ROCK FESTIVAL
8/7(SUN) HAWAIIAN FESTIVAL@逗子亀ヶ岡八幡宮
8/13(SAT) SUMMER SONIC2005@千葉(っていうか東京)
8/19(FRI) RISING SUN ROCK FESTIVAL
8/27(SAT) metamorphose
今改めて書き出してみたら毎週ですな。
個人的にメンツとしては富士とサマソニとめたもがすごいと思っています。

それとみくしにすこし前に「川島道行」コミュニティーが出来てしまった・・・!
今まで「ブンブンサテライツ」はあったけど、川島さんピンポイントで出来るとは!
TOPの画像はライブビデオからGIFアニメに書き起こしたらしい。
すごすぎます。

May 27, 2005
metamorphose05

はあー今週は毎日遅くってねーむーいー・・・だけど、そんなの吹っ飛ばすようなニウス!


[metamorphose05]
■DATE:
8月27日(土)
■VENUE:
サイクルスポーツセンター伊豆修善寺
■LIVE:
GALAXY 2 GALAXY
TORTOISE
GREEN VELVET
ISOLEE
ROVO
BOOM BOOM SATELLITES
HIFANA
...and MORE!!
■DJs:
MARCO BAILY
EYE
FUMIYA TANAKA
QHEY
KAORU INOUE
KIHIRA NAOKI
DJ BAKU
DJ SHIRO THE GOODMAN
DJ NOBU
...and MORE!!

あとCalm決まんないかなー。踊りますよ!それと昨日、蝦夷のプレライブのチケットも押さえちゃいました!うわー夏がくるー。

May 20, 2005
ブンブンサテライツファイナル@LR

今日(厳密には昨日ですね)、ブンブンのツアーファイナル行ってきましたよ!このために有休とりました。最近、かえりが遅くて・・・。
のっけからRIDE ONとRise and Fallの順番が逆で、そうくるか!と思っていたらDEADSHOTが入って、そっからはもうほぼ覚えてません。(GHOST AND SHELLはやりますた!)
平日だからかRIDE ONの時は余裕で踊れてよしよしと思ってましたが、Rise and Fallで一気にモッシュ入っていつも通りなモッシュピット完成〜。(今日は2列目川島さん前でした。)
川島さんが髪を少し切っていて、なんていうかこの・・・・「かわいかった」わけですね。
しかもパンツがいつもとちょっと違って、細身の縦落ちデニムのカーゴだったりして、靴もコンバースオールスターだったりして(きゃあお揃い!)、もうなんていうかいつもにましてツボです。あ、TシャツはツアーTシャツ黒でした。

で、ライブの話に戻ると、ソリロキーが!ちょっと早いテンポで!
DRESS〜のイントロで、3人で合わせてオーバーリアクションで笑ったり!
なんていうか基本的に中野さんのテンションが高く、笑いをとりに行ってた気が。川島さんも平井さんも思わず笑ってました。んーファイナルならではですね。
あと、また武田真治さんをみかけましたよ。しかも茶色のツアーTシャツ着てました。背中には汗をかいた跡があり、一気に親しみを覚えたのでした。しかも昔のTシャツ買ってたよ!ほんとファンなんですね・・・

ところで、おそれていた蝦夷が決まってしまったようです!それと蝦夷のプレイベント@大阪まで出ちゃうそうです!すてきです!ということで、富士は日帰り、蝦夷も最小宿泊、メタモという強行スケジュールに夏はしようと思いました。ほんとは富士2日目も行きたいんだけど、ぱーっとノーマンさんで踊ったりしたいんだけど、費用的に無理かしら。
そんなことより、もし、蝦夷でDefやったりしちゃったりしたら、わたし行かなかったことを一生後悔しそうだし。なによりも川島さんについていきたい!くらいツボですから。ふふふ。あ、KJMも同じ日なんだ〜すごーい!2年くらい前の一曲入魂以来ですが、沖野兄弟の選曲で踊りたい。(すっかり行く気)
そいでウザイ事言いますけど、あたしの誕生日の次の日だ〜!うわーい。

あけてあけて土曜、ぼんやり海で考えた。
こんなに楽しいライブを3回もほんとうにありがとうございました。
そして、いつもブンブンサテライツを待ってますから!
という、MAHALOな気持ちをすっかり忘れていたことに気付いて。

April 30, 2005
ブンブンサテライツ@SHIBUYA AX

今日は「踊り」を念頭においてみました。

なので、最前ではなく う・し・ろ

とか行く途中思ってたのに、始まる時にふと気付けば5列目くらいにいました。
でも余裕余裕。いつものむしゃーと押されるのに比べれば。
それと、ステージの周りをアルミホイルみたいのが囲んでるナと思ってましたが、いざ始まってみたら照明に照らされて透けていた。あれの効果がイマイチよくわからなかったですけど、なんかあったのかな?ジャケ写が映し出されてるのは途中気付いたけど・・・・

で、始まったわけですが、やっぱりDEADSHOTがかっこよすぎ。マイクをガッとつかんで歌う川島さんのパフォーマンスにもメロメロ。音源化を激しく希望したいですが、ライブだけで聴けるからいいってところもあるのかな?
曲順としてはPUSH EJECTがなかったくらいで初日とほぼ一緒っぽく。
心残りとしてはDIG〜のイントロに気付けなかった自分。。。
FOGBOUND・UNDERDOGあたりはほぼクラブ状態でおどらせてもらいました。とんだ〜ぴょんぴょん。
RIDE ONのフッフーなんかは川島さんが笑ってしまうくらい、客の大合唱・・・・
そして、GHOST AND SHELLの歌詞がspineと一部一緒だっていうのに初めて気付いた。まーサマソニで新曲として聴いた程度ですからね〜

そして終わってからずっと欲しかった白のTシャツを買いますた。
絶対コレかわいいと思うんだ〜 普通に着れる第1位!

今日のテーマはきちんと達成できたし、川島さんも中野さんもなんだかとっても楽しそうで、なによりでした。中野さんにおいてはテンパテンパ(byゴールディ)の猿飛びがでましたね!あんなハイジャンプをライブハウスのステージでかます人、生まれて初めてみました。
あと、川島さんのカーゴパンツのポケットにやけに物がたくさん入りそうでいいなと思いました。
最後に川島さんが真ん中に向かって何か言ってたのが気になります。誰と対話を・・・?
相変わらず、照れ笑いみたいなのにメロメロで、5/19まで頑張っていこうという気持ちがフツフツしました。ありがとう!川島さん!いや、ブンブンサテライツ!

ちなみにM-ONで生中継していたのを録画しておいたので、これでDEADSHOTはいつでも聴ける〜〜〜!ウレシイ〜〜〜!

April 19, 2005
ブンブン@LRの動画が

ここで。みくしから拾ってきました。
ありがとう!(涙)

April 17, 2005
レッツ富士!

昨日オフィシャルサイトにて、ブンブンサテライツ@フジロック3日目が発表になりました!すっごいうれしい!今年のフジはほんとにすごく楽しそうなメンツですな〜!これからの発表にもワクワクしとります。

April 14, 2005
かたっぱしから

アルバムリリースとともに雑誌掲載が相次いでおりますブンブンサテライツ。
ここのところ忙しくてあんまりチェックできなかったのですが、今日「TV Bros」と「音楽と人」を購入〜
「音楽と人」は六本木ABCにはもうなくて、あおい書店@六本木でラスト2冊だったのを。
はー読みました読みました。

うん、やっぱり川島さんにベタ惚れ状態です・・・・・メロメロです。

私は昔の川島さんがどんなインタビューの受け答えだったのかなんてよく知らないけど、今の川島さんの受け答えが自分ジャストというかかっこつけてないのにかっこいいという着地をしていていいと思いました。ま、私がすごく贔屓目に見てるってところはだいぶあると思いますけどね。
どんなに好きな人だって、かっこつけて自分ジャストでしゃべってくれなかったら楽しくないじゃないですか。
あー満足満足。

それと今日ははちクロのアニメが放送開始であります!ちょろっと絵を見たけど、うん、マンガの雰囲気出てる出てる〜!見逃さないように注意です!

あとあと、フジロック2・3日目どっぷりしちゃいますぜ!某仕事筋できいた情報によると、期待している人たちがぼちぼち決定らしいです!あのバンドまでっ!野外でおどりながら聴きたかったのよ、あの曲!みたいな。

April 08, 2005
ブンブンサテライツ@EBISU LIQUID ROOM

最近忙しくて、ライブが楽しみ!とも書けませんでしたが、会社のサイボウズに「今日だけは定時でかえらせてください…」と入れたほど楽しみにしてたんですほんとです。(フォローとしては「がんばれ!」と「ほー」が入ってた)
今日は(も?)開場に間に合いまして、前のほう(2列目)キープしました。ドキドキしながら小1時間待ってたですが、オンタイムに始まった!曲順などはツアー初日ってことで書きませんが、基本アルバムの曲だったかな。でも、私が今回アルバムにどうして入らなかったのかなぁーと思ってたアノ曲が3曲目に始まり、イントロだけでゾクゾクした。やっぱりあのイントロすごくかっこいい。いや曲もかっこいいですけども。あとはRIDE ONがやっぱりライブ映えするなぁとか。某所で話題になってた (゚∀゚)ホッホー! は周りが歌いすぎて川島さんの声が聴こえませんでした(涙)アンコールのっけからアノ曲で、やっぱりこれ緊張感すごい曲だなぁと思ったり。
ステージもメンバーもシンプルな感じでした。中野さんはなんと!途中から帽子を脱いでた…あの、私の中では結構すごいことなんですけどね。ふたりともテンションはなかなか。んーあと2回も見れると思うとしあわせーん。
ちなみに川島さんが着てたツアーTシャツ買った。あと2種類あって、白もかわいいなと思ったり。次AXで買おっかなー。
後、終わってからフロアでぼーっとしてたら武田真ちゃんがいた。普通にいすぎて誰も気付いてなかったけど、あんまりにもうろうろしすぎていたので気付かれ、女子に駆け寄られていたよ…ていうかそういう音楽のご趣味でしたか!意外…でもないかなーREEL UPとかにも出てたもんね。。。
March 24, 2005
走った走った

今日はずーっと楽しみにまってた「FULL OF ELEVATING PLEASURE」の店着日でしたので、一刻もはやく!何よりもはやく!手に入れたかったわけですよ。
なのに、なーのーにーこんな日に限って仕事が…気付けば22:30。うおいっ!と思いながら会社を出て、走った走った。別にヒルズのTSUTAYAでも買えたけど、なんだか渋谷に行きたかった。雨も降ってきて、なんだかもーくそーと思いつつ、タワー閉店5分前に到着して、↑とNEW ORDER新譜をひっつかんでレジへゴー!神様はさすがにここまで見捨てなかったわ…。
で、先ほどiTunesにレッツリッピング。うふふふふふふ。
歌詞を見つめながらご飯も食べずに聴き入り、今回の歌詞はシンプルだけど、だけど、自分も思ってることに近くて心にまっすぐ入ってくるって思った。
特に1曲目「Rise and Fall」は今のわたしにとってもぐっさりきた。偶然一緒に買ったspringにインタビューが載ってたんだけど、「人を好きになること自体、暴力的で勝手なことじゃないですか(笑)なんで自分のことをわかってもらえないんだ!って」という言葉があまりにもタイムリーでまた生傷をひっかきまわすような気分になった。
あがったりおちたりを繰り返してばっかりで、あたしにしてみるとこんな拷問ないって思うけど、だけど一緒にいる時の楽しさとか嬉しさとかが欲しくて好きになってしまうんだろうなと思う。
今回はいつになく人類愛ほど広くなくて1対1の愛みたいのが描かれている歌詞が多いような気がしました。うん、それってPLEASUREですものね。
ちなみにNEW ORDERもよかったよ!ただ、日本語verのKRAFTYはちょっとおもしろかった。。。

March 23, 2005
きゃあ!

ブンブンサテライツのオフィシャルサイトがリニューアル!(カタカナばっか…)
早くCDゲットしたいです。。。


February 27, 2005
SONIC MANIA@MTV

[SONIC MANIA Express]
MTVでやってたソニマニインタビューのみを集めた番組。今回ブンブンは中野さんがすごく話していました。面白い話が多かった。今回の失敗点は衣装が地味だったとか。で、急遽大阪で赤にしたんだけど、東京は洗濯が間に合わなくて結局地味になっちゃいましたとか。そこで「ん!?」と思ったのが、川島さんてば2日とも同じクロムハーツの長袖Tシャツ着てなかったっけ…?ということ。まあ、ステージだけだから。。。でも相変わらずステキなおふたりでございました。
[SONIC MANIA LIVE総集編]
MOMENT ICOUNTとLet it all come downがオンエアーされました。MOMENT〜での浮遊感というかスピード感にゾクゾクなのは当然だけど、Let it all come downの広がりのあるバラードも今までにない新境地だと思う。アコースティックギターを抱えて歌い上げる川島さんがとても新鮮です。
ちなみに、先ほどスペシャにてMOMENT I COUNTのPVをみましたよ!今までにない、不思議な作りこんだ本人も出てくるPVになってました。なんというか、映像の手触りがざらっとしているっていうのかな。なんかすごくシュールな映画を見ているような気持ちになりました。で、時々出てくる演奏シーンなんだけど、ふたりだけ、機材もなしっていうのがなんだか新鮮。わたし的にはこないだのspine-LIVE version-の次くらいにステキと思うPVでした。

February 20, 2005
忘れそうなんだもの。

2/23 19:00〜 MTV SONIC MANIA 2005 出演アーティスト特集
2/26 20:00〜 MTV SONIC MANIA 2005 Express
2/27 22:00〜 MTV SONIC MANIA 2005 LIVE 総集編
3/19 21:00〜 VMC SCOPE ONE ARTIST COUNTDOWN
BOOM BOOM SATELLITES特集
ついこないだ終わったばっかりだと思ってたけど、もう映像化。ソニマニ。Expressは何があっても録画だぜ!

February 16, 2005
来ちゃう?来ちゃう?

今日昼過ぎに自分の席に戻ろうと歩いていたら、はるか彼方のほうでなんか妙にそわそわしているSさんが。近くに行ったら急に「ねえねえ、このバンド知ってる?」と指差すモニタを見たら、そこにはまぎれもなくこのサイトが!
一瞬、なにがなんだか分からずアワワワしましたが、どうやらiriverのCMで惚れたらしい。知ってるもなにも、大ファン!って言ったら、CD貸してって!うわお、ブンブン大人気!ほんとに今年来るか???ブレイクしちゃう???

しかし、それはそれで微妙〜売れてほしいのはもちろんなのですが…

January 25, 2005
そにまに来週です!

気がつけば来週ですねそにまに。昨日MTVロックスで特集をやってて思い出し、今日お昼になみたんに言われて気付いた。で、昨日のロックスで出演アーティストのPVを数秒ずつ流したんだけど、JUNO REACTORがよさそう。後は数日前の夜中のこれまた多分MTVで延々とマンソンを流していて「結構好きかも…」状態にはまっています。音が重くてカッコイイよネ!という感じ。今まで怖いとかゆってちゃんと聴かないでごめんなさい。でもやっぱ見た目は怖いよマンソン。。。。とにもかくにも、今一番楽しみにしてるイベントです。ていうか何よりも、ブンブンの新曲で踊るんだ!だからいっぱい新曲やってほしいです。
January 08, 2005
ブンブンのアルバムが出ちゃう

3月24日に。
「FULL OF ELEVATING PLEASURES」というタイトルだそうです。
ツアータイトルと連動系ですな。
カ、カッコイイ!なんて思ってエキサイト翻訳かけたら…

「喜びを上げることでいっぱいです」

なんか一気に脱力です。

December 23, 2004
ブンブンツアーが決定!!!

ブンブンサテライツのツアーが決定です!

"JAPAN TOUR 2005 ELEVATING PLEASURES"

東京 4/7(Thu) LIQUIDROOM ebisu
Open 19:00/start 20:00  ¥4000(前売/1ドリンク別)
Info. 03-3444-6751(SMASH)

仙台   4/11(Mon) CLUB JUNK BOX SENDAI   
Open 19:00/start 20:00  ¥4000(前売/1ドリンク別)

福岡   4/14(Thu)  DRUM LOGOS    
Open 19:00/start 20:00  ¥4000(前売/1ドリンク別)

広島   4/16(Sat)   CLUB QUATTRO
Open 19:00/start 20:00  ¥4000(前売/1ドリンク別)

大阪   4/18(Mon)  BIG CAT    
Open 19:00/start 20:00  ¥4000(前売/1ドリンク別)
 Info. 06-6535-5569(SMASH WEST)

名古屋  4/19(Tue)  CLUB QUATTRO    
Open 19:00/start 20:00  ¥4000(前売/1ドリンク別)

富山   4/21(Thu)  CLUB MAIRO    
Open 19:00/start 20:00  ¥4000(前売/1ドリンク別)

札幌   4/25(Mon) PENNY LANE24  
Open 19:00/start 20:00  ¥4000(前売/1ドリンク別)

東京  4/29(Fri) SHIBUYA AX
Open 18:00/ start 19:00 ¥4000(前売/1F:standing 2F:指定席)
Info. 03-3444-6751(SMASH)

http://www.smash-jpn.com/bbs.html

ちなみにオフィシャルサイトで1月中旬頃優先予約だそうで、目が離せなーい!
私はとりあえず東京には行くー

December 14, 2004
BUZZ

復刊2号目(え、そうなんだ…)のBUZZにブンブンのインタヴューが載ってるというので、買って読んだ。まず写真が見開きにあって、どうやらスタジオの外らしい場所。レコーディング中とはいえ、ふたりともそれほど激疲れという雰囲気でもなく、すがすがしい感じすら。
で、肝心のインタヴュー。これが個人的にはかなりびっくりすることが多くて。特に川島さんがよく答えているんだけど、川島さんが語る過去っていうのがすごくシビア。詳しくはぜひ読んでほしいところですが、そういうのを淡々と語るところに驚いた。で、そういう過去を語りつつも、今の音や気持ちとしてはとても前向きだということも伝わってきました。
読んでるうちに、私はわりかし運命論者なんですが、「ああ、ほんといいタイミングでブンブンを好きになったんだなぁ」としみじみ。もちろんデビュー当時から好きな人もいるでしょうし、昨日好きになった人もいて、それぞれにいいタイミングだと思えているとは思うんですが。私は自分が必要な時期に好きになったんだなぁと勝手にしみじみ。そう思えるものに出会えるのって、ほんと一生のうちに何度かしかないと思うから。
とにかくますます次のアルバムが楽しみになってきた次第です。いつだろうー。。。

December 10, 2004
そして

今日、川島さんがbay FMに出演するそうなんですが、うちにはさっぱり電波が入りません。もうすんごいしゃべってるんだろうなぁ…いいなぁ…千葉。

December 08, 2004
SPINEにLIVE verが!!!

先ほど、ほんとについ先ほど、SPINEのPVのこないだのUNITでのLIVE verがスペシャで流れました!映像が魚眼ぽくなったり、なんだか画面自体が生きているみたいな処理のせいもあり、ただ単にライブを録画したものよりもすごく臨場感溢れる映像になっていました。ああああああーまたライブ行きたいよう。 こないだのライブ終了後の放心状態が再びです。やっぱりブンブンはトラックメイカーなんかじゃなくて、血の通ったロックだわ。
ちなみに明日もVMCで11時から流れます!

2004/12/09 11:00-11:30 [VMC] VMC HITS JAPAN (5曲目)
BOOM BOOM SATELLITES 「Spine (LIVE Ver.)」
それとオフィシャルのFROM STUDIOが更新されており、完成間近のアルバム制作について川島さんが書いています。なんというか彼の中にはとっても自分を大事にした時間が流れているんだなぁとしみじみするような文章でした。

December 01, 2004
ブンブンサテライツ@UNIT

ああーロックンロールなステージだった。

開場前には到着してましたが、実際の開場時間は10分ほど遅れておりまして、ただ、UNIT前にはびっくりするくらいの列ができてました。最近は開場時間になんていないから新鮮でした。
で、中に入って、とにかく前に行きたい私たちはロッカーはさておきフロアへ。場所キープしてからロッカーと思ったけど、そのまま最前列(川島さんサイド。エヘ)に居座ってました。ただ、それほど場所にこだわる人もいなかった模様ですが…周りを見ると荷物は置いて、ドリンク交換して、テキトーに場所とって、みたいな人多かったです。
19:30頃からDJ BAKUが始まり、私が最近好きで好きでしょうがないD'nbを流してくれて、狭いながらも踊りましたよぅ。名前しか知らなかったけど、かっこよかったです。また聴きたいな。
20:00過ぎくらいからステージのサウンドチェックが始まり、ドキドキしだして、DJ BAKUが終わると同時に普通にステージ上手からメンバー登場。あまりに普通すぎて一瞬気付かなかったくらい。
で、1曲目はPush Eject。意外でした。もっと速い感じで始まると思っていたのでー。2曲目が新曲(私の中では全く初めて聴く曲)で、これはロックというよりはダンストラックっぽい感じがしましたよ。セットリストはもう覚えておりません。やった曲で覚えてるのは…DEAD SHOT、DIVE FOR YOU、UNDERDOG、DRESS LIKE AN ANGEL、DIG THE NEW BREED、SCATTERIN' MONCKEY〜YOUR REALITY IS FANTASY…につなげたやつ、FOGBOUND、SPINE…てな感じでしょうか。あと新曲をちらほら。GHOST AND SHELLだと記憶してた曲もやりました。これ好き。でもやっぱりDEAD SHOTが始まる瞬間の音の悪さ(悪さたくらんでるぜー的)みたいのがすごく好き。テンションあがります。潰されまくったけど、楽しかったです。あっという間で終わってみれば21:30。約1:30くらいのライブだったんだなー。
さてさて、川島さんに今回も釘付けだった私のツボは、FOGBOUNDでくるりと後ろを向き(だいたいFOGBOUNDでは後ろ向いてますよね)、おもむろにタオルを手にして頭をわしゃわしゃわしゃわしゃと拭いている姿…しかもタオルは2枚くらい使ってた気が…そして前に来る途中、ドラムのマイクを倒しそうになってしまった姿…カワイイ。しかしドラムのマイク倒すとかコード引っかかりそうになるとか、ステージ狭そうでしたな。川島さんと中野さんの間がいつもよりぐぐんと狭かったもんね。
途中で見た川島さんの笑顔もステキすぎて、あと3ヶ月はこれで暮らせそうな気がしてきました。
ああ、ほんとラヴ。
ちなみに、私のいた場所は、ほんとある意味、特等席だったようで目の前にカメラマンが4〜5人常住していたのがすこし悲しかったです。しかもそのうち1〜2人はずっと立ってるから見えないよ…最前列なのにさ…という気持ちでいっぱいになってしまったのでした。まあね、いいんだ音が聴ければ、音がさ…(涙)
最後、川島さんはマイクに向かって「ありがとう」と言った後、「かえり気をつけてね」みたいなことを言って、あと1ヶ月はこれで暮らせそうな気がしました。
ああ、ほんと好き。(しつこい)
ライブが始まった時、ふたりとも顔色というか雰囲気というかがほんとにレコーディングに篭ってて大変なんだなぁ…という感じでしたが、ライブ中にどんどんイキイキしてきて、ああ、ほんとにライブがすきなんだなぁと。次のソニマニもたのしみー。

スパインTです

本日のUNITで売ってたTシャツ!ちなみに白もあり、デザインも黒とは違いました。

November 30, 2004
発売してました

渋谷タワレコではコーナーができてた!曲もさることながら、歌詞に泣きそうになった。

November 29, 2004
イタイと言われてもいい。

今朝アー写が新しくなってるのを発見して、会社のデスクトップをこんなにしてみました。以前よりブンブンの写真をデスクトップにしてると、周りからすごくつっこまれる(イタイとか、やばいとか、画像サイズ無視して無理矢理入れてるから画像粗すぎとか)んだけど、またやっちゃった…でもいいもーん、このアー写ステキ…(アイコンの場所がかなり無理ありますが) とウットリ見ていたら、あ、あれ!!!!川島さんのひげが消えている…(そんなことで大騒ぎ)しかしこの髪型いいなぁ…ナチュラルー。
November 27, 2004
ブンブンサテライツオフィシャルサイトより

おお、久しぶりにFROM STUDIOが更新されておりました。そこに次回アルバムについて中野さんが。

今回、正直いって最強アルバムになる予感。ちょーカッコイイかもしれない。いや、マジでカッコイイ!!と思いますよ。今回ジャズの要素はほとんどありません。ロックンロールアルバムです。期待して貰って結構!!へへへ。
ロックンロール!!!!とりあえず、火曜に超期待です。うわお!(最後のへへへが気になります…)

November 21, 2004
APPLESEED featuring O.S.T

番組表を見てたらこんなの発見!うわお!と思い見ました。監督の曽利さんや音楽提供アーティストのインタヴューでほぼ構成されておりましたが、ブンブンの試写会@イギリスでのライブの模様がひょろっと流れたり。ライブ直前までステージにかかっていた幕には「もうひとつの美女と野獣」てありました。そしてこのインタヴュー時の川島さん、すごい心にうわあーっと広がることをたくさん言ってます。自分が今どうしたらいいのか迷っているようなことのヒントになりそうなこともあったり。川島さんが前からよく言ってる哲学的な「人がどこから来て、どこへ行くのか」ということもAPPLESEEDのテーマの一つとしてあるそうな。あーそういやまだ見てないなーAPPLESEED。。。
November 20, 2004
メモメモ

spineのPV放送予定であります。

2004/11/20 04:00-05:00 [SSTV] UPLIFTING (6曲目)
BOOM BOOM SATELLITES 「Spine」
2004/11/20 22:00-23:00 [VMC] VMC HITS JAPAN (8曲目)
BOOM BOOM SATELLITES 「Spine」
尺はやっぱり変わらんのでしょうか…

November 19, 2004
ソニマニ05出演決定

オフィシャルに情報が出ていました!!!!
絶対行くーーーーーー!!!!!!!!!!!!
しかもマリマンと同じ日です!
どうしよう!

SONIC MANIA 05'に出演する事になりました。
■2.05.2005 OSAKA @INDEX OSAKA
■2.06.2005 TOKYO @MAKUHARI MESSE
※詳細は後日WEB内でお知らせします。
http://www.sonicmania.net/

November 18, 2004
SPINEのPVをみました


先ほどVMCでオンエアーされておりました。イントロから曲半分までというかなりのチラ見せ具合ですが…
あああああああああああ、最初からテンションたかいよー川島さん!ずっとSONYの試聴部分並のテンションです。声が高い…なんかね、限界に挑戦みたいな感じがするんですよ。でもそれがあたしのテンションをも上げます。確実に。で、後ろで流れるストリングスが何事もなかったかのようにストイックなの。これがライブでまたアレンジ入って…となるとどうなっちゃうの!?と今からドキドキしてしまいます。
でね、映像に関して言えば、私はそんなに映像に詳しくないのでアレですが、全編CGです。体内と宇宙が融合してるみたいな感じです。で、やっぱタイトルのSPINEは背骨だなと思いました。
本日またVMCでオンエアーされるらしいのでそっちも見るべ。

■2004/11/18 22:00-22:30 [VMC] VMC HITS JAPAN (1曲目)
BOOM BOOM SATELLITES 「Spine」

November 15, 2004
SPINE試聴開始

ブンブンサテライツ/SPINE
試聴開始しましたー。これってホントに噂に聞いたアノ曲かな…?最初は静かに始まって…という感じかな?
とにかくすごいハイテンションな川島さんの声&よく聴くと後ろでDICEボイスが聴こえます。全部通して早く聴きたい!

November 06, 2004
さらに宅配便

先ほどのフィリップスタルク印のマウスが届いただけじゃなく、もう何よりも何よりも心待ちにしていたブンブンサテライツ@UNITのチケットまでもが到着いたしました!しかも番号が…!!!!!!!うわお超ラッキーと思いました。(1番じゃないよ)11/30までに頑張ることはいっぱいあるので、悔いのないよう。。。。 ちなみにこの「手アートワーク」を見た会社のH嬢に「この文字はヘビの舌かなっ…」と言われてそそそそうだねと初めて気付いてしまいました。エヘ、遅い。
November 03, 2004
ノーコメントにて

新曲「SPINE」のジャケット
個人的に感じている、ブンブンのイメージと違う…でもなんか意味があるのかもしれないけど…
って言っても曲が聴きたいんですよ、やっぱり!

October 13, 2004
川島さん、シングルについて語るの巻

barksを見ていたら…

このシングルについて川島道行(Vo、G、Programing)は、「去年の夏以降、様々なフェスティバルに参加した僕らは、アップリフティングなセットを用意して、以前にもまして“動き”のイメージをより強く打ち出してきた。今年の春に取り組みだした新しいアルバム構想も、その“動き”のイメージとダンスビートの肉体性というものを主軸において、幾つかの曲のベーシックを作った。中でもアティチュードとしてパンクと言えるスパイスをブンブンサテライツのニューモードを予感させる1曲としてニューアルバムに先駆けシングルカットすることにした」と語っている。
すっごくかっこいい仕上がりになっていそうですね!というかいつの間に川島さんのコメント…なんかいつもだと中野さんが語りそうですけど。それほど今回の新曲には力が入ってるってことですよね!ね!

October 12, 2004
何も聞かないでママン…

う、うれしい…男泣き(嘘)
October 07, 2004
大決定!

ライブまで決定!!!(FROM:某掲示板)

BOOM BOOM SATELLITES
■公演日:2004年11月30日(火) 
■開演:7:00PM ■開場:6:00PM
■会場: UNIT
■席種・料金: 立見・4000
きゃはー!
う れ し す ぎ

October 05, 2004
ブンブンシングル来たー!

どうやら某掲示板によるとブンブンのシングル発売が決まった模様!!!

アーティスト: Boom Boom Satellites
タイトル: Spine / Dive For You
カタログ No: SRCL5851
フォーマット: CDマキシ
発売日: 12/01
税込価格: ¥1,020
【ConnecteD CD仕様予定:Boom Boom Satelites 初のライヴ映像収録】

どうしようどうしようどうしよう。って出たら買うんですけど。映像収録だぁ〜!!!!!

September 18, 2004
あまりのことに

本日のSUMMER SONIC express、見ました?奥さん!3rd daysにブンブンが出てたわけですけれども、ステージが終わって袖にひいてすぐ「楽しかったですか?」とカメラを向けられた川島さん。「た…」と言いかけたところで、思いっきり中野さんにタオルで叩かれ、フッと下を向いて笑い、その後画面に向かって「(笑いをこらえつつ)た、楽しかったです!(開き直った風で)楽しかったです!」のシーン…これ以上あたしにどう惚れろと言うのです神様。
明日のライブ編、たぶんDIVE FOR YOUしかやらないと思うけど、川島さんがギターを置いて歌ったDEAD SHOTもみたいなー。
あ、今日のライブ編、KASABIANがかっこよかった。Club foot(オープニングだったのかな?)のイントロなんて鳥肌立ちそうな緊迫感でしたよ。あと全然違うけど氣志團ちゃん。ダンスがぴしっと決まっててすげーなー。翔やんのリーゼントそばで見たいっつーの!そういや友達がサマソニで翔やんと話したって言ってた。いいなーそばであのリーゼント見たんだー…と今さら思うのでありました。(うらやましいのそこかよ)

September 07, 2004
見つけちゃった

Push Ejectの歌詞(ここまでくるとちょっとアレな感じだけど…)。

I'm always spying on you
I can take whatever shape
If you wanna leave, it's now
Push Eject... Push now
Don't think, trust me
I will make you feel good
Push Eject... Push now

I'm always spying on you
I can take whatever shape
Push Eject... Push now

I will take you up, all of you
Clutch your heart
Cut into your intentions
How's it feel to be possessed by me?
Better than your usual self?
Push Eject... Push now

August 31, 2004
やっと見た

サマソニbyMTVのダイジェスト版の録画をN氏に頼んでて、昨日受け取ったので見ました。とりあえず、すっとばしてブンブンサテライツTHE MAD CAPSULE MARKETSだけ。ブンブンサテライツはDive For You1曲のみ、THE MAD CAPSULE MARKETSはSCARYとW.O.R.L.Dの2曲。どちらも約5〜6分程度。
いやしかしね。
実際のところサマソニではどっちも楽しかった。ブンブンもMADも同じくらいはしゃいでた(いやむしろMADのほうがはしゃいだ気がする)のに、映像になっちゃうと断然ブンブンのほうが輝きを増しているよ。これって私がブンブンに入れ込んでいるから、ってだけじゃない気がするんだけどなぁ。ステージの違いかな?なんだかこう、ブンブンは内に内に篭っていくような何かがあって、それにすごい惹かれるみたいな。いや決してブンブンが暗いとかそういうことじゃなくて。とにかく夜から朝まで相当回数繰り返してDive For Youを見ました。ブンブンのライブ待ちきれないー。
ちなみに現在のBGMは、OASIS:FAMILIAR TO MILLIONS(ライブ盤ですから)
それで忘れちゃうからメモ。

MTV JAPAN
SUMMER SONIC 04
9/18(土)15:00〜20:00
9/19(日)13:00〜18:00

スカパー! Ch.180 パーフェクト チョイス
9/21(火)9/22(水)20:00〜
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2004 in EZO

August 25, 2004
行きたいよ!

あまりのことに画面キャプチャ。どうせ終わったら消えちゃうし。


8/26:BARFLY CLUB



これ見にくいので下参照。

8/27・8/28:Leeds&Reading Festival/Dance Stage
2 MANY DJsもみたい。




8/28:TDK Cross Central Festival

28日OPEN AIR STAGEにJazzanova、29日LONDON X PRESS STAGEにGILLESが。
卑怯だよ!(意味不明)

以上。はやく日本でもライブー!

August 19, 2004
この歌詞が…

きました、きましたよー!

Dive For You (Written/Arranged/Produced by Boom Boom Satellites)

I would dive for you
I would dive for you
Good times are rollin’
Bad things are not here
No one else compares
No one else compares to you

I would dive for you
I would dive for you
Good times are rollin’
Bad things are not here
No one else compares
No one else compares to you

I would dive for you
Feeling like I’m hypnotized
Make me what I am
Make me who I be
Time of my life now
Time of my life now man

*See you next life time and push me
I can be what you want me to be girl

*Repeat

FROM:BOOM BOOM SATELLITES OFFICIAL


わたしにはあなたしかいない
すばらしい日々がやってきて
悪いことはすべて消えた
ほかの誰でもない
そう、あなたはかけがえのない存在

わたしにはあなたしかいない
まるで催眠術にかけられたみたい
他の何でもない、わたしにして
他の誰でもない、わたしにして
わたしの命もここまで
ねえ、わたしもここまでみたい

生まれ変わってもまた巡り逢いましょう、そうしたらわたしを支えて
そのとき、きっとわたしはあなたの望むひとになれる

…とかって、ぐぐってこんな感じの訳を発見。(一部変更あり)
やばい、泣いちゃいそう。

August 09, 2004
サマソニ04行ってきました!その2

念願のブンブン川島さんとの遭遇は急にやってきました!なんの心の準備もできてねえよ!

その1で書いてる通り、友達を探してる最中にばったりと会ってしまったのです。しかも向こうは携帯中。このまま携帯が終わらなかったらあきらめようとしばらく見てると、電話を切って歩き出すじゃありませんか。ひええー楽屋戻っちゃうの??と思い見ていると、どうやら友達が来ているようでSONICステージのロビー?で立ち話をしています。3分ほどどうしようかと迷いに迷って、ええいと声かけました。
私(以下T):お話中すいません、川島さんですよね…?
川島さん(以下K):はいはい、えーっと、はじめまして?かな?
T:そうですそうです…あの握手してください!(握手してくれた!)
K:今どこ見てたの?
T:SONICを見てました(軽くウソ)
K:この後のバンドいいらしいよ
T:え、そうなんですか!じゃあ、見てみますー。あと、サインしてもらいたいんですけど(もぞもぞ探す)
K:いいよ(友達にえーサインできんの?みたいな感じでひやかされる川島さん…)
T:え?いつもサイン書かないんですか?
K:そんなことないよー、書くよ。
T:じゃあこれに…(タイムテーブルを渡す)
K:何これ?
T:えっと、今日のタイムテーブルです
K:へえー(サイン書いてる書いてる)はい(渡してくれるが、川島さん友達が「見せて」とのことで見せる)
(友達)なるほどねえー…
その後、写真…と思いましたが、あまりにあまりな感じなので我慢しました。で、まだライブ前だったので、がんばってくださいねーと伝えてその場を後に。で、友達と合流してからサインを改めて見ましたよ。そしたら…アレ!?BOOM BOOM SATELITTESだけ!?川島って文字は!?これじゃー誰のサインだかわかんないよぅ。。。。やっぱりあたしの場合オチが必ずあるのねぇ…でも終始笑顔で優しく対応してくれた川島さん、超ステキすぎです!ライジングでも会えますように…(恋の神様にお祈り☆)
July 22, 2004
幻のVTR

衝撃です。貸してもらうどころかもらってしまいました。それは…幻のフジロック'01前夜祭でシークレットアクトだったブンブンのビデオ!しかも全編入ってる!家に帰って見ると、ライブでしかやらないDig The New Breedが入ってるーーーーー!セットリストとしては…(不明)/soliloquy/Dig The New Breed/sinker/Scatterin' Monkey〜Your Realitys' A Fantasy BUT Your Fantasy IS Killing ME(川島バージョン)…最後のScatterin'〜とYour reality's〜をつなげたアレンジも違和感なくかっこいい。でもなんだか異常に盛り上がっていたのはDig The〜だったりする。すんごい長いバージョンだったし。今からちょうど3年前くらいからロックなバンドへと変化を遂げていたのね…ブンブンって。

July 02, 2004
BoomBoomSatellites@SHIBUYA AX

今日は、MO'SOME TONE BENDERとブンブンとJUDEでした。MO'SOMEはなかなか音圧が強くてよかったですが、いかんせんベースの人ばかりが目についてしまい、いてもたってもいられませんでした(惚れたのと違うよ)個性的よね…2バンド目が、私にとって2回目ブンブン。たった2回しか見てないのに曲のアレンジが全く違うとは驚きです。今日は

DRESS LIKE AN ANGEL
DIVE FOR YOU
UNDERDOG
FOG BOUND
DEAD SHOT(かな?)
でした。しかし、DIVE FOR YOUですら、あのライブの打ち込みベースラインはキープしているものの、イメージがガラッと変わっていて驚いた。すごいなぁ…そしてメンバーのノリが明らかにロック方面のノリです。ステキです。しかし、最後のDEAD SHOTで、シーケンサー(もしくはPC)が途中で止まってしまい、仕切り直しでもう一回、しかしギターとベースだけで、それこそ生音だけのブンブン…まー貴重な一時ですなぁ。で、たぶんDIG THE NEW BREEDもやるはずだっただろうに、そのトラブルが原因(なのかどうかはわからんが)で、DEAD SHOTで終わってしまいました。でもね、最後に照れ笑いみたいなので、ごめんなさい!と謝り、またねーと言った川島さんにまたもや惚れました。つか惚れっぱなし。あー次はサマソニかぁ…とおいなー…。と余韻に浸ってるところでJUDE。ブランキーのボーカルの人がやってるバンドだっつーのを始まるまで知らなかったワタクシ。一緒にいったH嬢が必死でブランキーブランキー言ってた意味がそこでやっと分かったヨーごめんヨー。JUDEは…ブランキーって感じ。うーん、ギターうまいなぁと思ったけど、やっぱりあの歌い方は苦手なの…

ところで、今年Reading&Leeds Festivalにブンブンが出るからってことでもないんですが、一生のうちに一回くらい海外のフェスにも行ってみたいなーっとこないだ会社のみんなとランチしてる時に話してたら、なんと!うちの会社にレディング行ったことある人がいて「ありゃあーよくないよ…自分のテントに○リファナ吸ってヘロヘロになった知らねえ外人とかがフラフラ勝手に入ってくんだよ」…ですって。ですって。まーでもなー。LOVE PARADE(今年は中止らしい)とか行かなくてもどんなだかちょっと想像つくもんなー。。。。日本のフェスがクスリなしでもピースなだけかぁ…(ま、もしくはやっててもフラフラ人が他人のテントに入ってきたりしない国民性なのか…)

June 29, 2004
DragonAshのSHADE

Dragon Ash Official Website

7/14発売の新譜です。このタイトル曲のリミックスをブンブンが担当!ちょっと試聴してみたら、ドラムがかーなーりブンブンだ。買っちゃうカモー。
情報源:会社のH嬢☆

Joyride

joyride
なかなか売っているところがなくて、聴くことができなかったブンブンのデビュー(?)アルバム。ウェブで頼んだ後に三茶のTSUTAYAで見つけて思わず買ってしまいそうになりましたが、ぐっとこらえて先週の土曜日に到着!しかもこれがすごいツボ!全曲インストものなんですが、攻撃的でありつつ、包み込むような優しさにあふれた曲たちが6曲。特に気に入っているのは、「Bike Ride To The Moon」「Dub Me Crazy Ver.2」「The Wonderful Wizard of Dub」の3曲。既に100回は繰り返して聴いているのじゃないかというくらいはまってるのが「The Wonderful Wizard of Dub」。この曲、全然違うけど、エリック・サティのジムノペディみたいな雰囲気を持っています。私はジムノペディがほんとに好きで、だからToscaとかもたまにすごいツボな曲(operaに入っているgimmi gimmiとか)があったりするんですが、これもその一種。「聴いた瞬間に涙がこみあげてくるような曲がいい曲」だと言っていたのは確か川島さんだったかなー。私もそう思います。そういう意味でも今絶対に手放せない一枚であります。うわ、ベタ褒め。
June 19, 2004
初BOOM BOOM SATELLITES

18日深夜@クラブチッタ川崎(な、なつかしー。昔川崎在住だったので)で行われたBDBリリースパーティー「ROCKS AT MIDNIGHT」に行ってきました。ほんとは二人で行くはずだったんだけどねー友達は鬼の校正待ちがあって無理だったので一人で行ってきました。BBSは2:30頃からのステージ。そんなだとは思ってなかったけど、先週のMADを思い起こさせるような激しいステージでありました。客もすごかったけど、メンバーもなんだかすごかった。いつもああなのかな?川島さんは途中、客席に片足つっこんでたヨ!びっくり!曲は…

DRESS LIKE AN ANGEL
FOGBOUND
DIVE FOR YOU
UNDERDOG
DIG THE NEW BREED
をやったような気がする。あと、powerbookだとばかり思っていた中野さんのPCがVAIOに。最後のDIG THE NEW BREEDはほんっとかっこよくて惚れた。ボコーダー(だっけ?)を通した声が好きすぎる!CDとかに収録されてないっていうのが残念だわ。もちろん念願のDIVE FOR YOUとUNDERDOGのライブアレンジも聴けて満足。やっぱりDIVE FOR YOUはライブアレンジのほうがステキ。打ち込みのベースラインがゾクゾクっとします。最後、川島さんの「またね」って言葉にきゃあとか思いながら、ライジングサンへの参加を本気で検討中!うう、国内のライブ全部みたいよう。

あとあと気付いたら、なんと私のラヴな川島さんはフロアに降りて、誰かのiPodにサインしたり、誰かと握手してたらしい〜!うー会いたかったよー…(本気)

June 02, 2004
BOOM BOOM SATELLITES 02(ながいよー)

BBS01
Boom Boom Satellitesに急に惚れこんで(Falling Loveとも言う)約2週間、ワタクシは気がつけばこんなにBBSのCD買いこんでました。勢いってまさにこのこと。以下、超個人的評。
■「OUTLOUD」:声が若いです。ぐぐって見てると、Dive For YouでスキになったならOUTLOUDが気に入るはずって言われてたりしててちょっと期待したけど、個人的にはそんなにお気にいりってわけでもないです。
■「On the Painted Desert-Rampant Colors」:これはアルバムではなくてシングルなのかな?ミニアルバムなのかな?そんなことはどうでもいいんですが、タイトル曲のアレンジ違いが4曲、他に3曲収録されてますが、ワタクシは勢いのある曲がスキなはずなのに、一番最後の「Def」にハマってしまいました。静かに始まるんだけど、最後なんだかすごいスピード感なのですよー。ピアノの音がキレイ。
■「UMBRA」:実は出た当時、会社の倉庫の整理(なんのしごとだよ!)とかしながら聴いて、挙句友達に貸してもらってた!その時も今もあんまり印象は変わらないんですが、でも1曲目の「sloughin' Blue」とか「soliloquy」とかにぐっときてなかったよなー。んーこれも成長ってことですか、今はぐっときまくり。
BBS02
■「Photon(JAPAN)」:私が今一番好きなのは最新作であります!なぜなら!川島さんの声が異常に色気を帯びているから!なんじゃー今までのはなんだったのだーというくらいぐっときます。特にスキなのは「PIPER」「40-FORTY-」「LET IT LIFT」あたり。特に「40-FORTY-」の歌詞と歌い声のかすれ具合が、どうしようもないくらいスキなのです。なのに、「LET IT LIFT」ではOASIS(ボキャブラリーが貧相ですいません)を彷彿させる歌い声、なんなんでしょう、ほんとに。「PIPER」は聴いているだけで、歌詞の意味なんてわからなくても泣けてくる、いい曲です。あぁ、シングルになった「BLINK」もスキですよー。blinkと言われてmacしか使えないとか思った人は、かなり重症です!(私は真っ先にそう思ったヨ)
■「Photon(UK)」:PhotonのUK盤ですが、ちょっと構成が違います。これはだいぶお・と・な・買・い(衝動買いともいう)。でもね、「FOGBOUND」のアレンジ違いなんかはお気に入りです。
■「APPLESEED(サウンドトラック)」:アニメは興味ありません、すいません。でも、このCMで気になり始めたので、「Dive For You」だけを次のアルバムまで待つことはできませんでした。いやしかし。4曲新曲が提供されているんですが、「Underdog」かっこいいですー。はやくライブアレンジききたいー。
ここんとこずーっと仕事中もききっぱなしです。まあ、私にはよくあることなんですけど、急に一気にスキになっちゃうのって。

May 31, 2004
きゃあ!

またもやBBSのライブが決定!いっぱい決まったけど、うち2公演はUKなりー。あ、てことはメタモはなしかぁ…しかし、7/2はSHIBUYA-AXです!行きます!走って行きます!お願いだからオープニングアクトだけはやめてー(哀願)

May 23, 2004
ちょっとだけBBS

Boom Boom Satellites Quicktime Video

私の最近の心の糧、DIVE FOR YOUのライブバージョンが!えー全然ライブバージョンのほうがかっこよくない?短すぎるけど!うわあー6/18たのしみだなぁー。チケットも届いたし!というか、前の週MADなんだよね…筋肉痛になりそうよー首の後ろの筋あたりが。ああでも、川島さん…(惚)本気でツボすぎてもうこりゃ…恋ですな、恋。

May 18, 2004
BOOM BOOM SATELLITES

BOOM BOOM SATELLITES

なんか今朝、会社が超危機な雰囲気の話を聞いて、とってもブルーなわたしです。誰かいい仕事紹介して下さい。さて、そんなブルーな気持ちを一時救ってくれたのは…最近、進藤晶子(当ってますか?)が「女の人にぴったりのアニメですよね」的発言をしていてちょっとびみょーだと思うAPPLESEEDのCM(前置き長っ)で聞こえてくるDIVE FOR YOUが印象的なブンブンサテライツのみなさんです!6/18のCITTAでのライブも絶対に行くってば!…ってこれチケット残ってるのかしらん?